♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して65年の
「世の光」を文字で 

■神の知恵と祝福 / 岩井基雄

2018年01月08日 | Weblog
2017/11/13放送

 世の光の時間です。お元気ですか? 岩井基雄です。月の第二週の月曜日は旧約聖書に登場するヨセフの人生について学んでいます。

 エジプトの王パロ(ファラオ)の前に立ち、パロの夢を解き明かし、その通りに危機への備えを実行したヨセフはエジプトを治める者として才能や賜物を十分に生かします。神は彼に豊かな知恵を与え、エジプトにあって豊かに用いてくださったのです。 ヨセフは自分に与えられ誕生した二人の子に、マナセ、エフライムと名づけます。それはそれぞれ、「忘れる」「実る」という意味をもっていました。それは神が豊かな実りの時をヨセフに与え、これまでの苦しみや憎しみを忘れさせてくださったという恵みの証しでした。ヨセフは自分の高慢さのゆえの苦難をも味わいました。しかしその苦難の中で取り扱われ、忍耐が養われ、神の恵みと愛に生かされ、実を結ぶものとさせいただいたのです。

 私たちをも愛しておられる神様は私たちの人生を取り扱ってくださり、様々な苦悩を通して恵みを与え、その苦悩を祝福に変えてくださるのです。実を結ぶ人生は苦難を通して与えられることを忘れてはなりません。私たちを愛してくださる神様は私たちに敢えて苦難を与え、それに勝る祝福をも豊かに注いでくださるのです。

 7年間の大豊作の時に豊かに備えたヨセフでしたが、いよいよ夢の解き明かしの通りに大飢饉が始まりました。そしてヨセフはその恵みを周りの国々に豊かに注いでいくのです。聖書はこう語っています。
 「ききんが全世界に及んだ。ききんがエジプトの国でひどくなったとき、ヨセフはすべての穀物倉をあけて、エジプトに売った。 また、ききんが全世界にひどくなったので、世界中が穀物を買うために、エジプトのヨセフのところに来た。」 旧約聖書 創世記41章56節、57節。

 地域諸国にも飢饉が及んだ時、ヨセフはすべての穀物蔵を開け、恵みを他の国へも施しました。神様の祝福は人への癒しとなり、その知恵は世界への愛の証となります。世界の貧困や飢えを神は見過ごしになさいません。私たちも苦難の中で神に愛と知恵を求め、この社会や世界の悲しみに神の愛と祝福を届けさせていただきたいと願います。

 PBA制作「世の光」2017.11.13放送でのお話しより)

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。
こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし、日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。
PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■礼拝を中心に生きる / 羽... | トップ | ■キリストの国で / 板倉邦雄 »