イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

治安維持法、最初は7条

2017-06-19 18:48:50 | TV・映画
 昨日の週刊報道LIFEで、堤伸輔さんが、治安維持法ができたときには7条だったが、その後の改悪で65条までふくれあがったと話されました。
 改正ではなく改悪という言葉でした。

 以前、丸谷才一著「完本 日本語のために」(新潮文庫)を読んだとき、巻末資料として治安維持法が載っていました。第一条から第七条までしかなくて、そんなに少ない条文だったのか、と思ったのですが、そうではない資料もあって、どういうことなのかと思っていました。
 65条までふくれあがったという話で、わかりました。

 
 また、どなたが話したのかは忘れましたが、創価学会の設立者の牧口常三郎が治安維持法によって検挙され、拘置所内で死去という話も出ました。
 牧口常三郎は柏崎市出身。牧口記念館があります。
 そのことを考えると、現在の公明党はずいぶん変わってしまったんじゃないか。維新と公明が自民党にすり寄り合戦をしている、そんな話だったように思います。
 
 現在の出来事を検討している番組ですが、過去があって現在があると考えれば、過去のことの勉強にもなります。
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小国町の話題が2つ | トップ | 新しいイタグレのベッド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

TV・映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL