ICANジャパンブログ

人々の「ために」ではなく、人々と「ともに」活動しているICAN日本事務局の日記。

2017年4月 アイキャン国内イベント情報

2017年03月22日 14時21分31秒 | イベント情報

イベント情報2件
1. 4月8日(土)~フィリピン駐在員帰国報告会~
  ①    マニラの元路上の若者たちが運営する「カリエカフェ」での活動
  ②    ミンダナオ・先住民の子どもたちとアイキャンの活動

2.4月15日(土)「路上の子どもたちを応援する街頭募金」ボランティアさん大募集!

3. 4月21日(金)NGOでインターンをしませんか?―アイキャンインターン説明会


【イベント1】
 ~フィリピン駐在員帰国報告会~
   ① マニラの元路上の若者たちが運営する「カリエカフェ」での活動
   ② ミンダナオ・先住民の子どもたちとアイキャンの活動

アイキャン日本事務局では4月8日(土)にフィリピン駐在員による帰国報告会を2つ開催します!
現地スタッフの生の声を聞くことができる貴重な機会です!
 

 ①    マニラの元路上の若者たちが運営する「カリエカフェ」での活動

フィリピンの路上で暮らし、様々な危険と隣り合わせの中で生きる子どもたち。教育を受ける機会も限られ、成長しても、満足な収入を得られることは稀となっています。
アイキャンは、子どもたちが危険な路上での生活から抜け出し、自分たちで生計を立てて行けるように、
技術訓練を提供し、2016年3月に元路上の若者たちによるカフェ、「カリエカフェ」をオープンしました。

今回、この「カリエカフェ」の担当羽根による、報告会を日本事務局で開催します。
路上の子どもたちの置かれた現状や、活動における苦労など、実際に現地で子どもたち、若者たちと接しているスタッフならではのエピソードを、写真を交えてお伝えします。

---------------------------------------------------------------

 ②    先住民の子どもたちとアイキャンの活動

フィリピン・ミンダナオ島には、850万から1,000万もの先住民が暮らし、北部のブキドノン州では、7つの先住民グループが、伝統的な独自の文化と近代化の狭間で生活しています。
先住民地域の多くは、学校及び教材が不足しており、通学を断念する子どもも多くいます。
また、近代化に伴い、外部の人々との接触の際、教育を受けていないが故に、差別的な待遇を受けるという被害も受けてきました。
アイキャンは、この地域の先住民や教師らとともに、子どもたちが自らの文化に即した教育を受けられるよう、先住民に優しい学校づくり(校舎の建設、教師の能力強化研修、PTAの組織化等)」の活動を行い、教育環境を向上させる活動を行ってきました。
この報告会では、ミンダナオ駐在職員の高橋が、現地の様子や、アイキャンの活動について、住民や子どもたちとのエピソードや写真を交えてお伝えします。

---------------------------------------------------------------

どちらの報告会も、質疑応答の時間も設けています。
現場の生の声を聞いてみたい方やNGOの仕事に関心のある方、ぜひお越しください!

①    マニラの元路上の若者たちが運営する「カリエカフェ」での活動
②    先住民の子どもたちとアイキャンの活動


①②ともに以下の日程で開催します!

<開催日時>2017年4月8日(土)①15:30-16:30 ②16:45-17:45

・タイムスケジュール詳細
15:30-16:30 報告会①マニラの元路上の若者たちが運営する「カリエカフェ」での活動
16:30-16:45 休憩
16:45-17:45 報告会②先住民の子どもたちとアイキャンの活動

<場所>アイキャン日本事務局(愛知県名古屋市中区大須3-5-4矢場町パークビル9階)
    TEL:052-253-7299                                                       

<地図> http://www.ican.or.jp/j/about.html

<持ち物>筆記用具

<参加費>各報告会それぞれ一般300円、学生200円(会員・マンスリーパートナーの方は無料)

<申込方法>
①  希望の報告会の番号
②  お名前
③  メールアドレス        
④  携帯電話番号
⑤  ご所属(差支えのない範囲で大丈夫です)
⑥ 何を見て当活動を知ったか

を明記の上、メールの件名を「4月8日報告会」として、info@ican.or.jpまでご連絡ください。

 

【イベント2】「路上の子どもたちを応援する街頭募金」ボランティアさん大募集!

アイキャンでは、マニラの路上で生活している子どもたちが、衣食住が確保され、愛情を注がれる中で生活し、彼らの夢を叶えていくための拠点となる保護施設「子どもの家」を設立しました。現在、6人の子どもたちがそこで生活しています。この街頭募金では、「子どもの家」に少しでも多くの子どもたちを受け入れられるように、運営資金を集めるために実施します。

最初に路上の子どもたちについて説明しますので、路上の子どもについてあまり知らないという方も、お気軽にご参加ください。
初参加の方や社会人の方も大歓迎です!!
※野外での活動になるので、暖かい服装と歩きやすい靴でご参加ください。

【日程】2017月4月15日(土) *天候の状況によっては中止になることがあります
【時間】13:00~17:00(部分参加も可能です)
<スケジュール詳細>
 13:00−13:30 説明(路上の子どもたちとアイキャンの活動について) 
 13:30−14:00 呼びかけのセリフ作成、役割分担後、街頭募金実施場所へ移動
 14:00−16:00 街頭募金
 16:00−17:00 事務所へ移動、シェアリング、解散
【集合場所】アイキャン日本事務局(名古屋市中区大須3丁目5-4 矢場町パークビル9階
※地下鉄名城線 矢場町駅4番出口から徒歩約7分、若宮大通沿い
地図情報: http://goo.gl/ygOPkU
【街頭募金実施場所】 栄 三越前またはラシック周辺
【持ち物】飲み物、天候によっては折り畳み傘
【参加方法】件名を「4月15日街頭募金」として、下記6点を明記の上、メールにて、myican@ican.or.jp までご連絡ください。(052-253-7299へお電話でも受け付けしています:火-土、12時から19時)


 1)お名前
 2)メールアドレス
 3)携帯電話番号
 4)ご所属(差支えのない範囲で結構です)
 5)何を見て当活動を知ったか
 6)全参加または部分参加(部分参加の場合はその時間帯も)

【イベント3】NGOでインターンをしませんか?―アイキャンインターン説明会―

NGOや国際協力の仕事に関心のある方、アイキャン日本事務局でインターンとして働いてみませんか?
インターンを通して、NGOの日本での仕事に関して学べるだけでなく、
今後の就職・転職活動にとって意義のある、貴重な出会いや経験もできます。

「インターンってどんなことをするの?」「学校や仕事と両立できるの?」
この説明会では、現在アイキャンでインターンをしているスタッフとアイキャン職員が
皆さんの素朴な疑問にお答えします!
気軽にお茶を飲みながらお話し、不安や疑問を解消しましょう♪

<日時>2017年4月21日(金)18:00-19:00 ※途中参加もOK
<場所>アイキャン日本事務局(名古屋市中区大須3-5-4 矢場町パークビル9階)
    *地下鉄名城線「矢場町」駅 4番出口から徒歩約7分
<参加方法>
件名を「インターン説明会」として、下記5点について、
メールにて myican@ican.or.jp までご連絡ください。
1.お名前
2.携帯電話番号
3.メールアドレス
4.ご所属(差し支えのない範囲で)
5.当日聞きたいこと(もしあれば)*当日その場でのご質問も承ります。

<ご参考>アイキャンのインターンについては、こちらをご覧ください。
http://www.ican.or.jp/j/projects/intern.html

 


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年3月「今日の事務... | トップ | 2017年4月「今日の事務... »
最近の画像もっと見る