イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

避難情報の伝達

2017-07-18 08:31:24 | Weblog
 昨日のニュース7で、九州北部の豪雨の時に、全く情報を得られなかったという地区の方が話をしていました。

 自治体の防災関連の通信手段は崖崩れの影響でだめ。停電してテレビもだめ。ラジオもだめと言ってたように思いますが、乾電池式のものがなければ停電だとだめ。
 ネット関連がどうだったのかわかりませんが、使わない人もいます。

 災害時は、通常の伝達手段が使えなくなる可能性大。
 緊急時に一番必要な情報伝達が使えないというのでは、意味がないんだけれど、各自治体が隅々にまで連絡システムを作れるものなのか。

 そして、そういう実態を把握し、どのタイミングで避難勧告等を出せばいいのか。
 出たとこ勝負というか、災害が起きてみて、はじめて問題がわかるという、そんな現状のようで、心許ないというのか、まずは自分のことは自分で何とかしようということなのか。

 万一への備えというのは、万一がなければ不要になるでしょうし、経済優先で考えると充実させにくいということか…。
ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 将棋フォーカスの司会者対決 | トップ | コンピューターは体力が無限... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL