♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して65年の
「世の光」を文字で 

■私が復讐する / 福井 誠

2017年08月02日 | Weblog
2017/6/28放送

 いかがお過ごしでしょうか? 福井 誠です。今日のバイブル・メッセージは「私が復讐する」です。 それではエゼキエル書25章14節を読んでみましょう。
 「わたしは、わたしの民イスラエルの手によってエドムに復讐する。わたしの怒りと憤りのままに彼らがエドムに事を行なうとき、エドムは、わたしが復讐するということを知る。

 これまでエゼキエル書はエルサレムを中心とする神のメッセージを直接的にまた比喩的に取上げてきました。それはエルサレムの滅亡を告げるものとなっていますね。

 今日の25章から32章まではエルサレムを囲む周辺諸国に対する預言となっています。アモン、モアブ、エドム、ペリシテ、ツロ、シドンといった周辺諸国に対して語りかけているのです。確かに神はイスラエルだけの神ではなく、全世界を支配しておられる神ですね。イスラエルだけを愛しているのではなくて、全人類を愛しておられる神です。神の目も心も世界の国々に及び、神は口を開かれるのです。

 そしてこの箇所には実は周辺諸国がイスラエルを神の選びの民とは認めず軽蔑していた背景がありますね。そしてバビロン帝国がエルサレムを包囲した時に、彼らはイスラエルを助けようとせず、むしろバビロン帝国の攻撃を助け、更にはどさくさに紛れてエルサレムを略奪した背景があります。正しい神はそのような周辺諸国の横暴を決して許されない、と語っているのがこの箇所ですね。

 実に人間というのは攻められている時には八方塞がり、もう叩かれっ放しでどうにもならないということがあるものです。これは横暴だ、不正だ!、と訴えても、それは取上げられない。復讐心を燃やして復讐したくてもできない。まさに力ずくでねじ伏せられることがあるものですね。

 しかし神はそのような横暴を決して許されません。神は真実で正しいお方です。神は度を過ぎたことを許されないし、度を過ぎたことがなされればそれを取り戻してくださるお方だというのです。不条理な思いに置かれたり、不正の中にねじ伏せられているように感じる時は、そこで腐り切ったりせずに、復讐するは我にあり、と語る神の解決に期待したいものですね。神は真実なお方だ、と信頼して歩ませていただきたいものです。

(PBA制作「世の光」2017.6.28放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。


 

 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■戦争に出ることのできる者 ... | トップ | ■十戒 -自由への励まし- 17... »