ばばの日記

団塊世代 仲良し夫婦の暮らし
HPは http://www.ibuchan.com/

誰っ!!!

2017年09月03日 11時32分15秒 | 日常生活
9月3日(日)曇り

昨夕のこと・・・



夕方の買い物を済ませ、帰宅したのが6時前。

台所で勝て来た物を分別、整理して、

レジ袋を外に出そうと思って、濡れ縁に出て、ふと自宅から下りる階段を見ていたら・・・

!!!!!!!!!!!

黒いガウチョパンツで下りてくる人がいる。

誰?

その人物は、1段、1段階段を下りてくる。

女の人が2階にいるはずは無い・・・と思いながらも凝視していると・・・

階段を4段位下りた所で、不審者のウエスト辺りが見え

上着が見え・・・

その上着が、何と!ランニング!

改めて、よくよく見ると、足下はスリッパ。



もう、分かったでしょうか?

何と!じじが、ばばのガウチョパンツを着て、自宅から下りてきたの。

分かった途端に、アッハッハッハハハハハ・・・

ばばはお腹がよじれるほど笑った、笑った。

ばばのあまりの笑いっぷりに、じじも笑い出した。



「じじ曰く、穿いた時に、違和感感じたんだよ。丈も長いなぁと」だって。

それでも、しっかりばばのガウチョパンツはいて下りてきたじじ。



実はね、一番暑くなった8月初旬頃、たまたま自宅に上がったら

自然の風が入るし、涼しくて、じじは自宅が一気に好きになって・・・



両親宅に住み始めて、もう6年になるけど、夏は暑くて、冬は寒くて・・・

家の構造上、夏はお客様がいらしてもクーラーも使えない。

自宅だったら、クーラーも使えるし、畳にゆったり座ってお喋りも出来る。

やはり、自宅が良いなぁ・・・と言いながら、ダラダラと住み続けている。

いつでも、移りたい時には自宅に移れるんだけど、

両親宅が良いのは、バリアフリ-で、庭があり、菜園があり・・

ゴミの処理とかが便利なこと。。。。

「自宅の帰ろう、帰ろう」と言いながら時間だけが経ってしまった。



自宅の涼しさを改めて実感したじじ、8月から、昼食後は自宅へ行って昼寝をしたり

パソコンで遊んだり・・・

そして、夕方になるとお風呂に入り、6時前後、自宅に下りてくる。

こんな生活が続いているじじだが、お風呂に入る時は

自宅から、バスタオルとか着替えなど持って行く。



昨日は、自分の短パンを持ったつもりが、ばばのガウチョパンツを持って上がったらしい。

でも・・・考えてみたら、よくぞ、ばばのパンツのサイズがじじにあったものだ・・

と思って、「きつくなかったの?着た時に?」と聞くと

「いや、ゴムだからきつくは無かったけど、丈がちょっと長いかなとは思った」ってさ。
パンツ


間違えて、ばばのガウチョパンツを着たじじもじじだけど、

そもそも・・洗濯物を仕分けたのはばばだから、ばばが悪いの・・・・・・かな?



じじったら、「たった階段10数段下りただけの間しか着ていないし

肌着だって、今日おろしたての新品穿いたから、汚れてはいないよ」ってさ。



はいはい、分かりました。



それよりも、ばばは、じじが女物を着て下りてきた格好が可笑しくて

数ヶ月分、一気に笑わせてもらったよ。

一番ショックだったのは、ばばのサイズが、じじに合ったということ。

いくらウエストがゴムだったとは言え、サイズは「64~70センチ」だったはず。

Sサイズが無くて、Mサイズ買ったから・・・

じじはパンツとか買うとき、ウエストサイズ80くらいでしょ、

10センチも違うのに、よく着ましたね^

きつかったでしょう?



怒るに怒れず、又怒る事でも無いし・・・

ふたりして、大爆笑したんだから良しとしましょう、チャン!チャン!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加