イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

ラシツケネ、金メダル

2017-08-13 08:41:35 | 陸上競技・ランニング
 世界陸上、女子走り高跳び。
 ANAのラシツケネ選手が優勝しました。
 2m03はさすが。
 
 これでAuthorised Neutral Athleteのメダルは、金1、銀3。

 競歩に出場する選手もいるから、まだメダルは増えるかもしれません。
 走り幅跳びのクリシナ選手にしても、ラシツケネ選手にしても、競技に最適と思われる体型で、もちろん、クリーンな状態で競技に参加。
 ロシアにはそういう選手が各競技にたくさんいそうに思いますが、組織的なドーピングというのが、ほんとにどういうことだったのか。

 女子走り高跳びの結果をあらためて見ると、メダル争いは厳しいとしても、4位の記録が1m95。日本記録は1m96。2001年今井美希選手。それ以前の日本記録は佐藤恵選手の1m95。1987年。30年前のレベルで現在でも入賞争いができるという、じゃあ、今は一体どうなっちゃっているのでしょう?

 佐藤恵選手はバルセロナオリンピックで7位入賞。
 1m87の中学記録、1m90の高校記録は今も健在。

 足の長い日本人が増えているんだから、走り高跳びに適する選手が増えてもいいと思うんだけれど、そう簡単ではないようです。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広島・西川の一発 | トップ | 38秒04では物足りなく感じる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陸上競技・ランニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL