イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

走り高跳びの選手寿命

2016-10-12 11:12:19 | 陸上競技・ランニング
 岩手国体の陸上競技。
 成年女子走り高跳びの優勝は福本幸選手。
 中学時代から全国レベルで活躍していて、もうずいぶん長いです。
 1977年1月生まれ。今年度に不惑を迎える学年。

 野球で言えば赤星選手や二岡選手、城島選手の学年。巨人の相川捕手が現役。
 今季だと福原投手の引退が残念ですが、1976年12月生まれ。

 陸上競技だと、東洋大の酒井俊幸監督、土佐礼子さん、大崎悟史さん、藤田敦史さん、千葉真子さんらの学年。跳躍だと花岡麻帆さんがいます。

 もちろん、まだまだ若い!と言える方々ですが、現役となると話は別。

 福本幸選手の優勝記録は1m75。キープしてますね。
 マスターズのレベルで、どのあたり?

 WMAのHPで調べたら、やっぱり世界はすごい!でした。
 W35は2m01、W40で1m87です。
 福本選手の記録は現在ではW35のクラスだから、それだと遙かにおよばず。
 年が明けて、W40のクラスに入れば、世界記録のチャンスある? さすがに1m87は、難しいか…。

 マスターズの記録を見る限り、35歳までは世界の舞台で活躍できそうです。
 パワー系だとしても、技術や経験が物をいう部分が大きいのだろうと思います。
『陸上競技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広島・巨人だったら中継あり? | トップ | ウィリー・メイズの「ザ・キ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL