イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

主役とはピンチに陥るもの

2017-03-21 20:05:37 | TV・映画
 「スリル! 黒の章」も、一昨日で最終回となりました。

 白井弁護士(山本耕史)は、4回とも危ない場面に陥って、だからこそ主役?
 タイトルが「スリル!」なんだから、危なくなければスリルもない…。

 もうちょっとかっこよくてもいいんじゃないという感想は持ちました。
 赤の章の中野瞳(小松菜奈)は、素敵に描かれていたから。

 そこが、それぞれ主役となる人物のキャラクターが違うからなのか、それとも単に脚本を書く人の持ち味が違う?
 
 4回じゃもったいない、物足りないと感じるけれど、赤と黒を合わせれば8回だから、今時だと普通かな。

 第2弾というのができることを期待します。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1989年、2002年の東京都区分地図 | トップ | 日の丸弁当で克己心 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL