Voice from iBS

日本の姿を鹿児島から英語で発信。教室で講師との英語での会話を楽しみながらコミュニケーション能力つける空間をクリエート

iBS外語学院学院長談話:「ノミ」の話

2017-05-12 15:44:45 | 日記
iBS外語学院の全日制の学生は、
毎日、学院長と英語を通しての対話を楽しんでいます。
教室では、学院長の講演などで講話や
文字で発信された智慧を学んでいます。


院長談話:「ノミ」の話
「ノミ」は自分の体長の数百倍の跳躍力を持っているのだそうだ。
そのノミを自分の体の数倍しか跳べない小さなガラス箱に入れてしまいしばらく放置しておくと、
そのノミはやがて永久に自分の体長の数倍しか跳べないあわれなノミになってしまうのだそうである。
 人間の可能性は無限である、と信じたいと思う。
誰もこの可能性を抑圧する権利は無いはずだ。悲しいことに、
長い日本の歴史の中で幾度か私たちはこの「ノミ」のように、
小さなガラスの箱に閉じ込められてしまったことがあった。
しかし、何人かの偉大な故人は、必死の思いで海外に飛び出し、
自分を見つめようと努力した。そして大海の広大さに驚き、
自分の無知を悟り、世界に見聞を広めてきた。
私たちは今、自由の時代に生きている。
この自由に、勇気と努力の息吹を注ぎ込み、
日本の美しさを世界に、
そして世界の学ぶべき文化を日本にと、
平和の輪を広げていける素晴らしい機会が与えられている。
(iBS外語学院長 南徹[南日本新聞 日曜の椅子 掲載])

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英語ストリートスピーチライ... | トップ | 英語での対話を通してインス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。