イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

ドーハ世界陸上は別扱い

2017-05-15 20:06:21 | 陸上競技・ランニング
 月刊陸上競技6月号に載っていた、瀬古利彦氏と高岡寿成氏の対談。

 ドーハ世界陸上の取扱いにも触れていました。
 東京オリンピックの選考レースから外した。
 MGCと日程が近くなる。代表が決まったとして1人で他の選手は国内の選考レースに出ないとだめで、それでオリンピックにもというのは無理。
 
 それでいて、
 『世界選手権に出たい選手は、当然狙ってくれていいんです』と瀬古氏は語っていますが、基本的にオリンピックは諦めて、ということでしょう。

 東京世界陸上以前に戻すということか…。
 世界陸上には一線級の選手を送らない、それで通してましたから。

 ローマ世界陸上でワキウリ選手が金メダルをとったことを思い出します。
 ワキウリ選手は、瀬古選手のことより、村尾マネージャーとの関わりを強調していたと思います。
 そういう意識が今でも残っているんじゃないかと感じました。
  
 オリンピックが全て…。地元だからなおさら。
 このところマラソンが低迷しているのは、選考方法に問題があったから。そんな感じを受けますが、選考方法を変えたから、選手はわかりやすくて強くなれる。
 そうなのかな? 強化方法と選考方法はまったく別問題だと思うし、結局実績のある選手を選びたいという、これまた従来の形を表立って表現しただけのように感じます。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MGCレースの出場者が10数人だ... | トップ | 県総体陸上競技の出場リスト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL