KONA WIND-南の風- iBS学院長・南 徹ブログ

アメリカ人に英語を教えていた日本人が外語学院を作った。その学院長が、日本を、世界を斬るブログ!!

クワズイモの仏様

2017-07-06 00:00:00 | 日記
屋久島の庭のクワズイモに仏様が顔を出しました
植物の種が芽を出したり
蕾が開いたり
実をつけたりすると
とても愛おしく思えるのはなぜだろうと
クワズイモの仏様に尋ねてみました
「生きとし生けるものは全てつながっているんだよ」
「種が芽を出す時は命の誕生」
「蕾が花を開こうとする時は青春のど真ん中」
「実を結ぶ時は自分の一生を美しく語る時」
「やがて木の実が地に落ちて・・・」
「今度は君のような人間に生まれ変わるかもしれない」
「だから生きとし生けるもの全てが互いに語り合って
解りあって慈しみ合うことが大切なんですよ」
クワズイモの仏様は
延々と僕の一日に語りかけてくれました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藪(やぶ)の中 | トップ | 日本を代表する講演家(中村... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。