イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

入門時に平手で師匠を負かす

2017-05-15 08:41:52 | 将棋
 昨日のNHK杯テレビ将棋トーナメント。
 藤井聡太四段登場。
 千田翔太六段との対戦。
 解説は藤井四段の師匠、杉本昌隆七段。

 入門のきっかけを藤田綾女流に聞かれて、奨励会に入りたいとお母さんと一緒にやってきたという話をしていました。
 練習将棋に関しては、入門前から指していて、2枚落ちから始めて、入門時には平手で指したと。
 師匠を負かしたそうです。「油断したわけでも手加減したわけでもない」と。
 
 小学4年でプロ棋士に勝つか!!と驚きでもあるけれど、それはわずか5年前の話で、奨励会を一気に駆け抜けたこと、そして現在の連勝を思えば、それくらいの実力があって当然だったのかもしれません。
 いわゆる早熟タイプなのでしょうが、そのまま長く活躍するケースもあるし、そうでない場合もあります。
 どっちになるか、先の長い楽しみです。
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツツジと新緑と遠くの山並み | トップ | 木村草太さんの9条改正発言解説 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL