イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

部下の話は「事実」ととらえる

2017-07-11 08:22:47 | Weblog
 昨日のNEWS23、閉会中審査の様子が映りました。

 菅官房長官が、前川氏を「地位に恋々としがみついている」と話したことについて、事実に基づいて述べていることで間違いないと。
 どういう事実かというと、部下が報告してきたと。

 一方で「怪文書」という管さんなのに、部下の話は「事実」ととらえるのは、少々不思議な感じがしました。

 前川氏から直接聞いたならともかく、部下の報告をいつ聞いたのか、部下は前川氏からいつどういう形で、どういう言葉で聞いたのか、その確認がなければ、事実とは言えないように思います。

 前川氏はその経緯は事実と異なると言ってたから、全く食い違っています。
 仮に、菅官房長官の言っていることが事実と異なっていたとわかったとしたら、私は部下を信用してますから、というので自分の責任ではないと、かわせるのだろうと思いました。

 大事なことは第三者立ち会いの下に、記録を残す。それが鉄則と教わってきましたが、やっぱりそうだよなぁとあらためて思いました。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 各駅停車を乗り継いで | トップ | 音の正体はカナブン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL