イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

土俵の力士より、客席の藤井聡太四段

2017-07-12 18:32:20 | その他のスポーツ
 大相撲名古屋場所。
 中入り後最初の取り組みは、佐田の海と千代丸。

 制限時間いっぱいで、普通は静かになるのに、ざわざわ。
 何が起きたのか? 放送席でも何か起きたようです、とは言ったけれど、そのまま取り組みとなりました。

 千代丸が勝って「土俵の取り組みを見ていた人はほとんどいなかったんじゃないか」という何とも大相撲観戦らしからぬ状況に。
 
 カメラがとらえたのは、藤井聡太四段でした。
 席は師匠の杉本昌孝七段のものだと。

 どの場面で入場されたのかわかりませんが、おそらく中入り後に合わせたんじゃないかと思います。
 現状、幕内下位の取り組みを見るより、藤井四段を見たいという、あるいはどうしたの、どうしたの…という集団心理というのか、でも、立ち合いの時には静かにしましょうというのは守った方がいいんじゃないかと思いました。
 力士は集中していて気にならないのかな?
ジャンル:
相撲
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤井聡太四段、加古川青流戦... | トップ | 場内で見ている人にはわから... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (こんな記事が。)
2017-07-13 04:25:31
こんな記事が。
http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20170712-OHT1T50242.html
コメントありがとうございます (戌年男)
2017-07-13 08:22:40
>こんな記事が。さん

 コメントどうもありがとうございます。

 プロデビューから1年も経たないのに、横綱と話ができるなんて、やはり別格な感じがします。

コメントを投稿

その他のスポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL