ばばの日記

団塊世代 仲良し夫婦の暮らし
HPは http://www.ibuchan.com/

9・・・9・・9・・9・・・9千万円?

2016年11月30日 19時00分24秒 | 日常生活
11月30日(水)晴れ

夕べ、じじが言った。

「ばば~ごめん!ばばに悪い事した」って。

「何?}って聞くと、

「これ、割ってしまった・・・」とマグカップを見せた。

続けて「割れたのは取っ手だけなんだけどね」って。

ばばは即、言った。

「じじ~気にすること無いよ。そのカップ百均で買った物よ。

もう、5,6年以上も使っているんじゃない?

値段の何倍も使ったんだから、もう廃棄してもいいよ」って。

色々なカップがある中で、ばばが百均から買ってきた安定感のある

カップが大好きなじじは、ずっとそのカップを使っている。

ばばは気に入った窯元のカップを、ずっと使い続け

じじは百均のカップ・・・

何て、ばば悪妻なんだよ~って思う?

いえいえ、決して、ばばが強制的に

じじだけに百均カップを使わせているのではありません。

じじが「このカップ以外は使わない」と言うくらいお気に入りなんです!

じじのお気に入りの理由が「安定感がある!」ただこのひとつ。

じじが、このカップを割ったって、ばばは全然怒りません!。

だって・・・ばば、去年、じじの、これまたお気に入りの

ジョッキを割ってしまったんだもの。

1リットル近く入る大ジョッキなんだけど、

このジョッキ、もう、10年ほど前、あるスーパーで買った物。

このジョッキをじじが気に入っている理由は、

手術後数年経った頃から、何故か

晩酌のビールをビールと、ほぼ同量の氷で割って?飲むの。

まず、ジョッキに氷をドサァ~~~っと入れて

その上から350ccのビールを注いで飲む。

これがじじの拘りの飲み方。



このジョッキは、万が一、割った時のことを考え

2個買ってあって、又夏に帰省する娘婿殿の分もと3個買ってあった。



ところがね、そそっかしいばば、ここ3年くらいの間に

2個も割っちゃった。

洗ったジョッキを、日光消毒しようとザルに入れて

外へ出ようとしたら、ジョッキが勝手に落ちるんだもん。

ばばが落としてもいないのに・・・

と言うわけで、じじの分のジョッキは2個とも割ってしまったに、ばばが。

百均のマグカップなら、何十個も買える値段なのに・・・・



ばばが、夏の頃、このことをブログに書いたら

じじの友人のAさんが、ジョッキをプレゼントして下さった!

大切に大切に・・・使うのはじじで、洗うのはばばだけど

又割ってしまうのではと、ドキドキ。

ばばは、じじのジョッキを割った時、

まともに謝りもしなかったのに、

じじは「悪い事してしまった、ごめん」って謝り

更に更に・・・・

今朝、「ばばに(9千万)あげるね」って財布をゴソゴソ。

えっ?じじの財布って「9千万円」も入っているの?

ばばが、チョコチョコ動き回っているうちに、

じじは「9千万」を、テーブルに置いたらしかったが

午前中は忙しくて、テーブルを見もしなかったばば。



やっと午前中の仕事を終えて、姉と2人でテーブルを見たら・・・

まぁ・・・・・

確かに・・・9・・9・・・9・・・・

1円玉9個、置いてありましたとさ。

9千万円

最近、ばばがスーパーのレジで1円が足りなくて10円以下の支払いが出来ず

財布の中をさんざん探し回ったあげく、10円とか百円出すの

じじは見ていたのかな?

じじは、娘達が幼かった頃から「1円を笑う者は、1円に泣く」と言いながら

娘達にも1円玉を数枚あげたりしていた。

今は、もう娘達がいないから、時々ばばに、1円が回ってくるんだよね~。



でも、1円足りなくて困ることは、何回も体験しているから

今日の「9千万円」も、ありがたくいただきましたよ、もちろん!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう~

2016年11月29日 17時25分38秒 | 日常生活
11月29日(火)晴れ

昨日、夕方薄暗くなってから宅配さんが荷物を届けてくれた。

送り主は娘。

じじも呼んで、開けてみるとクッキーが入っていた。

どうしたんだろう?と思いつつ、ばばはパソコンに向かい

じじは2階で自分の仕事をしていたら

今度は郵便局の配達員さんが、小さな荷物を持ってきてくれた。

又、送り主は娘。

夕方、30分くらいのうちに娘から2個も荷物が届いた。



2個目の荷物を見て、ばばはピンと来た!

中身が、ばばの大好きな窯元さんのマグカップだったから。

「誕生日おめでとう」という、娘からのメッセージ付きだった。



もう何年になるだろう?

ばばが陶器好きになって・・・



最初は、娘がプレゼントしてくれたコーヒーカップを見て、凄く気に入った。



その後、ネットで調べて、マグカップや一服椀、ご飯茶碗等々

気に入った物を片っ端から買った。

その数、数十個。



そんなに沢山買って、一体どうするの?と

自分でも呆れるほど、次から次へと買い、

未だに我が家の倉庫にしまわれたままの器もある・・・・

何時の日か、娘達に分けてあげようと思ってはいるが

好みが違うかもしれないから・・・



娘が最初プレゼントしてくれたコーヒーカップは

今でも毎日使っている。

お茶を飲む時も、珈琲を飲む時もずっと使っている。

最初は、ちょっと大きすぎるかな?とも思ったが

使っているうちに、気にならなくなった。



それからも数年おきに娘は同じ窯元さんのカップを見つけると

連絡してくれて、買って貰うこともある。

だから、ばば姉の分のカップ、じじ妹の分のカップと

カップを決めておいて、姉や妹が来た時は珈琲などを入れる。



何故か、娘とばばは陶器の好みが似ているので

娘がプレゼントしてくれたのは、いつでも大のお気に入り!



今回も、ばばが好きそうなカップを見つけ

ばばの誕生日にプレゼントしてくれたのだろう。

今までのカップに比べて、今回のカップは高さがある。

何を入れて飲もうかな?



誰からかプレゼントして貰ったりした品は

使う時に、下さった方のことを思い出すことが多い。



今回のカップも、ずっと使い続けたいと思っている。

素敵な誕生プレゼントありがとう~
カップ


誕生日から、もう3日過ぎたけど

「誕生日」が嬉しかったのは、何時くらいまでだっただろう?

最近は、誕生日が来る度に「又、1歳年が増えたかぁ・・・」と

ガックリする反面、「今年も無事に誕生日を迎えることが出来て

ありがたい」とも思う。



誕生日当日の夕方、孫君たちから電話があった。

「ばば~、何歳になった?」と聞く孫2号君に

「ばば、もう年を取り過ぎちゃったから、年分からなくなっちゃった。

きっと、80歳くらいだとは思うけど・・・」と答えると

電話の向こうでケラケラ笑っていた。

お兄ちゃんの孫1号君も「ばば、誕生日おめでとう」と言ってくれたので

「ばば、何歳になったと思う?」と聞いてみたら

「うぅ~~んと・・・60何歳・・・・・?」と答えた。

「ばば、もう、自分の年分からなくなっちゃった!」と言うと

真剣に心配してくれているような孫1号君。



電話を切った後、じじに電話のやりとりのこと話すと

「きちんと教えてあげれば良いのに・・」って言われちゃった。



年々体も大きくなり、知識も増えていく孫君たち。

反対に、体は萎み、物忘れが酷くなるばば。

体も頭も、沢山使って、少しでも活性化させ、

孫君たちとも楽しく会話が出来るようにしなくちゃ・・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「お土産~」って

2016年11月28日 18時13分12秒 | 日常生活
11月28日(月)曇り

昼食の席に一度着いたのに、すぐに立って行ったじじ、

「何?」と思って見ていると、

撮影に来て行ったジーパンのポケットを探っている。

そして何か取り出し、握りしめ、ばばの前に来て

「はいっ、お土産。プレゼント!」とばばの掌に。

(何か変な物じゃないよなぁ)と思いながら

感触から、だいたい想像は付いた。

お土産は、ドングリ~~~2個。
ドングリ

「ばばは、最近山に行かないから、見たこと無いだろう」って。

ありがたいけど、さて、たった2個のドングリ、どうしたものだろう?

コマにするには、ちょっと細長すぎるし

トトロを作りたいけど、帽子が付いていないし、

クリスマスのリースにしたいけど、やはり数が足りない・・・

何かに加工したいなぁ・・と即席でミカンの上

に並べて立てたら「猫?」と、じじ、「鬼で~~す」と、ばば。

せっかくじじが拾ってきてくれたんだから、

目鼻でも書いて、玄関かどこかに飾りましょうかね~

でもねぇ、落ち着いて、よくよく見たら

1個は頭の部分にヒビが入っていて、もう1個は、やはり頭に穴が空いている・・・

残念!!

そのうち、ばばも山へ行き、ドングリをもう少し沢山拾ってきましょ。

そして、何か作ってみましょうかね・・・

やはり、季節を感じられる物って、素敵だね。

過日から先端が赤く色付いて、日々赤みを増しているポインセチア。

郵便物などを届けて下さる配達員さんの目を楽しませてあげたくて

ポストの前に移動させました。



秋の木の実と言えば・・・

子供の頃は、母と川へ洗濯に行った時、途中の山道で

椎の実を沢山拾ってきたなぁ・・・

帰宅後、水を張ったバケツに椎の実を入れ、沈んだ物だけを取り分けて

日向に干して乾かし、その後、鍋で煮たり、フライパンで煎ったりして食べた。

春の田植えの頃は、ツワブキの葉っぱを丸めて円錐形にしてソテツの葉っぱで止め

それに野いちごを摘んで入れて食べていた。

今の子供たちは「野いちご」を摘んで食べることあるのかなぁ?

ヤマモモも枝毎折って来て、その実を食べていた。

甘酸っぱくて、美味しかったなぁ。



ばばの母校には、10年ほど前まで、校門の近くにヤマモモの木があった。

実が熟しても、食べようとする子は誰もいなかったなぁ。

今も、あの木はあるかな?

過日、創立120周年記念式典に参加するため、母校へ行き

ヤマモモの木の近くまで行ったのに、確かめるのを忘れていた。

次、母校へ行く機会があったら、しっかり確かめて来なくちゃ!



子供の頃、撮って食べていた木の実や草の実、

捕まえて遊んでいた小動物・・・・・

あの頃は平気だったのに、

今は、どちらもちょっと躊躇してしまう自分にビックリする。

蝉もミミズもバッタもカマキリもゾウムシも、

たまにはモグラの赤ちゃんまで・・・・

今は、美しい蝶々さえも、羽以外の体を見たら

ゾ~~~ッとするようになった。

何故なんだろう?



じじからお土産に貰ったドングリを見ながら

色々なことを考えた、ひとときでした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残念!他

2016年11月27日 12時36分22秒 | 日常生活
11月27日(日)雨

過日雨天で中止になった東区女性連主催のフリーマーケットが、

今日10時から開催されると、区長さんが何回も放送していた。

まぁ、何を買う計画も無いけれど、覗いてはみようと思っていた。

昨夕、友人の先輩方が「開店は10時だけど、それより早く行けば

良い品がゲット出来るよ」と教えてくれたので

今朝は、起きてすぐから楽しみにしていた。

まず気になったのは天気・・・

でもね、夕べから徳之島は雨。

朝になったら晴れているかな・・と密かに期待していたんだけど・・・



じじは、時々小雨がぱらつく中、ジョギングは行って来た。

ばばはと言うと?フリーマーケットを期待していると言いつつ

朝寝して、7時のラジオニュースを途中まで聞いてから階下へ。



外を見ると、小雨が降ったり止んだり・・・

これくらいなら開催されるかな?と思って、家事もパパッと済ませスタンバイ!

あまり早ければ恥ずかしいかな?とか思って

9時35分に、傘を持って家を出た。

会場までは歩いて3分ほど。

もし、フリーマーケットが行われているなら、

朝から賑やかに音楽なども聞こえるのだが、全く無音。

「無いのかな??でも、中止の放送は無かったから、あるんだろうな」と

密かに期待して、会場広場が見える場所まで行ったけど

人ひとり見えず・・・・

ワァオ~~~何たること!



と言うことは?

中止の放送を、じじとばばが聞き逃した?

夕べまでは、朝10時から開催されると放送されていたけどなぁ・・・

それとも?会場変更になった?

だったら、夕べで雨天を見越し、会場変更のお知らせもあったはず・・

いくつかの可能性を考えたが、どうせ、必ず何かを買う目的も無いんだから・・・

と諦めて、帰宅・・・・

家を出て、ほんの数分で「多大まぁ~」と帰宅したばばに

じじは驚いていたけど・・・・事情を説明したら

「まぁ、歩け歩けの運動したと思えば良いよ。

ちょっと距離は短かったけど」とじじ。



帰宅後も、雨は降り続いている。

あぁ~こんな事なら、出たついでに夕食用の刺身買ってきたら良かったかな?

又、雨の中出直しだぁ~~



夕べ、戸締まりをしていたじじが

「キンモクセイかなぁ?夜香木かなぁ?とても良い匂いがする」と言う。

続けて「キンモクセイって咲いていないよね。やはり夜香木かな?」と。

庭の夜香木が最近、又沢山の花が咲いているのには気づいていたけど

ばばが外へ出る時は、芳香を感じなかったので、何の香りだろう?と思っていた。

片付けが終わって、もう一回、濡れ縁に出てみたら

オォ~~~~ッ、何とも言えぬ芳香が漂ってくるではないか!

紛れもなく、夜香木の香り。

夜香木って、1番香りが強くなる時間帯があるのかな?

そして、気温や湿度によっても香りの強さが違うのかな?



それにしても、夜香木って強くて素晴らしい木だよなぁ~

切っても切っても新しい芽を出して成長するし

年に何回も花を咲かせて、じじとばばを喜ばせてくれる。

下の画像がついさっき撮影した夜香木です。
夜香木

ばばの庭からお嫁に行った夜香木が、あちこちで花を咲かせて

植えた人だけで無く、ご近所さんも喜ばせていると聞くと嬉しくなる。



キンモクセイとギンモクセイも、夜香木と同じくらい

強く、大きく育って欲しいんだけど・・・

なかなか思うようにはいかないけど、ばばは諦めないよ。



だって、キンモクセイに執着して、花を咲かせようと

苗を買い始めて30年以上、買った苗木の数は覚えてもいないくらいだけど

いつかは、絶対!と信じているからね。

諦めないよ~ばば。

恐るべし!ばばの執着心!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

可愛かったぁ~他

2016年11月26日 19時00分12秒 | 日常生活
11月26日(土)晴後夕方から雨

今月初め頃だっただろうか?

あるスーパーで、教え子Eちゃんとバッタリ会った。

20数年前、1年生だったEちゃんが

第二子出産のため、帰省しているのだという。

Eちゃん家族は、当時隣町に住んでいた。



学校を卒業し,都会で頑張っていることは聞いていた。

その後、結婚したことを、元同僚が教えてくれた。

そして、たまたまフェイスブックでEちゃんと「友達」になった。



24日に,又スーパー前でEちゃんとお嬢さん、

Eちゃんのお母さんの3人と会った。、

Eちゃんのお腹は、もう大分大きくて

「もうすぐ生まれそうね。頑張って!」と言って、別れた。

そして、今朝、フェイスブックを見ると

昨日、元気な男の子を出産したと、Eちゃんが書いていた。



写真も添付されていた。



「今日は昼から友人のお見舞いに行くから、

ついでにEちゃんの赤ちゃんを見て来よう」と思った。

病院の面会時間に合わせて、まずはEちゃんのお見舞いに。

ばばが行った時、ちょうど授乳中だった。

お嬢ちゃんのHちゃんも、弟が可愛くてたまらないという様子で

赤ちゃんにくっついていた。

赤ちゃんは,もう名前もT君と決まったんだって。

整った顔立ちの、可愛い可愛い赤ちゃんだった。

「ばばちゃん、赤ちゃん抱っこしてみます?」と

Eちゃんが、T君をばばに抱っこさせてくれた。



「わぁ~何十年ぶりかで怖いなぁ・・」と言うと

「ばばちゃんはベテランでしょう」って・・・・

こわごわT君を抱っこさせてもらったけど

本当に,ずっと見ていても飽きず、

「赤ちゃんって,本当に天使だなぁ・・」と思った。

Eちゃんも、もう、産みの苦しみは忘れて

Tちゃんが愛おしくてたまらないって言っていた。
赤ちゃん


教え子ちゃんの赤ちゃんを抱っこさせてもらえるなんて

本当にありがたいことだなぁ・・・



過日は,教え子ちゃんの結婚式に呼んでもらったり

今年は、教え子ちゃんから沢山の笑顔と幸せを

分けてもらったような気がする。

教え子ちゃんたちに感謝したいと思う。



Eちゃんの部屋を出て、友人の病室に行った。

緊急入院、手術から8日目。



ばばたちの他にも、2名、お見舞いに来ていたが

全員顔見知りで親しい方たちばかり。

友人も、顔色もすっかり良くなり

入院前と変わらないほど元気になったと、本人も話した。



先週、緊急入院、即手術と聞いた時は

ショックで,ショックで、ヘナヘナ倒れ込みそうだったばば。

でも、もう笑顔で話せるようになった友人を見てホッとした。

今月中くらいは入院になるだろうが、

病院では退屈で寂しいだろうから、できる限りお見舞いに行って

話して,笑って、友人に元気になってもらおう!



※ 秋の天気って,例年、こうだったのかなぁ・・・

って思う最近の天気。

昼間、真っ青な空が見えていたのに、

夕方になるとポツポツ降り始め

今は,大きな雨音が聞こえる。

明日は、女性連主催のフリーマーケットがあるっていうのに・・・

10時から開催らしいけど。早く行った方が

良いのがゲット出来るよって、情報得た。

別に、「これが欲しい!」という物は無いけれど

一応、覗いて来てみようかな。

本当は、過日、計画されていたのに当日は雨が降って

中止になったんだよなぁ。

「天気予報では明日も雨って言っていたよ」と、

先輩が言ったけど・・・・どうだろう?

明日、天気になぁ~~~れ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まさか?・・・他

2016年11月25日 19時27分11秒 | 日常生活
11月25日(金)曇り時々青空

昨日から急に冷え込んできたので、羽毛布団を出した。

毛布1枚から,羽毛布団へ???

ぽかぽか暖かかったせいか、今朝はじじも寝過ごして

それでも、早朝ランニングへ・・・さすが!


子供たちが幼稚園と小学校低学年頃から始めた「親子早朝ランニング」。

たまに娘の誰かが「頭が痛いか休みたい!」と言えば

「走れば治る!」と答え、

天気が悪くて「今日はランニング休みたい」と言えば

「走れない事は無い!」

ちょっとやそっとで、一度決めた「親子早朝ランニング」を

休む事は無く、「鬼コーチ」ならぬ「鬼父」だったかな?

でも、いったんやると決めた事を、やり続けるって本当に偉いなと思う。

ばばが、布団の中でだらだらしている間に

「じゃぁ、行ってくるね~」と定期コースをランニングして来る、じじ。

ばばにはとても真似出来ないなぁ。



ランニングから帰ってきたじじが、ばばに

「その格好、何?そんな重装備して、どうしたの?」って。

ばば、暖かな長ズボンにフリースの暖かい上着、厚手の靴下、

更に半コートを着て、首にはネックウオーマーまで付けていたから。。。

「冬将軍と戦いに行くから!」って答えたけどね。


今夕の気温は22度ちょっと、湿度は45%の我が家。

寝る時もネックウオーマーをして・・・出来れば加湿したいけど

まだ、加湿器出していない。

出そうか?出すまいか?迷っている。


そうそう、最近、「物忘れがひどい」と自覚しだしたばば。

昨日は、手紙を添えて送り物をして来た。

ホッとして、他の用事も済ませ帰宅。

車庫に車を入れ、車外へ出て、キーロックまでして

「待てよ・・・・」、ちょっと違和感?

すぐに思い当たった。

1番肝心な刺身を買うのを忘れて帰って来た。

よっぽど一回家に入って,じじに声をかけてから出ようと思ったけど

思い直して、すぐ車に乗り込みエンジンをかけた。



つい5分ほど前、品物を買って「荷造り&送り」までお願いしてきた

スーパーへ戻り、刺身を買った。

荷造りをお願いした店員さんと,すぐ顔が合ったので

「又、○○さんに会いに来ました~」と言うと

Aさんも、「何度でもいらして下さ~い」って。



もし・・・買い忘れに気づかないまま、室内に入り

夕ご飯の準備を始め、じじが椅子に座ってから、

買い忘れに気づいていたら・・・・

じじ、何て言ったかなぁ?

ばばは、慌てて懐中電灯持って、スーパーへ走ったかなぁ?

あぁ~、情けない,情けない。


この事を、親しい先輩に話したら

「ついに、ばばちゃんも私たちの仲間入りかぁ~。大歓迎よ」って。

他人事と思っていたことが、次々自分で自分が実体験。

でも、受け入れるしか無いね。



ヒイラギ
(去年12月に買った時の写真)

※ 我が家の「クリスマスホーリー」、せっかく実が付いて

大事に大事に見守っていたんだけど、

何故か?2週間ほど前から,色付く前の実が茶色になり

葉っぱも茶色になって,1枚、又1枚と落葉し

全くの裸ん坊さんになってしまいました。
ヒイラギ2

もう、復活することは無いのかなぁ?と思いつつも

諦めきれずに、鉢毎花壇の隅っこに置いて,見守ることにしました。

何が原因なのかなぁ?

水をあげすぎたせいで,根腐れしたのかなぁ・・・

せっかく、1年間我が家の庭先で、白い花を付け、青い実を付け

色付くのを今か今かと待ち続けていただけに残念!

今日、たまたま花屋さんでクリスマスホーリー見つけたので

明日にでも,買ってこようかな?  


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごめんなさい!

2016年11月24日 18時07分25秒 | 日常生活
11月24日(木)曇り時々小雨

たった3通の手紙を書くのに、午前中かかった~

それも、手書きだと疲れるし、パソコンだと

間違えてもすぐ消して書き直せるし・・・と思ったのだが・・・

結局、パソコンで2通、手書きで1通書き終えた~

パソコンだと、温かみが無いとか思われるかもしれないが

真心込めて,何回も考えて考えて言葉を選んで書いたから

受け取った方もきっと分かってくれるかなぁ・・・と思いつつ。

最近、手書きで文章を書く事が少なくなって

漢字などもどんどん忘れてしまっている事に、驚く。

漢字を忘れたら,携帯か,漢字辞典を出して調べながら書く。

余計時間がかかる・・・・情けないけど,仕方が無い。

まぁ、日記だけは手書きで書き殴っているけど

大先輩の知人で50年以上、日記を書き続けている方がいて感服する。

ばばも、書く事は嫌いではないから、

続けられるだけ日記を書き続けようと思う。



今日は都心でも初雪が降ったと、朝のラジオで聞いた。

さすがに夕べは少し寒くて、今朝も寒いと思ったので

じじもばばも長袖を着た。

じじは撮影に行くので、長袖Tシャツの上から

さらにジャージの上着を着て出かけた。

昼食時、ばばが「じじ~、まさかTシャツ前後ろ逆じゃ無いよね」と言ったら

じじは、ジャージの前を開けてTシャツを見せた。

ちゃんと左胸にロゴが入っている。

正面から見ると、前の襟ぐりが小さく見えたので

前後、逆かと思って言ったんだけど、

「ばばみたいに裏返しにも着ないし、前後逆に着た事も無いよ~」てt

見事、逆襲されてしまった。

ばば・・悪意を持って言ったんじゃ無いんだけど・・・・ごめん!



昨日あるお店での事。

ばばは2品を買って、お店のカゴに入れたまま

レジ前の台に置いて計算して貰っていた。

すると、ばばの後ろで年配のおばちゃんが飲み物を

沢山入れたカゴをカートに乗せて待っていた。

早く,カゴを台に乗せたそうだったので、

ばばは自分の買う品物の入ったカゴを,10数センチ動かした。

すると、おばちゃんは、にっこり笑って「ありがとう~」と

すぐにカゴを台に乗せた。

ばばは、自分の買い物を終え、代金を払い、お釣りを貰うため待っていると

後ろのおばちゃんが「あなたのポイントカードを貸して」とと言う。

「おばちゃん、沢山買い物されたんだからカード作って貰ったら良いですよ」

と言うと、「私はたまにしか来ないから,カードは要らないの」と言った。

お店の方も,にこにこ笑っているので、

ばばは自分のポイントカードを、おばちゃんに渡した。

おばちゃんの精算が済むのを待って、品物を入れる台まで品物を一緒に運び

袋に入れるのも手伝った。

おばちゃんは,何度も何度も「ありがとうね、助かるわ~」と繰り返した。

「こちらこそ、ありがとうございました」と言うと

おばちゃんが「私は亀徳まで行ったんだけど、

このお店で安くで買える品があったから引き返してきたのよ」と言う。

亀徳だったら、車で5分以上はかかるはず・・

「亀津の方じゃ無いんですか?」と尋ねると、おばちゃんは更にニコッと笑って

「○○(ばばの校区集落)の△△です。あなた、6,7年前に

Sちゃん(ばばの親友)と一緒に,うちからタンカンを沢山買ってくれたでしょ」って。

エ~~~~~ッ!!!あの時の、農家のおばちゃん!!!

申し訳なくて,申し訳なくて・・・何回も謝った。
謝る

あの頃元気ピンピンだったおばちゃん、昨日は腰が大分曲がって

カートを押して歩くのもキツそうだった。

「車まで荷物を持ちましょうか?」と言うと「大丈夫よ。カートで運ぶから」って。

更に「車は、まだ自分でどんどん乗れるのよ」って。

そこで、ばばは「では、お気を付けてお帰り下さいね。ありがとうございました」と

帰って来たけど、お世話になった先輩を忘れてしまうなんて

情けない!!!



あの、おばちゃんは、6,7年経っても、

タンカンを買った、ばばの事、覚えていて下さったんだね。

ありがとうと言うべきはばばで、本当に申し訳なかったなぁと

反省した昨日でした。

最近、昔お世話になった方とか、10数年前,お目にかかった方とか

すぐすぐに名前が出てこなくて,困ってしまう事が良くあるんだよなぁ・・・



どうしよう??

一昨昨日行った病院でも、30数年前の教え子ちゃんのお姉ちゃんから

声をかけられ、さらに別の教え子ちゃんからも声をかけられたんだけど

名字は出てきても,すぐに下の名前が出てこなくて,焦ってしまった。

あぁ~年取るって,こういう事?って最近、よく思うばば。

今からでも,少し脳トレをしなくちゃ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良かった!他

2016年11月23日 18時39分41秒 | 日常生活
11月23日(水)曇り時々小雨
病室

ばばの友人が緊急入院し,手術をした。

その前の日の夕方、沢山お喋りをして笑って,帰宅したばば。

翌日夕方、友人の家に行くと戸が閉まっていて・・・

しばらく待っていたら、友人宅の婿殿が帰ってきて

「母は,今朝急に体調を崩し、病院へ行ったら

明日、手術をする事になりました」って。

その場にヘナヘナと座り込みたくなるようなショックだった。

すぐにでも病院へ駆けつけたいと思ったが、

友人の立場を自分と置き換えて考え、

病院へ行くのは手術後にしようと決めた。

祈るような気持ちで1夜を過ごし、2日過ごし・・・

入院から手術は無事終わった事、集中治療室にいる事等連絡があった。

そして、4日目、一般病棟へ移ったと嬉しい連絡が!

病院の面会時間を調べて、病院へ走った。

普段「元気印」の友人が、青い顔でベッドに横たわり点滴を受けている・・・

涙が出そうになった。

でも大きな山は越えた!

良かった。

友人を疲れさせないように、早々に退室した。



そして、今日、2回目のお見舞いに行った。

お嬢さんも,お見舞いに来ていた。

友人は,顔色も一昨日より大分良くなり、

動きがスムーズに出来るようになっていた。

看護師さんが来て「お部屋を変わりましょうね~~」と言った。

集中治療室を出た後は、大部屋だったが

今日から2人部屋に移るそうだ。

お嬢さんとばばが、身の回りの物を持ち、

看護師さんたちがベッドを移動させた。

そして、嬉しい事に友人は,1人でサッサと歩いて新しい部屋へ・・・

良かった!良かった!

顔色が良くなり、笑顔が増え、

起きて座っている事も出来るようになった友人。



本当に、「人生一寸先は分からない」と言うけれど

今回つくづく実感した。

だからこそ、親子も夫婦も、周囲の方々とも仲良くしなければ・・

と思う数日だった。

そうそう、やるべき事はサッサと済ませておく事も大事だね。

でも、ばばは「口先ばば」で、今朝は食事の後

「今日は、Kばあちゃんと、T姉さんと、A姉さんに手紙を書くよ」

とじじに宣言したにもかかわらず、夜7時前になっているのに

1字も書いてない。

便せんや筆記用具は,すぐ目の前に置いてあるのに・・・・

「計画した手紙を書き終わるまでは,眠らないぞ!」と言うくらい

強い精神力があれば良いのにね。



夫婦仲良く・・・と言いながら,じじには意地悪ばかり・・・・

今日も、ラジオを聞きながら昼食していたら

NHKのアナウンサーが「今日は勤労感謝の日ですね・・」と言ったのを聞いたじじが

「今日は、もう金曜日か?」と言うので、ばばは大笑い。

じじは、慌てて背後のカレンダーを見て「何だ,水曜日か・・」だって。

何で「勤労感謝の日」が「金曜日」に聞こえたんだろう?

まさか?「金曜感謝の日」?と聞いた?

と思ったばばが「じじ、誰に感謝するの?」と言ったら

ばばを指さしつつ笑うじじ。



あっ、そうですか?

毎週、「金曜日は」ばばに感謝してくれるんですか?

はい、はい、ありがたい事です!



ブログが書けるんだったら,手紙の2,3枚書けるよね~ばば。

ブログアップしたら,すぐに手紙を書きなさい!

分かりました!書きます!(自分で自分に渇を入れて頑張るよ~)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時を知り・・・

2016年11月22日 16時28分01秒 | 日常生活
11月22日(火)曇り

昨夜、娘達とラインをしていたら

「サタ豆とガンダタ豆送って貰えたら嬉しいな・・」という

リクエストがあり、お店まで行って送って来た。

婿殿やその同僚たちが,島の豆菓子を好きになってくれて嬉しい!

お店のご夫婦と色々話しながら、荷造って貰い、発送までお願いしてきた。



贈り物ついでに、あちこちの無人市場も覗いたが

島のモンキーバナナも、ミカンもサツマイモも無くて

ガッカリしながらの帰り道、じじの撮影場所へ寄ってみた。

もしかしたら?じじが撮影しているかも・・・

と思いつつ,停車して対岸を見ると,じじのと同じ形の車が!

おっ!じじ撮ってるなと思いつつ,双眼鏡を出して

多種のカモを見ながらオオヒシクイを探し

さらには、じじの車も覗いてみたら・・車中で撮影している

じじらしき人が見えた!



野鳥を見るのも目的だったけど、池畔に開花していた

桜の様子も見たくて来たので、桜に近づきたいけど

もし、人の気配にビックリして野鳥が飛び立ったら

じじが、ガッカリするだろうと思い、地面にしゃがみ込んだりしながら

野鳥を見、じじの車を見、目の前の桜を見たが

頃合いを見計らって、桜の近くまで移動して写真を撮った。

過日より、遙かに花数が増えていた。
桜

ちょっと萎れかかっているのは残念だったけど・・・・

ばばが撮影を終え,車に戻ろうとしていたら,じじの車も方向変換。

ばばの方へ走ってくるのかと思いきや,

場所を変えて又撮影を始めたので、声もかけずに帰宅した。



お昼過ぎに帰宅したじじに「ばばたちに気づいた?」と聞くと

「何処にいたの?全然気づかなかった」って。

ばばたち、さんざんじじに気を遣って、

なるべく目立たないようにしていたから、見つけられなかったんだね。



帰宅後は、庭を眺めていたら、

数週間前までは,全くの青々した葉っぱだったのに

少し涼しくなってきたからか、葉っぱの真ん中辺りが

赤く色付いてきたポインセチアが・・・
ポインセチア

おぉ~~~っ、植物って「咲く時」を知っているんだね。

ばばはひとりで感心しながら,庭へ出て撮影。

花は「咲く時」を知り、鳥は「渡る時」を知り

動植物って偉いね,凄いね。



たまには季節を間違えて咲く、

我が家の桜のような木もあるだろうけど・・・・

一度咲いて以来、我が家の桜は、ますますゴーヤーに巻き付かれ

今は、葉が青々と繁っているよ~。

桜に負けまいと,勢いづいているのがゴーヤーで

今でも、1週間に10本以上は収穫出来る。

中には,桜の木のてっぺん付近に出来た実もあり

それらは収穫を諦めている。

姉やお隣さんや友人知人数名にあげても、

まだ冷蔵庫にも5,6本入っているし、今朝収穫したのも2本あったので

鹿児島の姉に送ってあげようという事で、発送した。

明日のお昼頃には姉の元に届くはず・・・



ゴーヤーって,本当に強い野菜だね。

種を蒔いた事も、苗を植えた事も無いのに,毎年実を付けてくれるが

今年が1番の豊作で、これまで、何十本収穫した事か?



たまたま以前買ったゴーヤーを食べきれず、

熟した物を菜園と花壇に菜園の投げたら、

次の年から毎年実を付け、又熟して落ちた実の種が来年発芽し・・・

ばばたちに恵みを与えてくれている。

ありがたいなぁ・・・

感謝しつつ,いただきま~~~す!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あぁ~恥ずかしい!他、ごめんなさい!

2016年11月21日 17時35分05秒 | 日常生活
11月21日(月)曇り後小雨

昨夜の事だ。

夕食後、洗い片付けをしようと立ち上がって

ふと自分の洋服を見てびっくりした。

何故って?

普通、見えるはずの無い、縫い代が見えたから。

慌てつつも,よくよく見ると、やはりTシャツを裏返しに着ている。

これまでも、Tシャツ等を前後ろ逆に着ていて

違和感を感じ、着直した事は何回かあるが、まさか、裏返しに着るなんて・・・

じじも、呆れて、ものが言えないと・・・

ふたりして、ひとしきり大笑い。

はぁ~、年は取りたくないねぇってと思いつつも、

絶対,年のせいじゃないはず、

自分の性格がいい加減なんだろうと思う事に・・・。

情けない,情けない!

昨日は、Tシャツを裏返しに着たまま、お店を4軒回った。

幸いな事に、Tシャツの上からカーデガンを羽織っていたし

Tシャツの首元は出ていたけど、

まさか、じぃっと,ばばの首元を見る人なんかいないはずと

自分の都合が良いように考える事にした。

まぁ、気づいてしばらくは落ち込んだけどね。



そんな大失敗をした昨日の今日、

朝、フェイスブックを開いてみると

娘の書き込みがあった。



「実家の父、関根勤さんのように

面白い人ではないけど

私たち娘にはいつも

『君たちのお母さんみたいに

素敵な人はいないよ。』と、

言葉でも態度でも示し続けていたんだと思う。

だって、、、子どもの頃は

『私たちのお母さんは徳之島で1番の美人で、

1番の料理上手‼️』と

信じていたもの(*≧艸≦)

今、思い出す昔の記憶は

父が母を綺麗だと言っているところや

母の作った食事が美味しいと

笑顔で食事をしている姿ばかり。

子ども達である私たちも否定された事がない。

いつもいつも褒めて貰って気持ち良く

大きくなって来ました。



父のように、母のように、

私も家族と向き合っているかな、、、

と考えると、ちょっと反省してしまう。

家族を褒めるって

簡単な事のようで、難しい。」って。



娘の書き込みに,何だか胸が熱くなって涙が出そうになった。
家族
いつも、ばばは、じじをおちょくっているけれど

娘達が誕生してから、ずっと,ばばの悪口やばばに対する不満を

子供たちに聞かせる事は一度も無く、

仕事優先で、家事も育児も充分に出来なかったばばを支え続けてくれた。

娘達に対しても「今のあなたたちの生活があるのは

お母さんのおかげだよ」と繰り返し言っていた。



そして、子供たちを信じ、締める場面ではきちんと叱り

後は子供たちの判断に任せていた。

「勉強しなさい!」とかの言葉は聞いた記憶が無い。

子供たちの体力作りも,率先して自分から早朝ランニングを始め

娘達も一緒に走らせるようにしたり

自転車の乗り方を教えた後は、自分はバイクで伴走しつつ

ばばの実家まで10数キロをサイクリングさせたりしてくれた。



子供たちの体力作り、忍耐力を付ける・・・

全てじじがやってくれた。



そっかぁ~

子供たちに君たちのお母さんみたいに素敵な人はいないよ。』と言ってくれて

「料理も美味しい」って褒めてくれて、

そのじじの言葉で,娘達は,ばばの事を「徳之島で1番の美人で

1番の料理上手」と思っていたなんて・・・・

娘達よ、申し訳ない!

じじがあなた方に言った言葉とは、大分かけ離れたお母さんでごめんなさい!

社会人になったあなた方の中では、「美人」の基準、「料理上手」の基準がどれほど

事実とかけ離れていたか・・・・・



若い頃、じじがばばの事をそれだけ褒めてくれてあったなら

これからは、ばばも、じじの事を沢山、沢山褒めて,

煽てて接していかなくちゃね~



娘の書き込みで、反省しきりのばばでした!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加