イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

柏崎市、刈羽村では森氏の得票が多い

2016-10-19 11:15:31 | Weblog
 地元紙に、県知事選の得票数が市町村別に出ていました。
 米山氏と森氏の比較。

 森氏が市長を務めていた長岡で森氏の票が多いのはわかるけれど、思ったより差が小さいです。
 米山氏が約6万2千票、森氏が約7万2千票。
 市長だったんだから支援しようという単純なものではないのでしょう。

 新潟市の篠田市長も森氏を応援していて落選が残念とコメント出ていたけれど、新潟市長選を考えれば篠田氏の得票数より、他の候補者の合計得票数が多かったわけで、篠田氏が応援しない候補が票を伸ばすのは当然なのかも…。

 三条市も市長が泉田県政を批判する立場でたくさんコメントしていたけれど(地元紙等)、米山氏の得票が多いです。

 原発立地自治体の柏崎市と刈羽村では森氏の得票が多いです。
 柏崎市では「米山氏46:54森氏」の割合ですが、刈羽村では38:62と差が開いてます。
 これから、どちらも首長選があるので、立候補を表明している人たちがこの数字をどう見るのか(柏崎市長選は2人表明。刈羽村はまだ誰も手を上げず)。

 4人の候補者がいたけれど、記事には2人だけの比較でした。
 他の2人がどの市町村でどれくらい得票したのか、出して欲しいけど。そのうち一覧が出るのかな。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おさまるところにおさまった? | トップ | J1残留争い、カード的にはヴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL