イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

旭化成のケニア人選手

2017-05-16 08:27:52 | 陸上競技・ランニング
 旭化成陸上部に加わったケニア人選手。
 同チームのHPに掲載されたことをコメントで教えてもらいました。

 4月9日付朝日新聞デジタルに、2人とも今年の香川丸亀国際ハーフマラソンを走ったと報じられていました。
 その時の4位と8位の選手です。

 4位だったのが、Abraham Kapsis Kipyatich アブラハム キャプシス キプヤティチ選手。
 8位だったのが、Kenneth Kiprop Kipkemoi ケネス キプロプ キプケモイ選手。 

 戦績欄で記録を見るとキプケモイ選手は、日本人選手を寄せつけないレベル。キプヤティチ選手は、日本人選手トップレベル。
 駅伝のインターナショナル区間を担当することになるのでしょうが、これから夏を越して、どんな状態に仕上がるのか。
 
 選手は全部で24人となって、駅伝で考えれば、日本人選手の出場は6人となるはずで、22人の中から6人。チーム内競争がすごいことになりそう。
 マラソン組とトラック・駅伝組が明確にわかれるのかもしれませんが、今年のニューイヤー駅伝を考えると、マラソンも走るし駅伝も走るという選手がほとんどで、やっぱり両立を目指すのでしょう。

 世界陸上のマラソン代表には誰も入らなかったので、トラックで複数選手が代表になるのを期待しています。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨人、乾と中川登録抹消 | トップ | ward→区 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-05-23 05:04:46
外国人選手を2人登用したとしても、ニューイヤー出場できるのは1人だけなんですよね。
Unknown (Unknown)
2017-05-23 05:13:37
東京オリンピック以降もマラソンは続くわけですから、ドーハ世界陸上だって2021年以降につながっていく世界大会。

「東京オリンピックだけが競技人生のすべてではない」
「自分はドーハ世界陸上で日本代表として走りたい」

と、自らドーハを希望する勇気あるランナーが名乗り出てきてほしいです。
コメントありがとうございます (戌年男)
2017-05-23 08:21:14
>Unknownさん

 コメントどうもありがとうございます。

 ニューイヤー駅伝は、2区のインターナショナル区間しか外国人選手を起用できないので、どちらか1人ですね。
 万一の故障に備えるとか、調子のいい選手を起用するとか、他チームも複数選手を擁しているチーム増えてきました。

 
コメントありがとうございます (戌年男)
2017-05-23 08:24:16
>Unknownさん

 コメントどうもありがとうございます。

 東京オリンピック以降を目指す選手、大いに期待したいです。
 ドーハも暑いレースになるのでしょうから、スピードよりスタミナ・粘りが信条という選手が希望してくれるのではないかと思ってます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL