イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

消費税5%による平成不況のレポート

2016-12-13 16:55:14 | TV・映画
 今日の午前中、BS-TBSで窓際太郎シリーズをやっていました。
 第2作で、1999年の作品。

 金沢東税務署に研修に行った際、世話係を命じられた女性署員(松本麻希)が、
 「消費税5%による平成不況のレポートも今週が締切で、どうするんですか」と、統括官に迷惑だと、食いつきました。

 だいたいみんな迷惑がる、そういうパターンなんだけれど、そうか!と思ったのが、
 「消費税5%による平成不況」
 そうだったのか、と思いました。

 消費税が5%に引き上げられたのは1997年4月1日。
 ドラマの中の話とはいえ、やっぱり経済活動への影響は大きかったから、セリフになるのでしょう。

 消費税導入は1989年4月1日。
 その時点で、現在問題点とされていることはみな指摘されているようですが、物品税が廃止されるという点で、反対を押し切れたのでしょうか。あるいは、収入面でだんだん増えていくんだからという期待があった時代とも言えそう。

 最初は3%でも、いずれ上がっていくんだというのも言われてましたね。

 ドラマとしては、松本麻希さんがさんざんバカにしていた窓辺さん(小林稔侍)が、実は国税庁の陰の調査員と知って詫びるシーン、そこが見どころで、ちょっと惚れちゃってる感も素敵でした。毎度のパターンとはいえ、まだ2作目ですから、より丁寧な感じもしました。

 面白かったです。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎日スポーツ人賞、ベストア... | トップ | 宅配便の配達状況 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

TV・映画」カテゴリの最新記事