イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

「個人的には賛成しかねますが、全力を尽くします」

2016-10-13 11:13:13 | 将棋
 何とも驚きの事態。

 竜王戦の挑戦者が変更になりました。

 三浦弘行九段が挑戦者ということで、先日Eテレの「将棋フォーカス」でも、渡辺明竜王と、それぞれの紹介をしていました。

 日本将棋連盟のHPに、三浦九段が出場しないことになり、規定により丸山忠久九段が挑戦者に繰り上がると。
 挑戦者決定トーナメントの決勝出場者なので。

 丸山忠久九段のコメントがまた強烈。
 『日本将棋連盟の決定には個人的には賛成しかねますが、竜王戦は将棋の最高棋戦ですので全力を尽くします』

 賛成しかねる理由は? そこには何も出ていません。

 スポーツ報知に記事があって、三浦弘行九段が対局中に離席するのは、スマホなどで将棋ソフトを使用する不正をしているのではないかという疑いがあるからと。
 三浦九段は否定。
 疑いをかけられたままでは平常心で臨めないと休場を申し出るも届出がないから、12月31日まで出場停止処分。
 ということが書かれていました。

 将棋ソフトが罪作り? スマホが罪作り?
 疑いが生じる環境になっているという問題。

 NHK杯での解説等を聞いている限り、真面目一徹というイメージの三浦八段。不正をするとは思えないんですが…。

 A級順位戦もどうなるのでしょう? 三浦九段ここまで1勝3敗。その1勝が渡辺竜王戦。休場の間に対局があれば負けという扱いなのでしょうね…。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「相棒」を見られた幸運 | トップ | 元F1ドライバー井出有治 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL