イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

信越駅伝のピンバッジ

2016-10-15 11:39:16 | 陸上競技・ランニング
 妻の同僚の息子さんが県縦断を走るという話を聞いて、さらに出場区間が2区というので、とても懐かしく思いました。

 1区から2区の中継点では、何度もお手伝いに行ったから。いわゆる競技役員というもの。
 何か記念の品があったように思っていたけれど、それらしきネクタイピンはあったものの、大会名の記入がなくてはっきりせず。

 その代わり的に「信越駅伝」のピンバッジが見つかりました。
 こちらは大会名が入っているし、裏面には開催年も書かれています。

 出場選手に参加賞というのか、記念章というのか、渡されたのではないでしょうか。
 役員には記念品? 日当代わり? 

 向かって左から1988年、1989年、1991年、1992年、1993年


 あの頃の中継点は、かなりの緊張感。計時ミスがあったらすべておしまいですから。
 選手の前に時計車がやってきて、親時計に合わせます。
 選手の通過順位と通過時刻を用紙に記入し、最終ランナーのあとにやってくる集計係に渡します。
 それをもとに区間記録を計算し、区間賞が決まり、あるいは繰り上げがあると、総合順位も計算しないとわかりません。

 今は、自動計測だから、選手呼び出し等緊張感はあるとしても、記録のミスというのは想定しないでしょうから、楽といえば楽でしょうし、張り合いがないとも言えるかな…。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中央大44秒差の11位 | トップ | 上越、見附、1分15秒差 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL