♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して65年の
「世の光」を文字で 

■世界への影響力 /岩井基雄

2011年02月18日 | Weblog
2011/2/18放送

 世の光の時間です。お変わりありませんか。岩井基雄です。先月と今月の第三金曜日は聖書の影響力について考えています。

 西暦2000年に月刊誌『ライフ』がミレニアム特集として世界各国の知識人に、過去1000年の間に起きた最大の出来事は何か?と聞いたとき、第一位は、活版印刷術の発明でした。1445年にその時最初に印刷されたのが聖書でした。これによって多くの人が聖書を自分で読めるようになっていきました。

 聖書は世界中に様々な影響を及ぼしました。文化や芸術の分野ではそれは顕著でしょう。多くの文学者たちが聖書から得た多くの知恵をその文学に活かし、聖書のテーマを題材とする名著を残しています。建築でも教会建築は世界中に多くの世界遺産があり、音楽でも作曲家や作詞家が聖書の影響を強く受け、神を讃美する名曲を数多く生み出しました。絵画や彫刻も聖書をモチーフにしているものが溢れています。科学の分野でも、世界の創造の秩序を探り、研究を重ね、様々な宇宙や自然の法則を発見していきました。更に、法律の原点は聖書であるとも言われています。男女平等の思想、人権の思想、平和の思想なども聖書の影響力が強くあるのです。病院や学校、社会的弱者への福祉の働きも、聖書の語る愛が土台であると言われています。愛を届けようとする働きの多くがこの聖書が語る神の愛、イエス・キリストの愛から出ているのですねえ。

 聖書を多くの人が調べ、その歴史的な正しさ、人を正しく導く倫理的な確かさに生かされてきました。聖書は次のような表現で聖書すなわち神のことばの力を表しています。
聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。」新約聖書第二テモテ3章16節、17節

 あなたの心が生かされ、人生が変えられる道が聖書の中にあるのです。

 (PBA制作「世の光」2011.2.18放送でのお話しより)

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書
通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しく
はPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。
こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。
日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。
予約なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。
PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。
問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■幸いな人-悲しんでいる人 /... | トップ | ■手放さないように /山中直義  »