Voice from iBS

日本の姿を鹿児島から英語で発信。教室で講師との英語での会話を楽しみながらコミュニケーション能力つける空間をクリエート

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「こんな学校があったのか!」

2017-07-06 16:34:10 | 日記
私は「英語を学ぶ」のではなく、「英語で学ぶ」
学生数わずか23名、指導スタッフ計25人のユニークな学校のスタッフである。
「ここにいるのは競争相手ではない、戦う相手は自分。己の360度が先生だ」と入学式で訓示。
一年間英語で学問を学び、英語研究レポートを卒業スピーチライブという形で発表する。学生達が日本文化を英語で世界に向けて発信する瞬間がある。
さまざまな生きづらさを抱えた者が、どんな困難にもしなやかに耐えて生きる力と、優しさや思いやりの心を取り戻し、見事に人間回復を遂げてしまう摩訶不思議な学校。
学歴も年齢も社会的地位も関係なくニックネームでお互いを呼び合う学校。
卒業式では、家族に対し、お互いに対し、先生方に対してあふれる感謝の涙を流しながら「仰げば尊し」の歌が心の叫びとして歌える学校。「こんな学校があったのか!」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネイティブがスラっと使う英... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。