イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

ホームベースへのスライディング

2017-06-14 08:52:26 | 野球
 昨日の巨人・ソフトバンク戦。
 4回裏2点目なるかというシーン。
 リプレイ検証となりました。

 2塁ランナー長野が、小林のセンター前ヒットでホームにスライディング。
 判定はセーフ。
 テレビのリプレイでは、解説の山本浩二さんが「微妙ですね」
 タッチの位置が、長野のネームならアウト、数字ならセーフ、それくらいのタイミングでしょうか…。最初は、肩と腰でしたが、何度も何度も同じ映像が流れて、だんだん絞り込まれていきました。

 結局、判定通りセーフ。その場でみている審判の判断はやっぱり重いと思います。
 
 ツーアウトでなければ、たぶん三塁ストップでしょうね。ツーアウトだと打った瞬間スタートできるから。
 そしてスライディング。二塁や三塁は、ベースから離れたらタッチされてしまいますが、ホームベースは滑り抜けてよし。全速力で走ってきて、スライディングするのは難しいこと。プロ選手なら当然でしょうが、打つ、守る以上に「技術」の部分だと思います。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 守秘義務で縛り付け? | トップ | 平成と西暦の混乱、さらに年... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その試合では (ラッキー)
2017-06-14 10:35:01
ソフトバンク長谷川選手の打球がホームランかどうかのリプレイ検証がありましたが、けっきょく判定はホームランとなりました。

そこで長谷川選手がホームベースを踏む際、駆け抜ける感じではなく、一瞬立ち止まって両足でゆっくりとベースに足を置く感じで踏んでいました。

これは「あの一件」が他球団にも伝わっていたということなのでしょうか?
コメントありがとうございます (戌年男)
2017-06-14 11:02:58
>ラッキーさん

 コメントどうもありがとうございます。

 伝わっていたのでしょうね。
 あの一件は、駆け抜けたから踏み越してしまったという感じでしたし。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL