イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

教育を受ける権利、受けさせる義務

2017-05-11 08:31:50 | Weblog
 安倍総理が憲法改正のメッセージで、9条と高等教育無償化のことを語っていました。

 義務教育が無償なのは憲法26条。
 教育を受ける権利と、『保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ』
 
 子供たちは教育を受ける権利があって、親は受けさせる義務を負う。
 親が経済的に苦しくて子どもを働かせるしかないという事情を訴えたとしても『義務教育は、これを無償とする』ということで、小中6年間の義務教育。

 憲法改正で高等教育無償化というのは、義務教育年限を伸ばす?
 でも、中学校を卒業したら、もう学校に行きたくないとか、行く必要がないという生き方もあるわけで、そういう人にとっては、無償化は不公平になる?

 公立高校の授業料免除は私が高校生の頃にすでにありました。
 もちろん、免除されるための理由が必要でしたが。
 同様に国立大学も授業料免除の制度はありました。
 それらの対処は今はどうなのでしょう?
 
 ちょっと憲法改正とは違うような気がするんだけれど、よくわからないことです。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呂比須氏を選んだ理由 | トップ | いしだあゆみ「砂漠のような... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL