♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して65年の
「世の光」を文字で 

■わたしについてきなさい / 関根弘興

2017年08月11日 | Weblog
2017/7/7放送

 世の光の時間です。お元気でお過ごしでしょうか? 関根弘興です。

 私たちは不安定でそして不確かな時代に生きているように思います。そんな中で私たちが自分自身に確信を持って生きていくということはとても難しいことのように思います。
 聖書を読むと、イエス・キリストは「わたしについて来なさい。」(マタイ 4章19節、8章22節、9章9節、16章24節、19章21節他)とか「わたしに従って来なさい。」(ヨハネ 1章43節)と弟子たちを招かれました。「わたしについて来なさい」と招かれるイエス・キリストとはどのようなお方なのでしょう。

 イエス・キリストは自分の在り方をはっきりと知っておられた方なんです。もしあなたがこう尋ねられたらどう答えますか?
 「あなたは誰ですか?」 「はい。私は関根弘興です。」
 「ああ、それはあなたの名前でしょ、名前はいいんですよ。あなたは誰ですか?」 「えー、私はあのー、神奈川県に住んでるんです。」
 「いやそれはあなたの住所でしょ、あなたは一体誰ですか?」 「えー、そーですねー、えー、あのー性格は少し明るいし・・・」 
 「いやいや性格はどうでもいいんですよ。あなたは一体誰ですか? どういう存在ですか? あなたの本質は何ですか?」

 そんな風に問われたら答えに窮してしまうかもしれませんねえ。今日の大きな問題の一つは、自分が分からないということにあると思うんです。自分が一体どういう存在なのだろうか。私は果たして愛される価値があるんだろうか。私はここにいて本当に良いのだろうか。私はどう見られているんだろうか。私はどこから来てどこへ向かっていくんだろうか。ま、考えれば考えるほど自分が分からなくなってしまうことがあるでしょう。

 それではどうしたら確信を持って人生を歩むことができるんでしょうか。それは確信を持って歩まれた方と共に一緒に歩むことなんです。イエス・キリストはご自分の在り方をはっきりと人々に宣言され、こう言われました。

 「わたしはいのちのパンです。」(ヨハネ 6章48節、参照6章35節) またイエス・キリストは「わたしは、世の光です。」(ヨハネ 8章12節、9章5節 )ともおっしゃいました。わたしは人々の心を養い、暗闇を照らす存在なのだ、とイエス・キリストは宣言されたんですねえ。また「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。」(ヨハネ 14章6節)とも言われました。自分の在り方を明確に知っておられたイエス・キリストだからこそ、あなたの人生の道筋を照らし、あなた自身の存在の意味を知らせることができるのです。

 (PBA制作「世の光」2017.7.7放送でのお話しより)

***

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでも、ちょっときてみました、いいですか? と言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■十戒 -自由への励まし 18... | トップ | ■人となられた神の御子 / ... »