特定非営利活動法人いぶりたすけ愛

お互いが相互扶助の心と対等な立場で、色々なサービスの交流を行い、心豊に「たすけ愛」生きて行く地域社会を目指す市民団体

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

創立20周年記念誌完成

2016年03月29日 | スタッフ日記
 昨年の7月から取り組んできました「いぶりたすけ愛」創立20周年記念誌が完成しました。活動の楽しさを伝える内容にしたいと、編集会議を20回重ね、パソコンを駆使して手作りで作り上げました。20年の感謝と喜びと楽しさが伝わっているとうれしいです。

北海道新聞社会福祉振興基金の助成金を頂き作成することができました。ありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はるばる来たぜ

2015年12月29日 | スタッフ日記
はるばる来たぜ

「明日、新十津川から見学者が来ます」とグループリビングたすけ愛の家の
ミーティングで伝えると、見学者に必ず歌っている「たすけ愛の家の歌」 の話
になりました。「歌声喫茶の時にはピアノの伴奏で歌っているの。伴奏があると
いいよね」「ピアノを録音しておいたら?」との皆さんの真剣なま なざしに
「明日、事務所の優子ちゃんにピアノ伴奏をお願いしてみましょう」と私。
 その後、何回も練習をする歌声が聞こえていました。「『ここがわれらの夢の
家だよ~』。ここが一番強調したいところだから大きく歌って!」と君 さんの
指導に熱が入ります。
 翌朝、ピアノの伴奏で練習が始まりました。マイペースの9人、なかなか伴奏
に合わせるのが難しい様子。「出だしの『北海道は登別』が歌いづらい よね」
とみんなの声。「『はるばる来たぜ登別』にしたらどう?」と11月から仲間に
なったテルさん。「亨子さんは神奈川からはるばる来たからぴっ たりじゃな
い?」と作詞者の宮さんの了解を得て、5年間歌ってきた歌詞が突然変わること
になりました。
 本番では優子ちゃんはピアノ伴奏を諦め、指揮者になりました。
 10月に亨子さんが神奈川から来ることが決まった時、健さんは「次は外国から
来たりして」と楽しそうにつぶやいていました。その日のために、習 い始めた
英会話、頑張らなくちゃ!(NPO法人理事長・登別)

北海道新聞「朝の食卓」も最後となりました。
いろんなことがあった2年間ですが、無事に書き終えることができてほっとしています。
昨年亡くなった夫は国語の教師でしたので、いつも最後は夫に手直しをしてもらっていました。頼りの夫が亡くなり、とても困りましたが、北海道新聞の担当者の方を頼りに書き終えることができました。
いつも楽しい話題を提供してくれるグループリビングの生活者、たすけ愛の仲間たち、そして、朝の食卓の読者の皆さんに感謝です。ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝の食卓~ 先輩

2015年12月15日 | スタッフ日記
先輩

いぶりたすけ愛のサロンでは、同じ悩みを持つ人同士が励まし合い助け合っ
て、元気になっていくのを感じています。
 私も昨年夫を亡くし、多くの先輩が声をかけてくれました。「夫は旅に出てい
ると思うことにしていたの」「泣くだけ泣いたら、こんなことをしてい てもダ
メだと気付いて自分を取り戻したの」「ご主人が守ってくれるから大丈夫」「3
年はかかるけれど、時間が解決してくれる」。悲しみを乗り越 え、自分の道を
しっかりと歩いている先輩の言葉は胸に響き、励まされました。
 10月に大阪に行く機会があり、市民互助の大先輩と再会することができまし
た。先輩は20年前と変わらぬ笑顔で迎えてくれます。活動をする中で 困った
ときは、いつも電話をして助けてもらったものです。どんな時も的確なアドバイ
スをしてくれました。今回もこれからの市民互助のあり方など、 相談したいこ
とはたくさんありました。87歳の今も、変わらぬ見識の高さに驚きます。
 「広い視野を持たなくてはいけませんよ。私は、月刊誌5冊は毎月読んでいま
すよ」と5冊の本を教えてくれました。私は本の名前も覚えられず、本 屋の前
で、買おうかどうか悩んでいるばかり。いまだに1冊も読んでいません。情けない。
 これからは私も良き先輩となれるよう努力します。ありがとう先輩!(NPO
法人理事長・登別)

11月12日 北海道新聞 朝の食卓 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝の食卓~幸せを追いかけて

2015年10月03日 | スタッフ日記
 9月26日、北海道新聞の朝の食卓です

 登別で福祉施設を運営するNPO法人いぶりたすけ愛は今年4月、周年を迎
えました。当会はいま担い手不足に悩み、今後ますます人口が減少して 高齢者
が増えていきます。節目にもかかわらず、先のことを考えると希望を持てなく
なっていました。
 ヘルスケア産業の創出・育成を目指す会議が8月、北海道経済産業局の主催で
開かれました。担い手不足に不安を募らせている私に、森林浴でまちお こしを
考えている若者が「今いる人だけを考えてはいません。移り住んで来る人を考え
ています」と話してくれました。
 年前、市民互助団体の先輩から「不幸を追いかける会にしてはいけない」
「問題が起きた時こそチャンス」と言われたことを思い起こしました。助 け合
える成熟した市民社会を目指して、幸せを追いかけていこうと決意をしたものです。
 前向きな若者の言葉に、目の前が明るくなりました。初心を思い返し、市民活
動を発信していくチャンスと気づかされました。発想を転換すると元気 が出て
きます。それからは「温泉がある。自然がある。元気なNPOがある登別!」と
勝手にキャッチフレーズを作り、張り切っています。
 そんなある日、グループリビング「たすけ愛の家」に神奈川県から入居希望者
があり、驚きました。(NPO法人理事長・登別)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝の食卓

2015年08月13日 | スタッフ日記
北海道新聞8月8日の朝の食卓です。

「まだ鍛えるつもりなんですか?」と思わず言ってしまった私。失礼なことを
言ってしまったとあわてて口を閉じました。展示会に出かけた「たすけ 愛の
家」に住む3人が筋力トレーニングのゴムバンドを買ってきたと聞き、思わず
言ってしまいました。
 「たすけ愛の家」では2年ほど前から、君さんの提案でラジオ体操をするよう
になりました。担当に任命された健さんが毎朝、スイッチを入れて休ま ず続け
ています。80代、90代の皆さんが自分の体を考えて、手すりにつかまった
り、飛び跳ねるところは休んだりと、それぞれのラジオ体操を続け ています。
ラジオ体操は健康の秘訣です。
 そのほかにも、太極拳、パークゴルフ、散歩を続けている方もいます。いつま
でもここで暮らせるようにしたいと、健康管理に余念がありません。残 念なが
らゴムバンドはやりすぎて背中が痛くなったそうですが。
 実は私も、影響を受けてラジオ体操を始めました。ラジオ英会話が終わると体
操が入るのです。体を動かすと気持ちが良くて三カ月ほど続いていま す。
 そんなある日、君さんが「一緒にパークゴルフをしない?」と誘ってくれま
す。向いていないと丁重に断りましたが、影響を受けやすい私の事、その うち
クラブを振り回していたりして?(NPO法人理事長・登別)


たすけ愛の家では入居者を募集しています!

見学にいらしてください。お待ちしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20周年

2015年05月26日 | スタッフ日記
 いぶりたすけ愛は1995年に「ライフケアを考える会」として発会しました。今年は20周年に当たります。
 総会で20周年記念行事について話し合いました。
 ①設立記念日の実施。4月15日を休業日とする。
 ②20周年記念福祉有償運送車両の購入。(4台の車両が全部買い替えの時期です。)
 ③担い手の拡大を目指し新パンフレットの作成。
 ④記念樹を庭に植える。(山法師・はなみずきがいいね)
 ⑤20周年記念誌を作る。
以上の5つが提案され、すべて実行することになりました!

20年間色々なことがありましたが、楽しく続けることができました。記念事業も楽しく取り組みたいと思います。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食事サービスセミナーin北海道 開催

2014年09月19日 | いぶりたすけ愛とは













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JKA補助事業の報告

2014年05月27日 | スタッフ日記

平成25年度のJKA補助事業が大変有意義に終えることができましたので、報告します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グループリビング訪問記完成

2014年04月15日 | いぶりたすけ愛とは
 平成25年度JKAの補助事業により、北見市の「じゅげむ館」、高砂市の「てのひら」、川崎市の「COCO宮内」、新座市の「えんの森」の4か所でワークショップを開催しました。そして、運営協議会の会員が記者となり、宿泊体験をまとめ訪問記を作成しました。
 訪問記には4か所の記事と設計図、家計簿も載せられています。写真もたくさん載せられていて、見ていて楽しいものに出来上がりました。
 高齢者住宅の運営者、生活者、これから高齢者住宅に取り組む方、住み替えを考えている方の参考になると思います。
 関心のある方は是非、ご連絡を0143-88-2626
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北ガンバレチャリティバザー

2014年02月20日 | スタッフ日記
三回目になる東北ガンバレチャリティバザーを開催します。
今回は、土田英順さんのチャリティチェロコンサート、苫小牧のとりあえず逢海のほっき丼、東北物産展を開催します。
会員さんの紹介で土田英順さんに来ていただけることになりました。また、とりあえず逢海のお兄さんが苫小牧で高齢者下宿をしていることで知り合い、ほっき丼を出していただけることになりました。
土田英順さんの伴奏を務める鳥居さんは、お父さんが登別出身です。おばあ様は当会の発会当時、賛助会員として応援して下さいました。
とりあえず逢海の店長は、中学時代に英順さんのチェロを聴いたそうです。
人の縁が嬉しい3回目の東北ガンバレチャリティバザーです。
東北を忘れることなく応援の輪を広げていきましょう。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加