KONA WIND-南の風- iBS学院長・南 徹ブログ

アメリカ人に英語を教えていた日本人が外語学院を作った。その学院長が、日本を、世界を斬るブログ!!

謝辞 第42期生スピーチ発表に寄せて

2017-03-06 15:15:04 | 日記
謝辞
第42期生スピーチ発表に寄せて
              学院長    南 徹

高砂や
この浦舟に帆を上げて
この浦舟に帆を上げて
月もろともに出で潮の
波の淡路の島影や
遠く鳴尾の沖過ぎて
はや住吉(すみのえ)に着きにけり
はや住吉に着きにけり
皆さんおはようございます
ようこそお越しくださいました
突然の高砂の宴の開催となり失礼致しました
僕にとって
能の高砂と四海海のくだりは
心の古里です
ありがとうございました
さて
最近は日本ブームと申しますか
至る所で日本賞賛がヒートアップしています
でも間違った形で日本アピールが表現されて
たくさんの方々が逆に日本嫌いになってしまうのではと
心配することが多々あります
我々日本人とは一体全体何者なのか?
我々日本人がほんとうの意味で世界に貢献できることがあるのだろうか?
日本は何処に向かっているのか?
iBS外語学院は
40年近くの歴史の中で考え続けてきました
縄文時代から約1万6千年
神武天皇が即位されてから2677年
世界最古の建築物である法隆寺が建立されて1417年
世界最古の小説である源氏物語が世に出てから1009年
そして
能の歴史が観阿弥世阿弥によって大成されたのが650年
源頼朝が武家社会を確立してから637年と
文化が文化を生み、そして歴史となり、歴史が文明を育み
世界に類を見ない素晴らしい日本文明が誕生しました
文化を超えた文明です
世界には200を超える国々があり
少数民族を含めると定かではありませんが
3200を超える民族が存在しています
3000年近くの歴史を同じように生き続けられたのは
ユダヤ人と日本人だけだといわれています
ユダヤ人は流浪の民でしたが
日本人は違いました
日本人は日本と言う同じ国に住み続けることができた
唯一の民族です
選民思想を申し上げているのではありません
国粋主義で話しているのではありません
この3千年の知恵を世界平和のために使いましょうと
お話しているのです
そんな凄い国日本に住んでいるのに
幸せの笑顔が溢れているという実感がほとんどありません
なぜでしょうか?
僕らが決めつけている幸せとか豊かさは
日本人本来のものではなくて
誰かに洗脳された勘違いの豊かさ
骨抜きにされた幸せ
いわゆる間違ったグローバリズムに操られて
生きてきたからだと思います
日本という国は、何か大切なものを置き忘れてきたからです
いや、そんなことはとっくの昔に解っていると多くの人々がいいますが
一向に解消しない!!なぜでしょうか?
僕はアメリカに10数年住んでいました
世界を40数ケ国を旅して
多くの異文化を持つ人々と対話を重ねてきました
世界は本物の日本の知恵を求めているような気がするんです
日本人よ目を覚ませと言っているような気がするんです
でも哀しいかな
なかなか目覚めない
時々悪夢にうなされたかのような目覚めの悪い人々もいる
結局のところ
日本人自身が日本人の知恵を一番理解していないことに気が付きました
僕は
日本ってどんな国ですかって尋ねられたら
道を宗教として
徳を教養として生きている国ですと
お答えすることにしています
何かの目的のためだけに勉強するのではなく
何者にでもなれるように
全体が見える教養を身につけるために
人格を極めるために勉強する
心の豊かさに重きを置く学問が日本の教えでした
西郷さんが教えるように
明治は
文明開化ではなく文明破壊に始まったのかもしれません
文明を勘違いし暴走した日本は
第二次世界大戦で最悪の結末を迎えました
それでも勤勉な日本人は
戦災天災の地獄を乗り越え
世界が羨むような豊かな国になりました
でも心のどこかにポッカリと穴が開き
心から笑顔が溢れることのない民族になってしまいました
間違った学問を強いられ
何かになるために
何かをさせられるために
操られてきた結果かもしれません
学問とは真理の探求です
学問とは
人間が人間たる所以を追求していく哲学だと思います
学問とは
朱子学や陽明学が教えたように
薩摩の島津忠良公(日新公)のいろは歌が教えるように
鹿児島が誇りとする西郷さんが教えていたように
敬天愛人の境地に辿り着くための道であるように思います
今我々の多くが学んでいる学問の殆どが
技術や資格のための学問です
もちろん技術や資格はとても大切です
生きる術ですから・・・
でも日本人が培ってきた道や徳の学問を
ないがしろにしては
技術や資格は
絵に書いた餅のようなものです
技術や資格も
日本が教えてきた道の学問
徳の学問の基盤の上に立ってこそ初めて効力を発揮すると思うのです
道や徳のない学問を続けていけば
人類は間違いなく
AIに支配されてしまいます
ではどうしたらよいのか?
大航海時代に西洋社会が
聖書を片手に世界を征服してきたように
今度は我々日本人が
しっかりと日本を学び直して
学んだ日本力を発信するために世界に旅立つ時だと思うのです
世界に学ぶためではなくて
日本を発信するために
人類の平和を願うために
日本の長い歴史の中で培った知恵を
世界に還元する時だと思うのです
世界に学びの舞台を広げていくことだと思うのです
もう一度、今の日本を俯瞰してみて下さい
古里が消えました
美しい田舎に帰りたいという望郷の念もなくなりました
過疎なんて考えもしなかったのに
ゴーストタウンがいたるところに存在しています
地球の財産とも言うべき鹿児島の南北600キロに渡る島々は
過疎に苦しんでいます
多くの大人たちが
子どもたちに模範を示すことができない時代になりました
和も絆も縁も
至る所でズタズタに切り裂かれています
日本の知恵を活かすことができない教育は
日本をダメにするという証です
便利は人間の頭を鈍化します
グローバリズムという魔物は便利が一番と教えます
便利が過ぎると人間がダメになるということが解らないように
忍び寄ってくる魔物です
便利で溢れているインフラに引き寄せられるように
人は都会に群がり
お金や物を神様のように崇拝します
そして都会と田舎を比較して
価値ある世界と価値のない世界に区分し
鹿児島は田舎だ!離島には何もない!と非難し
自然の何が本当に美しいのか
自然とともに生きることがなぜ大切なのかが
理解できなくなってしまったように思います
本当の豊かさや幸せが
理解をできないようになってしまいました
結果として
日本は一億総インフラシンドロームという病気に
侵された社会になってしまいました
日本全国何処に行っても
その所々の豊かさや美しさが見られなくなりました
殆どがみな同じ風景です
四角いコンクリートの建物ばかりです
僕のが望むのは
藁葺や高床の家々、縁側に腰掛けてお茶を飲みながら四季折々の
庭の風景を楽しむ優雅さ、小川の囁きや、野山の緑とモンシロチョウ
白砂青松・・・ディズニーランドの100倍の美しさの風景です
浮世絵に描かれたあの風景です
鹿児島に東京を作っても意味が無いんです
日本にアメリカを作っても意味が無いんです
仮物は果てしなく仮物なんです
鹿児島は鹿児島であってこそ初めて
鹿児島として生きていけると思うのです
日本は日本だから素晴らしいのだと思います
日本が輝くことは世界が輝くこと
僕はそう思います
日本人の品格といいますか民度を上げるといいますか
僕らの生活や文化の程度を高めるにはどうしたらよいのか?
そんな思いが今日のこの日になりました
世界に日本を発信することで
日本のあるべき姿が見えてくると思うのです
本当の豊かさとは何か?
本当の幸せとは何か?
日本力を世界に発信することで
今まで見えなかった何かが
素晴らしい何かが見えてくると思うのです
西洋のバイブルに
「言葉が初めにあった、言葉は神と共にあった、言葉は神であった」
とあります
西洋社会は、言葉を武器に世界の大半を征服しました
日本人にも言霊という言葉の武器がありました
でも
何者かの巧みな陰謀により
言葉の力を取り上げられてしまいました
「男は黙ってサッポロビール」って三船敏郎が唱えていた
コマーシャルが40年位前にありました
沈黙は金でした
僕は日本人の言葉の魂を取り戻したいと思うのです
自分との対話
他人との対話
自然との対話
異文化との対話
全てが日本人の言葉の知恵でした
本日は英語という世界共通語を使って
日本の偉大な道の知恵、徳の知恵を世界中の人々に理解して頂きたく
このような言葉の祭典の舞台となりました。
長い一日とはなりますが
下は16才、上は81才、総勢26名の
学院第42期生の全身全霊をかけた青春のエネルギーを
最後までお楽しみ頂きたいと思います
青春とは求めて止まぬ心であります
ご来場ありがとうございました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の米寿 | トップ | 大東流合気柔術 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。