イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

ポケットに手を入れたままで抗議

2017-04-19 10:24:09 | 野球
 昨日の巨人・ヤクルト戦。

 ヤクルト・真中監督が抗議に出てきた場面。
 8回裏、ショートゴロでアウトに見えたけれど判定はセーフ。
 BS日テレの中継では、解説の水野雄仁さんが、捕球時に足が離れたのでしょうと。

 その時の、真中監督の姿勢。両手をウインドブレーカーのポケットに入れていました。

 一般的には、よろしくない態度と言われると思います。
 抗議するんだから、姿勢がいい方がいいんじゃないかと思ったけれど、全く逆なのかと。

 手をポケットに入れてたら、審判に対して暴行をふるって退場、という事態にはならない、ということで。
 お腹をぐいぐい突き出して、なんていう監督がいたような気もしますが、殴らないまでもこぶしを振り上げたとしても、危険行為とみなされたりするのかも。

 自制の意味もあって、手はポッケに入れておこう、というのが抗議の基本姿勢なのかも。
 今後も抗議場面の時に、ちょっと気をつけて見てみようと思います。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出だしと終盤が同じくらいの... | トップ | さえぎる物がない所の強風 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL