イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

玉川大、今年も杜の都出場ならず

2016-10-25 08:57:40 | 陸上競技・ランニング
 一昨日のBS日テレ「アスリートの輝石」は、玉川大の女子駅伝に密着。

 玉川大には新潟明訓OGの内山千夏選手がいるので、注目してました。
 内山選手が映ったのは、関東大会で1区3位と好走した場面。

 練習風景でも、下級生が主に映っていました。

 一番注目されていたのが岩崎愛未選手。故障からの復活。
 しかし、レースでは前半のオーバーペースがたたり、脱水症状で後傾姿勢でよろめく状態になり、ふらふらでタスキリレー。
 
 大ブレーキのように映りましたが、区間記録を調べてみたら21分07秒。5.8kmなので、ものすごく悪いということでもないですし、中ブレーキかな。残り200mからの異変ということで、何とかタスキをつなげたのだと思います。

 ロサンゼルスオリンピック女子マラソンのアンデルセン選手が最後の直線でよろめいていたのに、ちょっと似ている気がしました。

 8位中央大学との差は3分06秒。岩崎選手のスローダウンがなくても、たぶん届かなかったでしょう…。9位立教、10位筑波には勝てたかもしれません。
 城西国際大や日大といった有力校も杜の都を逃していて、大学女子駅伝も激しい戦いとなっています。

 他校のメンバーを調べてみると、最低限エントリーメンバー全員が3000m 9分台でないと杜の都駅伝は狙えないようです。
 玉川大の巻き返しに注目します。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沢村賞、ジョンソン | トップ | 国体での活躍⇔暴力事件 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (白鳥座)
2016-10-28 00:33:23
10/29(土)15:00~15:55
BS日テレ「日本一への挑戦 絆が駆ける 全日本大学女子駅伝」
翌日の大学駅伝女王決定戦を前に注目大学・注目選手を紹介
コメントありがとうございます (戌年男)
2016-10-28 03:38:59
>白鳥座さん

コメントどうもありがとうございます。

情報ありがとうございます。

コメントを投稿

陸上競技・ランニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL