ばばの日記

団塊世代 仲良し夫婦の暮らし
HPは http://www.ibuchan.com/

徳之島は雨です!

2012年05月31日 16時02分30秒 | 日常生活

5月31日(木)雨

♪雨が降ります 雨が降る♪

夕べから雨のようです。

ばばが寝るまでは、そんなに降っている様子ではなかったけど。

朝からも、ずぅっと降り続いていて

ついにばばの居住区の一部が「通行止め」に。

この場所は、道路の上の方に大きな岩があるので

雨が続き地盤が弱くなると落石の恐れがあり

これまでも何回か「通行止め」になったよ。

ばばは、夕方刺身を買いに行くのに毎日この道を通っているが

今日はひとつ下の通りを走りましょ、安全のためにね。

 

雨で玄関先の植物たちは嬉しそう!

いつもより、生き生きしているみたい。

ばばが水をかけるより、自然の雨に洗われた方が気持ちいいのかもね。

 

雨の日は、登下校する子供達やお仕事の方は大変です。

ばばは、現在は「暇人」なので

雨の日は屋内でできること、したいことをして

疲れたら昼寝もチョッピリして・・・

 

今日は「可燃ゴミ出し」の日だったのでゴミを出した後

両親宅の庭へ回ってシソの種を蒔いたプランターを

わざと雨がかかる場所に出してきた。

これが吉と出るか?凶と出るか?分からないけれど・・・・

本当は、バジルの挿し木をしようと思ったけど

雨がひどいので止めた。

バジルって,挿し木出来るのかなぁ・・・

どうしてバジルを増やしたいかって?

ばばの友人のお嬢さんが,バジル大好きなんだって。

ばばは、長女のお友達のお母さんが苗を下さったバジルを育てていて

4本はスクスク育って,葉っぱも茂っているの。

友人のお嬢さんに,先日バジルの葉を摘んで持って行った時

花が咲いている枝を切って、持って行ったのね、

その時、2本くらい試しにと地面に挿して,

1本は台所でグラスに挿して根っこが出ないか観察中。

運良く根が出たら、友人のお嬢さんに届けようと思ってね。

 

ばばは、植物に関して「超」の付く素人。

だけど、退職してから草花を育てることが大好きになって

失敗を繰り返しながら、今年は玄関先にも花の鉢を並べることに成功!

ばばのご近所は、皆さん植物を育てるのが上手な方ばかり。

だから、ご近所さんに教えていただきながら

あまり数を増やさず、でも、季節の草花が育てられたらなぁ・・・

と思ってるの。ばばなささやかな楽しみ・・・・

 

草花を育てるのと同時に,今年ばばが楽しんでいるのが

ヨーグルト作り。

牛乳に種菌を入れて,次々増やしていくんだよ。

どんどん作るのは良いんだけど、

肌寒い日はヨーグルト食べなくて暑い日だけたべるばば。

しばらく経つと、ヨーグルトは表面が黄色くなって

こうなったら、もう美味しくないのよね。

加減というのを知らないばばだから,調子に乗って

どんどんヨーグルトを作って,冷蔵庫に入れているんだけど・・・・

今日も,まだ食べていないよ~。これからでも食べなくちゃ。

 

あとひとつ楽しみなのが、麹菌関係。

ばばの友人が、綺麗な米麹を作って分けてくれるの。

それを塩麹にしたり、醤油麹にしたり。

作る過程が楽しいよね・・・・・

 

今日は内容がバラバラだね。

明日は、麹のことでも少し書こうかな?

今から予告して、どうするるの?ばば・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと・・・

2012年05月30日 21時25分48秒 | 日常生活

5月30日(水)晴れなれど風やや強し

午後4時過ぎてから、とある場所へ行った。

窓口に、ばばがよく知っている方が座っていてビックリ!

転勤で、こちらへ?

「毎日○○さんに会いに通おうかな?」と冗談で言うと

近くにいた女子職員さんが「○○さんは、毎日はいませんよ」って。

たまたま用事でこちらへ来て、窓口に座っていたみたい。

でも、自分の知っている方がいると何だか嬉しいね。

お客さんが少なくて、ばばも職員さんとお喋りしたりしていたら

低い姿勢で座っていたのか気づかなかったけど

去年大分お世話になったMちゃんが立ち上がって

「ばばちゃ~ん、ブログ毎日楽しく読ませてもらっています」って。

 

本当は、今日はとても気が重くてブログも書かないでおこうかなって

思っていたが、Mちゃんの言葉で元気をもらって

遅くなってからだけど、書き始めたよ。

Mちゃん、ありがとう~。

 

スーパーへ行ったら、たまたま姉も来ていたので

一緒に野菜を買ったりして、その後ばばの運転で魚屋さんへ。

用事を済ませて帰ろうとしていたら

ポツポツと雨が・・・

風もちょっと強いし、天気が悪くなりそう~~。

ホームセンターも寄るつもりだったが

天気が心配で、直行帰ることに・・・と思ったが

昨日の昼、義父が入院している病院の面会謝絶が解除されたと聞いたので

見舞って帰ることにした。

自由に病室に行ける・・・と思ったら大間違い。

今日も玄関に職員さんが座っていた。

そして、何階に入院している誰の見舞いなのか?

入院患者との関係は?介助なのか?

洗濯物を取ったり届けたりするのか・・・目的を書き・・・

結構時間がかかる。

書類に書き終わると何か首から下げるカードのような物を渡され

やっと父の病室へ行くことを許された。

今日からエレベーターも使えた。

2週間ぶりくらいの義父との面会。

熱もなく、一安心。

良かった!明日から又毎日面会に行くからね、お父さん。

 

義母との面会はいつから出来るようになるだろう?

面会できるようになったら施設からの連絡がくるはずだけど、まだない。

もう17日も会っていない。

いつになったら会えるのかなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○○で1万円以上稼ぐ・・・

2012年05月29日 21時54分01秒 | 日常生活

5月29日(火)晴れ

我が家の前が道路拡張工事中で朝8時から夕方5時まで通行止め。

ばば姉がいつも通る道なので、

(今日はどの道を通るんだろう?)と気になる。

この道路は道幅が狭く、対向車が来ると

バックしなければならなくなったりで大変だったけど

今は徐々に、徐々に工事が進んでいる。

夏休みまでには完成するかなぁ?

昨日からはブロック塀を壊したりで、ちょっとうるさいけど

みんなの安全のためだものね。

 

あれっ・・・・

今日はブログに何の事書くんだったけ?

道路拡張工事のことを書いていた時、

お墓参りをしてきたというばば姉が寄ったので

途中で止めて、夜も9時回っていざ、続きを書こうとしても

何を書こうとしていたのか、忘れてしまったよ~~~。

えぇ~~~っと、えぇ~~~っと・・・・・

思い出せないよぅ~~~~

 

仕方ない。

今朝からしたことを思いだして書いてみよう。

まず・・・9時過ぎからお墓と、今は使っていない車庫に行った。

10日ほど前、車庫があまりにも汚れ

お墓も周囲の雑草が伸びていたので除草剤を撒いて様子を見ていたの。

毎日、夕方の買い物へ行く途中見ていて

車庫横の大分雑草が枯れているのは確認していたが

大きな雑草は枯れていないので、改めて除草剤を撒くことにて

じじが撮影に出かけた後、ばばも出発。

 

車庫回りで除草剤を撒いていると、

1台の原付バイクがばばの傍に止まった。

バイクから下りたのはTちゃん。

あらぁ~~懐かしい!

以前、郷土料理教室で友達なってその後は

お店や道で会う時は、立ち話をしていたが・・・

今回は約1年ぶりくらいに会った。

家も結構近いのに、なかなか会えないんだね・・・

 

お互い近況とか色々話していた時に、車庫の隅っこに

ゴマダラカミキリが1匹落ちてきた。

すると、Tちゃんすかさずそれを拾い上げた。

「これ、孫が集めているのよ~~~」って。

実はね、じじ&ばば&姉で毎日散歩をしていた3年ほど前

初めてこの虫を見た時は「珍しい、綺麗な虫!」と思ったの。

時々、ばばの家のベランダまで飛んできていて

じじも珍しがって写真を撮っていたの。

ところが・・・この虫、今や知る人ぞ知る「悪党」だった。

ばばの1番大好きな果物「ミカン」の大敵=最大害虫。

ミカンの木の中まで潜り込んで、木を枯らしてしまうんだって。

実際にタンカンの木が根こそぎやられて大被害を被った農家さんもあったのよ。

ばばもよく知っている方で・・・「お気の毒」としか言いようが無かった。

 

しばらく経って、「ゴマダラカミキリはミカンの害虫で

みんなで駆除しましょう」と広報活動が始まり

1匹数十円(詳しい金額は忘れてしまった)で役場が買い上げることになった。

・・・で、幼稚園でも掴まえたゴマダラカミキリを巡って

「僕が先に掴まえたの!」

「いや、僕が先に見つけたの!」と喧嘩まで始めたらしい。

だって、1匹数十円で、何匹か集めて役場へ持って行けば

結構良いお小遣いになるものね。

 

さっきの、Tちゃんのお孫さんは

「去年は1万円以上ゴマダラカミキリで稼いだ」って。

ビックリ~~~。

1万円分って一体何匹掴まえたの?

 

そう言えば、最初の年は生体そのまま役場へ持ってけば良かったけど

2年目は頭部を切って持って行くのではなかったかなぁ???

ちょっと残酷ね。。。。。って、とても頭部だけ何十個も集めて・・

なんて想像しただけでクラクラしそう~~。

今年もまだ買い取りをしていたんだね。

「集めているのよ~~」ってTちゃん言っているから。

・・・で、10分くらい立ち話をしてTちゃんは原付バイクで

元気よく帰って行き、ばばも「さぁ、作業再開!」と思って

枯れきっていない雑草に除草剤を撒こうとして足下を見たら

あらっ!

ゴマダラカミキリが・・・・

えぇ~~~、Tちゃんがつかめてビニル袋に入れたのが逃げ出したの?

それとも?又新しい個体が飛んできて落ちたの?

Tちゃんに連絡したくても、Tちゃんの電話番号知らないし

坂道をバイクで上がっている途中だし・・・・

まさか、ばばが一匹のゴマダラカミキリを掴まえて

Tちゃんのお宅までエッチラ、オッチラ坂道を上がるっていうのも・・・・

結果は?

結局足下のゴマダラカミキリを見て見ぬふりをして作業開始したばばでした!

 

後になって思えば、憎い害虫、ゴマダラ君にも除草剤かけて

やっつけた方が良かったのかな???とも・・・

あのゴマダラ君1匹で、何十個物柑橘類が被害を受けるんだと考えれば

憎き相手ではあるなぁ・・・

でも今回は見逃してあげたよ・・・・

 

ここまで各途中で、今日何を書こうとしていたか

はっきり思い出したよ。

「小学生がゴマダラカミキリで1万円以上稼いだ」って事、

書きたかったんだ~。

あぁ~思い出せて良かった、良かった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1個の卵

2012年05月28日 14時00分55秒 | 日常生活

5月28日(月)曇り

ばばの小・中時代は給食は無かった。

小学校時代は、午前中の授業が終わったら

それぞれ各家庭へ帰って昼食を食べて学校へ戻った。

夏の頃、ばばの家では縁側に座って

足をぶらんぶらん揺らしながら食べた記憶がある。

 

ベビーブーム年代のばばは、同じ集落の同級生も20名以上はいた。

授業が終わると、皆一斉に校門を出て我が家へ帰るのだが

ばばの実家は坂の上。

過日のブログにも書いた「クラチンシラ」という坂を上る。

登校時は下り坂なのでタッタッタッタッと駆け下りることが出来るが

午前授業が終わり、空腹状態で坂道を上がるのは結構きつかった。

今よりずぅっと坂は急だったような気がする。

昼食を終えて学校へ戻ると・・昼休みはあったのか、どうか?

ほどなく掃除が始まったような。。。。

昼に我が家を往復する。

良い気分転換になっていたのかな?

 

中学校は学校までの距離が遠かったので

毎日弁当だった。

当時、じじの家では1個の卵を半熟にしたら

父が器に入れてかき混ぜ、お箸につけた半熟卵を

子供達に舐めさせて、最後に父が食べていたんだって。

ばばの家でも家で飼っている鶏が産んだ卵を

1,2個割りほぐし、味噌汁に入れていた。

当時、家族は7人。

母が味噌汁をよそってくれる時、茶碗の中を凝視していた。

そして、少しでも卵が多く入っているのが

自分に回ってきますように・・・と思いながら母の手元を見ていた。

せつないねぇ・・・・

過日、後輩と話す機会があり、話が中学生時代の弁当に及ぶと

彼女の家では溶いた卵えお水時小麦粉で嵩増しして

卵焼きを作っていたらしいが、

ほぼ卵の倍量くらいの小麦粉が入った卵焼きだったって。

今なら、週末セールになれば卵は10個88円でも買える。

当時からすれば、本当に夢みたい。

 

卵など、超貴重な食材だばばの中学時代。

弁当のおかずに卵焼きが入っていることなんて、まず無かった。

ばばの弁当のおかずはピーナツを炒めて味噌を絡めた

「油豆味噌」が多かった。

本当に何もない時は味噌汁の具をすくって

水気を切ったのが入っていることがあった。

幸い・・というか、お米は自分たちで作っていたので

必ず白米のご飯だった。

 

ばばの中で何十年たっても忘れられない悲しい思い出があるの。

男子の同級生だったけど、ある日のお昼、弁当を食べ始めた時

弁当を謝って落として中身をひっくり返したことがあったの。

その中身・・・・ご飯が「堅めのおかゆさん」だった。

その時の男子同級生の悲しそうだった顔・・・・

不思議なことに、ばばの中で

「男子生徒がおかゆの入った弁当をひっくり返した」という記憶はあるものの

ひっくり返した男子が誰だった・・とか言う記憶は全くない。

お弁当におかゆを持ってくる子、味噌汁の具をすくっておかずに入れてくる子・・・

中にはふかしたサツマイモを2本くらい持ってくる子もいた。

ほとんどの子は、お弁当箱の蓋で中身を隠すようにして食事をしていた。

こんな時代だったけど、ある女の子のお弁当には

当時は珍しかったウインナーや、黄金色に輝く?卵焼きが

毎日のように入っていて、みんな羨望のまなざしで彼女の弁当箱を見ていた。

ばば達の間では、彼女のことを密かに「お嬢さん」と呼んでいた。

彼女のお弁当を見て「いいなぁ・・」と思う気持ちはあったけど、

それ以上の気持ちはなかったのが、不思議。

ある特定の子数名を覗いて、みんな同じような生活環境だったからかなぁ?

 

今現在、島内の小中学校は、給食がある。

「あれ、嫌い」「これ、食べられない」って残す子もけっこういる。

何て贅沢な・・・・時代になったのだろう?

遠足ともなると、みんな自分の弁当を見せびらかし合って?食べている。

キャラ弁とか、贅沢なデザート付き。

時代は変わったねぇ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じじ、足ヒンヤリの正体は?

2012年05月27日 13時54分13秒 | 日常生活

5月27日(日)曇り時々小雨

最近、ばばは家仕事が多く

午前・午後の「取材=撮影=体力作り」は、ほぼじじひとりで行く。

午前中は、車で行くことが多い。

回る場所は、ほぼ毎日決まっているけどね。

そして、午後からは歩くことも多いが、たまに車で出かける。

昨日は、お昼のお茶した後、じじは車で出かけ

ばばは姉と歩いて近場のお店へ・・・

ばばは、5時頃帰宅したが、じじはまだ帰っていなかった。

 

5時半少し回る頃帰ってきたじじ。

「奇跡のようなことがあった・・」と言うので

「何?何?」と興味津々のばばと姉。

 

じじは、いつもの撮影場所に行ったんだって。

そしたら同時にヘリグロトカゲとガラスヒバが出てきたんだって。

ガラスヒバは過日撮ったし、(今日はヘリグロトカゲを撮ろう!」と即決

カメラを向けたら、あっという間に落ち葉の中に潜って姿を消したって。

じじは、足で落ち葉を動かしたりして

何とか見つけようとしたそうだが2度と姿を見せず。

ガッカリしながらも遊歩道を下ったそうだ。

 

遊歩道を下りきった時、じじは足に違和感を感じた。

その日、じじはジャージの長ズボンを穿いていたのだが

足のふくらはぎ側面が何となく「冷やっとした感じ」。

不思議に思いながらズボンの裾をまくり上げたら

なから何かが地面へ飛び降りた。

その正体!

何と、遊歩道の頂上付近で見失ったヘリグロトカゲは

じじのズボンの裾から中へ潜り込んでいたのだ・・・・

 

ギャァ~~~

聞いていた姉とばばは身震いして鳥肌立っちゃった。

足にヘリグロトカゲを留まらせたまま、

よくぞ無事に遊歩道を下りてきたねぇ~じじ。

もしも、ヘリグロトカゲが凶暴な爬虫類でじじに噛みついていたりしたら・・・・

怖っ!

 

じじの話を聞いていて、ばばも自分の小さい頃の体験を思い出したよ。

。。と言っても、皮膚に直接何かを留まらせたわけじゃないけど

小学生時代のばばの仕事のひとつが芋掘り。

ひとりで畑に行き、芋づるを刈り、束ね、

芋を大きなかごの一杯になるまで掘り

芋を入れたかごの上に芋づるを乗せて背負い

家に帰る途中の川で芋を洗い、土を落として急な坂道を上って家まで運ぶ・・・・

 

どう?小さい頃のばばって働き者でしょ。

こんな事は関係ないか・・・・

土を洗い落としたつもりでも、

かごを背負ったばばの洋服の背中は赤土色に汚れていたよ。

 

家についてホッとしたのもつかの間。

思いかごを下ろした時・・・・

ばばの洋服の胸辺りに芋虫が!!!!!

体の前に付いている時は自分で見えるけど、その分気持ち悪い!

時には背中に付いていたり、髪の毛に付いていたり・・・・

イヤだったなぁ・・・・

 

何故か芋掘りの時は、いつもばばひとりで行くことが多かったから、

どんなに芋虫が嫌いでも、芋づるに付いていても

我慢して芋づるを切り芋を掘り・・・・

姉が一緒にいたら、きっと甘えてばばは逃げ出していたかもしれないけれど

誰も助ける人がいなければ、自分でやるしかないものね。

 

そうそう、数日前小雨模様の日、いつも行く鮮魚店に行ったら

過日完成したばかりのブロック塀に見慣れない物を見つけたよ。

一見「観音様の頭部」に見えたの。

お店のS姉さんに言うと「え~~っ、又付いているの。ヤスデが・・・」って。

ヤスデがグニュグニュ曲がってくっついているのを、

ばばは「観音様の頭部」って見たの。

正体が分かればゲェ~~~ッ状態のばば。

 

S姉さんも、ばばと同じように虫が嫌いなんだって。

だから、ヤスデの集団を見つけたら柄の長いほうきを持ちだして

ヤスデの方は見ず、大体の見当で箒を動かして搔き落とすんだって。

凄~~~~い!!!

ばばなら、きっと殺虫剤を大量噴射するしか考えないと思うけど。

 

願わくば・・・・今年の梅雨明けまで

玄関先に黒くて大きなナメクジが現れたり、

両親宅庭にキオビエダシャクが大発生しませんように・・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「捕らぬ狸の・・・」、他

2012年05月26日 14時47分30秒 | 日常生活

5月26日(土)曇り

両親と面会できなくなって20日近く。

まだインフルエンザは収束しないのだろうか?

 

洗濯物を届けるために病院へ行った。

玄関に病院の職員がふたり座っていて、まず病院へ来た目的を聞く。

「○階に入院中の父の洗濯物を届けに来ました」と伝えると

その病棟へ電話をかけてて

「○○さんのご家族が洗濯物を届けに来ています。

一階のエレベーター上り口まで来て貰えませんか」と言っている。

まだしばらく話していたが「少しの時間なら上がって良いそうです。

○階の詰め所に声をかけて部屋へ入って下さい」とのこと。

階段で○階まで上がり、義父の部屋へ行くと

ちょうど介護士さんが別の患者さんの着替えなどをさせていた。

介護士さんに声をかけ、入り口でしっかり手を消毒し入室。

義父は発熱などもなく、寝ていたので

「お父さん、久しぶりね。元気で良かった」と声をかけ

ベッド横の棚に洗濯物を入れすぐ外に出た。

 

それにしても、病院の入り口から待合室・・・・

全員がマスクをして、何だかすごく重い空気が漂っている。

仕方ないね・・・

病人が多いし、免疫力が落ちている人も多いからね。

 

義父を見舞った後に玄関に座っていた職員さんに

「いつ頃から面会謝絶は解除されるんですか?」と聞くと

「来週、月曜日の午後からは大丈夫だと思います」とのこと。

約2週間の面会謝絶だったけど・・・・予定通り解除されると良いな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「元が取れて、楽しめたら良いな」。

何のこと?

 

ばばはね、ついに野菜を「種まき」から始めたよ。

本当は苗から育てたいんだけど「時、既に遅し!」。

ばばが1番に植えたかった茄子は、何処のお店でも苗は売っていない。

仕方ない!

執念深いばばが考えたことは・・・苗がなければ種から育てたら良いじゃない?

 

。。。で、スーパーで種を探したら、当然ながらあったよ~。

でも、ビックリ。シソの種は一袋200円もしないのに

茄子の種は473円。

今の、茄子の価格から考えて8個も収穫できたら十分に元は取れるね。

1本の苗が丈夫に育てば8個くらいの収穫は確実だよね!

ばばの中では早くも「捕らぬ狸の皮算用」が始まったよ。

早速、種まき用のポットに種を蒔いた。

友人が「1ポットに1個蒔いた方が良いよ」とアドバイスもらったけど

種が入っていた袋には「1ポットに3粒くらい蒔く」と書いてある。

どっちを信じたら良いかな?

ここでばばの無精癖が・・・・

茄子の種も、シソよりは大きいけど大きいと言ってもごま粒くらい。

これを1粒、1粒蒔いていくなんて至難の業。

テキトーばばは、1ポットに3粒ずつ蒔く方を選択、実行したよ。

「種を蒔いた後は、新聞紙などをかけておきましょう」と書いてあったけど・・・

ばばは、縁側の下のあまり太陽の光が当たらない場所に置いたよ。

 

さぁ、準備は完了!

茄子より1日早く蒔いたシソ共々、発芽の日が楽しみだぁ~。

 

・・・・一段落して、考えてみると・・・これから先

島の彼方此方の無人市場には夏野菜である茄子ピーマンが出回る。

そしたら100円でも2、3個くらい茄子も買えるね。

わざわざ種を買って蒔く必要があった?

 

はい!自分で種から育てると・・・収穫も楽しいけど

野菜の成長過程が目の当たりに見えるから楽しいし、癒やされるし

ましてや、ばばが育てた野菜をじじが喜んで食べてくれたら

なにより嬉しいよね!

 

シソさん、茄子さん、たくさん発芽してくれますように・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばばが虐待?

2012年05月25日 12時12分13秒 | 日常生活

5月25日(金)晴れ

一昼夜「水浸し」にされ、「日干し」にされ

土の上に放り投げられ、押さえつけられ

濡れた紙で覆われ、重しをされ・・・・・正に地獄。

 

こんな虐待をするのは、ばば。

エッ、誰も警察に通報しないの?

まさか!じじを虐待?大変なこっちゃ。

 

・・・娘達、お母さんがそんなことするって思う?

「最近、お母さん変だから無きにしもあらず」って?

心配ご無用!

じじは「箱入り娘」ならぬ「箱入りじじ」にして大事にしているからね。

 

じゃぁ、冒頭の「被害者は誰?」

それはね・・・・「シソのタネ」

5月2日に蒔いたシソのタネがなかなか芽を出さないので

業を煮やしたばば、「よぉし、今度こそ!」と

タネも「JA」から買ってきたよ。

そして、ネットでシソの育て方もきちんと調べ

(これが1番良いかなぁ?)と判断したのが冒頭のようなことだったの。

 

タネを一昼夜水に浸けた方が発芽しやすいって書いてあった。

だから、小さなタッパーにタネを入れ、水を入れたんだけど

タネ100粒くらいに水を100ccくらいも入れてしまい、

(多すぎる!)と思い、ティッシュをねじって何回か水を吸い取らせ

やっとヒタヒタの水量に。

さぁて・・・準備OK!

・・で、翌朝木綿の布巾をザルに敷いて種をこぼしたよ。

だって、ちっちゃな、ちっちゃなタネでしょ、

濡れているからタネを蒔くにも手にくっついて困るから

その前に少し日陰で乾かそうと思ったの。

でも・・・ほんの短時間のつもりが用事が出来て午前中外出。

帰って来たら、タネも布巾もカラカラに乾いてる!

(良いのかな?このまま蒔いて・・・)と思いながらも

(半日、干されたら早く水分が欲しいでしょ)

と、すぐプランターに土を入れ如雨露で土を湿らせ

タネを摘んではパラパラッ、パラパラッ・・・

本当は間隔を置いて蒔きたいんだけど、タネがあまりに小さいから

1カ所にドバッと落ちたり・・・

さぁ、蒔き終わったら手で軽く土の表面を押さえ、

更に上から水で湿らせた紙を乗せ、その紙が乾いて飛ばないように

百均で買ってきてあった小さなワイヤー棚2個で押さえ・・・作業完了!

 

今度こそ、ちゃんと芽を出してよ、シソのタネ君。

5月2日に蒔いたタネも、今頃になってチラホラ顔を覗かせ始めたけど

なかなか、どうして成長の遅いこと!

短気なばばは、イライラしてしまう。

「お日様に当てた方が良いでしょう!」と日向に出し

「雨に濡れたら可愛そう」と屋根の下に入れ・・・

今は日陰&涼しい場所に移し、毎日水をあげて成長を見守っているよ。

 

じじがさ、シソを食べる時「やはり自家製のシソは味が濃いねぇ~」

なぁんて言うので、ばばはますます頑張って

美味しいシソを育てなくちゃ・・・っとなってしまうわけ。

 

冒頭の虐待も、全てはじじの

「やはり自家製のシソは味が濃いねぇ~」の一言から発したこと。

ばばが、どれだけじじのことを思っているか

三姉妹さん、分かった????

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっちゃった!

2012年05月24日 16時46分38秒 | 日常生活

5月24日(木)晴れ

又、やっちゃったよぅ~~~

何をやっちゃったかは後にして・・・

 

今朝は9時半からある金融機関へ。

昨日、約束してあったので。

 

用事は、ほんの10~20分で終わると思いきや

1時間以上かかっちゃったよ~。

用事が終わって、牛乳を買いがてら義父を見舞おうと思ったけれど

手荷物が多かったので牛乳だけ買い、

義父の見舞いは夕方の買い物時にしようと決めて帰宅した。

午前中終わっちゃったよ~。

 

それから20分後くらいかな?

姉が義父の洗濯物を届けてくれた。

ばばより先に義父を見舞ってくれたんだね、ありがとう~。

過日、ブログにも書いたけれど義父が入院している病院は

現在インフルエンザ関係で面会謝絶。

もう、10日以上になる。

同系列である義母がお世話になっている施設も同じく面会謝絶。

いつになったら、解除されるのかなぁ・・・・

 

先週は、病院受付で「入院患者○○の家族です。

今日は入浴日なので、父の洗濯物を取りに来ました」と伝えたら

義父の部屋まで行けたけど、今日は姉が同じように伝えたら

受付から父の入院病棟へ電話をし、看護師さんが父の洗い物を

一階まで持って下りてきて、姉に手渡したそうだ。

前より厳しくなったっていうことは・・・・・気になる・・・・

 

・・・・で、帰宅してもじじは撮影に行っているようで

まだ戻っていなかったので、百均へ行ったよ。

これから暑くなるので、コンクリートの上に直置きした花鉢が

暑さでやられてしまうので、花鉢をのせる台を買うためにね。

目的の物を買ってサッサと帰れば良いのに、そうしないのがばば。

用事は1階フロアで済んだのに、2階まで上がったよ。

いろいろな品物を見ているとばばの目に飛び込んできた物が!

「洗剤ブラシ」

欲しかったんだ~これ、以前からね。

食器など洗う時いちいち洗剤つけなくても、

ブラシの柄?の部分に洗剤を入れておけばい良いんだよね。

ずぅっと前、娘の家で見たことがあり、「これは便利だな」って思ってたの。

ついに見つけたよ!6,7年ぶりかな・・・・

 

嬉しくて、昼食後の洗い物をする時、すぐに使ってみようと。。。

よくよく説明書を見たら・・・

あらっ!

まぁ!

どうしましょう!

何と!「食器洗い」ブラシのつもりでばばが買ってきたのは、

「汚れのひどいシャツの襟や袖口洗い用」の「洗剤ブラシ」!

おおぉ!!!ナンタルチア!!!

ばばったらぁ~何しているの。

一瞬落ち込んだけど、「やってやれないことはない」と

母からよく言われていたので(・・って、罪のない亡き母のせいにするのかい、ばば)

ばばは、そのブラシでお鍋やフライパンを洗ってみたよ。

洗えるじゃない!

でも・・・ねぇ。。。。。

「食器洗い用」と「衣服洗い用」では

ブラシの毛の硬さや形状も違って当たり前でしょう、ばば。

ごめんなさい。

・・・今にして思えば、このブラシ、1階の台所用品のコーナーでなく

2階の洗濯コーナーにあったでしょう。

それに・・・娘の所で見た「食器洗いブラシ」より幾回りか大きかったでしょう。

一瞬「大きいかな?」とは思ったのよね・・・でも、

そこが「思い込みの激しい」ばばのこと。

「やった!探してた食器洗い用洗剤の入れられるブラシ!」と

思ってみたから、いくらか大きかろうが、ブラシ部分の毛が幾分長かろうが・・・

「買うのを止める」選択肢はなかったんだよね。

あぁ~、これが100円で良かったよ。

もしもよ、もしも、数万円もする商品だったら、ばばどうする?

開けて、更に使ってしまったんだよ!

返品できないよ!

自分のお小遣い削る?

・・・って言っても、ばばお小遣いなんか1円もないんですけど。

早まったねぇ、ばば。

今まで同じ失敗を何回してきたんだろう?

 

ばば~、娘達からも言われるよね。

「お母さんは、石橋を叩きすぎて壊す」って。

真逆じゃない!石橋を叩きもしないうちに落っこちたねぇ・・川に。

アハハハのハ~~~~。

 

ごめんなさい。(おい、おい、誰に謝っているの)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばばは「精米屋さん」他、「サーキー」って?

2012年05月23日 11時10分02秒 | 日常生活

5月23日(水)晴れ

「早起き鳥」じじさぁ~~ん、今日も5時前からお目覚めです!

つられてばばも早起きしました!

朝ジョギングに行くじじを見送って~仏壇の水を替えて~

さて、何をしましょうか???

 

ふと思いついて、両親宅庭へ下りました。

数日前、腰の痛みと闘いながら

スコップで掘り返し堆肥と土を補充した菜園??

その時引き抜いたネギを植え直しましょ。

それと、昨日浅間干潟横の体育館の花壇横で拾ってきた

縁取り花も植えましょ。

それから、それから・・引き抜いたままのアロエも

細かく切ってゴミ袋に詰めましょ。

 

次から次へと仕事はあるけれど

朝早いし、まだお日様出ていないし、全然暑くもないし・・・

やはり、早朝の仕事って捗る~~感動するくらい!

 

一仕事終えて朝食。

じじとお喋りしながらね。

何かの話のついでに、じじが

「冷蔵庫に入れておかないとヌルヌル粘りが出るよ」と言ったので

「粘りって方言で何て言うんだったっけ?」と聞いたら

じじも分からないみたい。

ばばも子供の頃、川の岩何度に生える水草でヌルヌル滑るので

「ヌル踏むなよ・・」と言っていた記憶はあるけど・・・

「ヌルヌル粘りが出る」を方言では何と言うんだろう?

 

方言ついでにじじが小学生時代の話をした。

国語のテストで、櫛の絵があって、その名前を書いて答える問題だったそうだが

じじは「サーキー」と書いて見事×をもらったそうだ。

そのひとつが間違ったばかりに100点取れず、凄く悔しくて

今でも忘れられないんだって。

ばば達の小学生時代って「方言使用禁止」時代。

でも・・・家に帰れば両親との会話は全て方言。

ヘヤーブラシとか、櫛なんて言い方は知らなかったと思う・・・

ばばも、ずぅっと「サーキー」って言っていたよ。

 

方言関連ではないけど、ばばは高校時代毎週末」漢字テスト」があった。

問題は全学年共通で、満点の人だけ名前が掲示されるの。

ばばは1年生だったけど国語は嫌いでないし、

感じは丸暗記できるし、ドリル?集の中から出題されるので

まぁ、数少ない得意分野。

ここは、同じ高校で国語教師でもある兄に恥をかかせてはいけないと

毎週必死に勉強して1年生のばばと、

3年生であとひとりMさんという女子先輩が連続満点を競い合っていたの。

ところが・・ある日「かようきょく」という問題に

ばばは「歌揺曲」って書いてしまったのね・・・・

勿論正解は「歌謡曲」。

その回もM先輩は満点で、ばばの記録はここで途切れてしまったの。

悔しくて、悔しくて・・・・

せっかく「唯一ばばの実力発揮できるテスト」と思い頑張っていたのに・・・・

だから今でも「揺」の字は絶対忘れないよ。

じじの悔しかった気持ちも、よぅ~~~く分かるよ、ばばも。

 

さぁ、朝食の後、ばばはやりたいことが「てんこ盛り」。

まず、資源ゴミと不燃ゴミを出して、掃除機かけて、

何と!その後ばばは「精米屋さん」にヘンシ~~~ン!

 

実はね、ある方の影響でばば玄米を買って、自家精米しているんだよ~。

新米の美味しさをずぅっと味わいたいと思ってね。

・・で、精米器も買ったんだよ~。

今日が2回目の運転。

4カップなら3分で精米できるよ。

好みに応じて、3分・5分・7分搗きでも出来るんだけど

今回は7分搗きにしてみたよ。

精米した手のお米は少し温かいので涼しい所で風に当てて

その後、密閉容器に入れて保存。

唯一の贅沢かなぁ・・・・

お米って、毎日食べる物でしょ。

そのお米が美味しいって、シ・ア・ワ・セ!

玄米を取り寄せて下さるK姉さん~、ありがとう~~~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大安吉日、又会えたねぇ~

2012年05月22日 17時25分58秒 | 日常生活

5月22日(火)晴れ

昨日昼過ぎ、じじが修理に出していたレンズが戻って来たぁ~~。

修理に出して戻ってくるまで一ヶ月ちょっとかかったよ~。

 

(絶対、明日は干潟行こう!って声かかるぞ・・)

ばばが読んだ通り、朝食後から

「干潟行ってみようか?僕ひとりで大丈夫だよ」ってさ。

オイオイ、じじ、遠距離運転なんか1年近くしてないのに

低血糖にでもなったらどうするんですか?

 

9時前頃、雨がパラついたりして、西の空が黒雲に覆われていたので

「今日は止めよう」って言っていたのに、9時半回ると

「天気良さそうだよ。行ってみよう!」だって。

内心行きたくてウズウズしているじじの気持ちがよく分かるよ~。

でも。。。。。ばばは家でもしたい仕事はいくらでもあるんだけど・・・

(まぁ、一ヶ月ぶりくらいだからじじの運転手しても良いか)。

行くと決まれば早いよ~。

姉に電話して「あと、5~10分で干潟行くんだけど、ご都合は?」

「行こうかぁ?」で決定。

慌ててお湯を沸かし、おむすびを3個作り、

大根と人参の炒め物をタッパーに詰め

おやつと、インスタントのカップ麺を数種類持って出発~。

 

まずは、諸田池へ。

池に向かった途端「キュ~ルルルルルル~」と

アカショウビンの伸びやかな声が右手から聞こえてくる。

池を覗いたが、コサギ以外の鳥はいない。

右折して県道に向かった途端!右手の畑から左手の木へ向かって

何かが飛んだ!アカショウビンだ!!!!

わぁ!!!こんな近距離で、それも目の高さにアカショウビンが留まってる。

その手前の少し上にはイソヒヨドリも・・・・ダブルキャスト。

でも、ごめん!イソさんにはご用無し。

慌ててじじはカメラを構え、ばばは撮影しやすいポイントに

車をゆっくり移動させる。

「じじ!しっかり写してよ。二度と無いチャンスだよ!」と心で叫ぶ。

カシャ!カシャ!カシャ!と連写するじじ。

さぁ、今度は動画だ!と思った時、アカショウビンが飛んだ!

なんと、ばば達の右手前の地面に!

じじ動画撮影開始!

しか~~~~し、ほんの数秒で飛び立ち、左手の木立へ消えてしまった。

興奮冷めやらぬばばは、車で追跡する気満々。

ところが~、アカショウビンが飛び去ったと思われる木立の先は

車が1代通れるかどうかと言う狭い道。

じじが「この道通ったことあるの?」と聞く。

ばばは自信を持って「あるよ!」と返答。

たしか・・・・去年か、一昨年通ったよなぁ・・・・

でも?車だったっけ?それとも歩いたんだったっけ?と記憶はあやふや。

でも、アカショウビンを追いかけたい一心で前進、前進、又前進。

道は、車一台やっと通れそうな道だけど・・・

ちょっと気になり下りて、様子を見る。

お~~っと、行く手は畑で行き止まり。

方向変換できそうな場所もない。

ばばが旨の前で×印の合図をすると、じじが助手席から運転席に戻り

バックで車を動かす。

ほんの10メートルくらいの距離だったけど

やはりこういう時、じじの運転技術が頼み。

無事車を出し、後は一直線に干潟へ向かう。

途中、轟木集落近くの県道の両脇はイジュの花が満開。

まるで、人が植えたように両側に真っ白に咲き誇った木が続く。

「じじに写さなくて良いの?」と聞いても、心ここにあらず。

じじの心はもう干潟へ一直線飛んでるね。

 

一ヶ月以上ぶりだもん、じじの気持ちも分かるよ~。

 

最初干潟では収穫らしき物はなかったが

昼食時、少し離れた「アクチの木」に

サンショウクイがどこからか飛んできて留まったよ。

何とか撮影成功!

食後、ばばと姉がくつろいでいる間もじじはカメラを担いで彼方此方回ってた。

「もうそろそろ良いでしょう~」と、姉とばばが荷物を車に積み込んで

干潟を見ると、姉が「ヘラサギが居る!」と叫んだ。

すぐじじに電話。

気づくと、じじも反対側からばば達の方へ歩いてくる所だってので

電話より直接伝えようと、手招きしつつ小走りでじじの所へ。

「いたよ~ヘラサギ!」と叫ぶばば。

カメラ担いで小走りにやって来るじじ。

すぐに撮影開始。

撮影しながら「これはクロツラだ!」って。

思う存分写して下さい!じじ様。

 

じじの気が済むまで撮影させ、2時過ぎやっと帰宅の途についた。

 

出発早々のアカショウビン。

そして干潟でサンショウクイとクロツラヘラサギ。

どちらも初対面ではないけれど、やっぱり久しぶりに出会うと嬉しいね。

 

じじが故障だとは思わず「騙し騙し」使っていたカメラも

修理から戻ったばかりで絶好調!

天気も快晴!

良いことずくめの今日、5月22日は奇しくも「大安吉日」でしたぁ~~~。

めでたし、めでたし。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加