心のままに

日々の生活で感じたいろいろな事を素直にことばにして残したい。

梅仕事”ちそ”編

2017-07-09 12:26:40 | 料理、食べ物

  昨日は、また34度とあち~~い日になりました。

      前日毎年お願いしてる新鮮で綺麗な”ちそ”を友人が採って来てくれたので梅仕事しましたよー

    

          梅が7キロ程あったので、ちそは3キロあります。

                

           このちそはこの様に裏が青色になっていて凄く香りが良いんです。

           でもね~~3キロのちそを枝からちぎるだけで3時間程かかりました、、、、

             ちぎってもちぎっても無くならない、、あ~~やはり嫌になりましたが、

        この手間暇が美味しい梅干しになるんだと自分に言い聞かせてやりました。

             

               ちぎったものをこの様に綺麗に洗い、水気を切って、塩もみします!!

      初めの2度はアクが出るので絞り汁を捨てます。   

           

              これが先日塩漬けした梅がこんなに綺麗な梅酢を作ってくれました。偉いな~

         この梅酢を塩もみしてアクを捨てたちそに振りかけてもう一度揉むと

            

              こんなに綺麗な色が出るんですよ!!

                       

       そしてこの色づいたちそをこの様に梅が隠れる様に敷き詰めて、また重石を乗せ紙で桶を蓋にします。

          後は、土用の丑の日頃までこうして置いて置きます。

        毎年ながら梅仕事をして心から思う事は、先人たちの知恵の凄さ、すばらしさです!!

 

            こういう方法をどうやってあみ出したのか、栄養学的にもその理屈も解らない時代に

               誰が、どうやって作り、広まったんだろうと??

         もう精根疲れ果てましたが、今年は綺麗で美味しい梅ぼしが出来る予感がします!!

           夏の終わりには美味しい梅干しをお届け出来ると思うと何だか嬉しくなります。

             でも今日は、手首が痛いです、、、年ですね~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏に欠かせない食べ物 | トップ | ペコグッズたち »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (りんごママ)
2017-07-09 21:00:29
連日、暑さの中、お疲れ様です。

梅干しとかお漬物は昔々から伝わる
日本の財産的な物ですものね。

試行錯誤を繰り返しながら
親から子へ、姑から嫁へと
代々受け継がれたんだと思います。

手間がかかる分、仕上がりが楽しみですね。
お疲れ~ (さくらえび)
2017-07-10 07:55:27
この作業一つ一つがあのおいしさを作ると思うと感謝です。

それに比べたら味噌なんてどうってことないわ

お疲れ様でした。
今日も暑そう、そちらは雨大丈夫ですか?
りんごママさんへ (わんこ)
2017-07-10 19:40:02
漬物命の私は、この作業はきついけど
好きです!!

漬物名人の姑でしたが、梅干しは断然実家の母が上手でしたので私のは母譲りです。

土用干しが終われば完成です
お楽しみにー
さくらえびさんへ (わんこ)
2017-07-10 19:45:48
ほんとにこの私の梅干しは
木からもぐところからスタートしてるので
ほんとの手作りで無添加です!!
しかも福井県産100%です(塩以外)

お味噌も貴女のは美味しいから好きですよー

それがね、
蒸し暑い日々でが少なく
九州地方に申し訳ない程です。
ほんとに自然災害にない年はないですね
ちそー (ハチママ)
2017-07-12 02:50:19
関西も「ちそ」って言ってました。
しそもごはんにおいしいですよね。
そっか、もうすぐ土用の丑かぁー。
暑い中、ご苦労さまでした。
今年もみんなおいしいわんこさんの
梅干し楽しみにしているんでしょうね。
ハチママさんへ (わんこ)
2017-07-12 12:31:50
そうですか、関西でもちそって言いますか。
福井も関西圏なので似た様な言い回しが多いですね。

そうです、土用干しすると更に綺麗な色と味が良くなります。

コメントを投稿

料理、食べ物」カテゴリの最新記事