イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

「夜伽を命じられたことはおありですか」

2016-09-18 09:08:20 | 
 週刊新潮の連載小説「この世の春」(宮部みゆき)

 今週号の中で、
 「これまで重興様の身辺にお仕えし、夜伽を命じられたことはおありですか」という質問がありました。

 夜伽(よとぎ)、今は使わない言葉だと思います。
 時代劇か大河ドラマかで、津川雅彦さんがそんなセリフを言ったことあるような気もするのですが、定かではありません。

 デジタル大辞泉をみると3項目出ていますが、2つめの
 <女が男の意に従って夜の共寝をすること>
 というのが、この小説の中ではぴったり該当でしょう。

 男の意に従って、というのも「身辺にお仕えし」の部分とぴったり一致すると思います。

 男女の上下関係ではなく、身分の上下関係と読み取れますが、深く考えれば、男女の上下関係かもしれません。

 今週号の内容は、かなり寝所に伴うものです。
 子どもの頃に、今で言うなら「性的虐待」を受けてます。殿になるべき人が。
 
 宮部作品、深いところをえぐってきます。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 六大学野球25度目のノーヒッ... | トップ | 青海中・永井大vs直江津東中・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL