イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

世界陸上マラソン「実業団から3選手」の紹介

2017-04-20 09:15:59 | 陸上競技・ランニング
 月刊陸上競技5月号、実業団情報のページに、
 『2017世界選手権マラソン代表 実業団選手が3名決定!』という見出しがありました。

 井上大仁(MHPS)
 中本健太郎(安川電機)
 重友梨佐(天満屋)

代表は全部で6人だから、あとは学連だっけ? なんていううっかりした思いも浮かびましたが、違います。
 実業団非登録の社会人選手たち。
 川内優輝(埼玉県庁)
 安藤友香(スズキ浜松AC)
 清田真央(スズキ浜松AC)

 こちらの3選手の記事もありましたが、実業団登録してないことに関する記述はありませんでした。
 
 実業団登録をしないことのデメリットはあるのか? 実業団主催の大会に出場できないけれど、それはたぶんデメリットではないのでしょう。
 マラソンでいえば、安藤友香選手が実業団選手なら1000万円の奨励金を得られた記録を出したという、そういう点での違いはあります。
 月刊陸上競技が実業団、学連、高体連、中体連の機関誌でもあるから、実業団に入ってないことを書きにくいかもしれません。


 日本実業団陸上競技連合のHPに登録規定が載っていて、個人登録も可能。
 川内優輝選手もそれを承知の上で、実業団登録してないのだと思います。

 プロ、アマというのともまた違うし、いろいろ重要ポイントあると思うのだけれど、実情がどうなのか、よくわからない部分です。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池田駿、初ホールド | トップ | 「速さと強さを兼ね備え、か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL