♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して65年の
「世の光」を文字で 

■恵み豊かな神によって / 岩井基雄

2017年05月01日 | Weblog
2017/5/1放送

 世の光の時間です。お変わりありませんか? 
 第一週の月曜日は詩篇から学んでいますが、今日は詩篇103篇の8節から11節から、「恵み豊かな神によって」と題して、神を正しく恐れる者の幸いをご一緒に考えましょう。
 早速、聖書をお読みします。
 「主は、あわれみ深く、情け深い。怒るのにおそく、恵み豊かである。
  ・・・
  私たちの罪にしたがって私たちを扱うことをせず、私たちの咎にしたがって私たちに報いることもない。
  天が地上はるかに高いように、御恵みは、主を恐れる者の上に大きい。

      旧約聖書 詩篇103篇8節から11節

 人を赦すことは簡単ではありませんね。人にされたこと、言われたことなど、幾度も心を痛め、怒りや憎しみを増すことが少なくありません。また逆に、自分の犯した失敗や過ちに幾度も苦しめられ、心を痛め、時には悩み、立ち上がれないこともあるのです。人を赦すこと、また人からの赦しを受け取ることは私たちにとってとても重要ですね。

 私たちは私たちを創造し、私たちを愛し生かしてくださっている神に対して多くの罪を犯していることも忘れてはなりません。すべてを御存知で人の心にあることもすべて見通される神様の前には、どんな小さな罪も隠すことができないのです。

 罪深い私たちのすべてを知る神様は、私たちを裁こうとするのではなく私たちを愛しておられ、そしてその罪を赦そうとしていらっしゃいます。多くの罪を犯す私たちに神様は憐れみと恵みを注いでくださいます。「主は、あわれみ深く、情け深い。怒るのにおそく、恵み豊かである。・・・天が地上はるかに高いように、御恵みは、主を恐れる者の上に大きい。」とある通りです。

 神を畏れ自分の罪を認め悔い改める者に神は赦しと祝福を与えてくださり、他の人をも愛し赦すことのできる者へと変えてくださいます。あなたも恵み豊かな神様の赦しと愛を受け取り、その祝福を他の人にも与えることのできる人生へと進み出して行きませんか? 聖書のことば
 「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。
   旧約聖書 イザヤ書 1章18節

 PBA制作「世の光」2017.5.1放送でのお話しより)

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。
こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし、日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。
PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

この記事をはてなブックマークに追加