ICANまにらブログ~第二巻~

日本のNGOアイキャンまにら事務所の日記。

【紛争影響を受けた子どもたち:Children in Conflict Affect Areas】(Tragedy in Sana'a)

2016年10月13日 | 紛争地の子どもたち
English after Japanese language

イエメンの首都サナアで、葬儀会場が空爆され、現地報道によると少なくとも140人が死亡、525人以上が負傷しました。犠牲者にお悔やみ申し上げるとともに、一般市民を対象としたこの空爆に、アイキャンは強く抗議します。
イエメンでは、去年3月以降、この紛争により、すでに6,700人(国連発表)が殺害され、現地では食料も十分に手に入らない状況にあります。アイキャンでは、2016年10月~2017年2月の間に、イエメン国内にいる避難民等6,000世帯(約36,000人)に食料を提供します。ぜひ、ご寄付をお願いいたします。
※写真は、今回の爆撃と同じ市内の別の場所で、アイキャンスタッフによって撮られたものとなります。
■マンスリーパートナー【活動を応援してください!】
月1,000円(1日約33円)から開始でき、お誕生日には子どもたちからプレゼントが届きます。子どもたちの活動を支えてください。
http://kessai.canpan.info/org/ican/(クレジットカード)
http://www.ican.or.jp/j/my_ican.html(銀行)
■チャリティ語学教室「スマイルチケット」※割引制度あります
http://www.ican.or.jp/smileticket.html
■アイキャンのHP
http://www.ican.or.jp
認定NPO法人のため、ご寄付には、税制上の優遇があります。

******************************

According to the local news, at least 140 people were killed and more than 525 people were injured due to bombings in a funeral hall of Sana'a, the capital city of Yemen. We express condolences to the victims and appeal the cease fire immediately.
Around 6,700 people have been killed in Yemen since March 2015 and people in some areas are kept in a stage of starvation. We, ICAN, together with our local partner CSSW, will provide food packages to 6,000 households ( approx. 36,000 people) in between Oct 2016 and Feb 2017 alone. This project is funded by JPF and individuals.
*The picture was taken in a different place in Sana'a.
ICAN (International Children's Action Network) is an independent NGO working for the welfare of children. Contact for donation and media: info@ican.or.jp



【アイキャンに関する情報はアイキャンのHPへ】
http://www.ican.or.jp/
【活動報告】
https://www.facebook.com/ICAN.NGO
【書き損じはがきの募集】
http://www.ican.or.jp/j/postcard.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【フェアトレード:Fairtrade... | トップ | 【総理官邸での安倍首相、ド... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む