イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

1999年、EV走行と視覚障害者

2016-10-19 08:39:36 | 雑感
 ハイブリッド車やEV車に走行音装置を義務化すると言ってますが、視覚障害者に関する懸念としては、早くから問題となってはいました。

 私自身、1999年に地元紙の文芸欄に出したことがあり、掲載されました。


 全盲の少女が白杖歩行をしていた時に、交通事故に遭った。
 いつもは、「エンジン音で車種がわかる」というくらいに聴覚を活用しているのに。
 それがなぜ?
 「だって、ハイブリッド車がモーター走行してた…」というオチ。

 フィクションではありますが、プリウスが1997年12月に登場し、実際にEV走行が可能になっていました。

 
 そんなこともあって、掲載されたのかなぁと思ったのですが、初代プリウスが特別な存在というのか、たくさん売れる状況ではなく、あまり問題になりませんでした。
 
 2代目以降、販売台数が伸びて、他メーカーからもハイブリッド車が出て、何度か気付きにくいと問題指摘されてたのに、義務化というのは今回まで持ち越しでした。

 何より、安全第一。運転手の方も、歩行者の側も十分気をつけねばなりません。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三浦弘行九段の言い分 | トップ | 朝の空は素敵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL