イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

見えるところだけきれいにしておく

2016-10-19 09:37:43 | TV・映画
 先日BS-TBS「高島礼子 日本の古都」で、篤姫・和宮を取り上げていて、和宮が江戸へ向かう時の行列についても詳しく話されました。

 中山道を使ったと。

 皇女が通るんだから失礼がないようにと、街道沿いの建物をきれいにせよと。
 費用もかかるし、期間も必要。
 ならばと、見えるところだけ立派にして、奥の方はそのままにとか。

 うまい方法というか、現代まで延々と続いているのかも、その考え方。

 計画さえ立派に見せておけば、あとは野となれ山となれ。
 盛り土もそうかな…。見えないからばれないよ…とか。

 化粧はちょっと違うとは思うけれど、見た目ではきれいな女性なんだけれど、演じているのは男性という、そういう世界もあります。

 箱物行政というのはたいていそうか…。外見は立派なんだけれど、中味が伴わない。維持費ばかりがかかる。
 
 そうとは限りませんね。
 「見えないところまで丁寧に作り込んであります」という製品はあるはずです。
 「見た目じゃないよ、中味だよ」というのもありますね。製品とは限らず、人物でも。

 外見、外観にだまされないように…。
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本語書かれていて左ハンドル | トップ | おさまるところにおさまった? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL