イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

普及活動は最小限で

2016-11-07 08:46:24 | 将棋
 昨日のNHK杯テレビ将棋トーナメント。
 丸山忠久九段と村山慈明七段の対戦。

 解説は深浦康市九段。

 棋士の仕事は「普及活動と対局」という話、印象的でした。
 というのは、丸山九段は普及活動を最小限にとどめて、研究等に時間を使っていると。
 「収入面では下がってしまうけれど」と。

 収入のために普及活動をしているのかどうかは、微妙なところでしょうが、生活を維持するためには収入は必要。
 
 ちょっと棋士の現実面が垣間見られたようにも思いました。

 対局は村山七段がうまく指して、勝ちました。
 連覇に向けて順調という感じでした。
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50点ラインの攻防で帝京長岡優勝 | トップ | 誰にも投票したくない? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL