イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

直江津駅でのホーム転落事故例

2017-05-03 20:07:57 | 雑感
 「視覚障害」5月号に駅ホームでの転落事故の記事がありました。
 集中連載の2回目。

 事故例がいくつか載っていて、信越本線直江津駅での事例も出ていました。
 2008年2月。9年前。記憶はありません。
 転落時に右手首骨折の怪我を負ってますが、別の列車が入ってきたとか、そういうケースではないので、報道されなかったかもしれません。
 
 盲導犬と一緒だったけれど、いつもの車両と違う所から下車したら、盲導犬が階段を見つけられなくて、ガイドできず。
 自分の判断で歩いていたら、待合室を他の列車と勘違いして、進むべき方向と90度違ってしまって、ホームに転落。

 援助依頼をするにも、他に人がいなかった。わかります…。
 盲導犬利用ということで、白杖は持っていなかった。
 
 ホームドアの設置が、転落を防ぐ最善策だとしても、すぐにはできないのも現実。

 援助依頼をどうするかというのと、視覚障害者側の歩行技術の向上。
 そういう課題を地道に克服していく必要ありということでしょう。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スパークリング清酒 | トップ | 男子砲丸投げ、中村太地18m55 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL