イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

今日は内湯

2017-11-16 19:47:20 | 雑感
 今朝まで、コンクリートの土間が見えていた浴室。
 午前中にバスタブが入り、壁が張られ、そして夕方には使える状態となりました。

 まだ、出入り口の壊した部分が残っているので、明日の作業もあるんだけれど、試運転で湯を張ってもらったから、そのまま保温も確かめて、それならば湯につかってもいいでしょう、ということになりました。

 日曜以来の内湯です。

 作業の間、ずっと家にいるというのは、ちょっと大変だったけれど、ずっと雨降りで走りに出られないのがむしろよかったと考えて、湯につかろうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畔上和弥選手とクロスカントリースキー

2017-11-16 18:46:57 | 陸上競技・ランニング
 月刊陸上競技12月号で、箱根予選会の記事を読んでいたら、畔上和弥選手は中学時代はクロスカントリースキーで活躍したと書いてありました。
 
 調べてみたら、中2で全中のリレー優勝。中3では個人5kmフリーで5位。
 妙高高原中です。

 新潟県は距離王国と自称していて、上越地区と中越地区が特に強いです。
 中学駅伝で活躍する学校と、クロカンスキーで活躍する学校がかなり重なります。

 畔上選手は関根学園で陸上競技に。
 
 3年前、小千谷中が全中駅伝で2位になり、そのメンバーは距離スキーを続けた選手と、陸上競技専念の選手にわかれました。

 日本の選手が長距離・マラソンで活躍するために、クロカンスキーをどんどん取り入れたらいいのではないかと思うんだけれど、現実問題クロカンスキーのシーズンにロードレースもたくさんあって、掛け持ちというのは難しいでしょう。
 
 掛け持ちでなくてもいいから、練習にうまく組み込めるといいのにと思います。
 実際、畔上選手はじめクロカンスキー経験者で長距離・マラソンで活躍する選手は多いから、もう強化がうまくいっているとも言えるのかな?
 テレビでの紹介が一番多かったのは、野尻あずさ選手だと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

安倍総理とトランプ大統領の共通点

2017-11-16 18:38:00 | Weblog
 週刊朝日の書評欄に「斎藤美奈子 今週の名言奇言」というコーナーがあります。

 今週取り上げられたのは「しかたない帝国」(高橋純子)

 その中に、
 『安倍首相とトランプ大統領の共通点は人を「嗤う」点だと喝破して<嗤われたら笑い返せ>とけしかける』という一文がありました。
 
 「嗤う」が読めませんでした。
 漢和辞典で調べて「わらう」という読みだとわかりました。
 「あざわらう」という読みかと思ったのですが、その場合は「嘲う」の漢字がありました。

 「嗤う」の意味は「さげすみわらう」 「嘲う」とはニュアンスが違いますね。
 熟語としては「嗤侮(しぶ)」と「嗤笑(ししょう)」と「嗤詆(してい)」が出ていました。
 嗤笑だけATOKで変換できました。
 意味はそれぞれ「あざけり。ばかにする」「あざけり笑う」「あざ笑いののしる」

 漢字の勉強になってよかったけれど、首脳の共通点が「人を嗤う点」というのは、ずいぶんな話だと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

主催者が訂正したのか…

2017-11-16 11:36:39 | 陸上競技・ランニング
 地元紙に、新発田女子マラソンで優勝した、田中千洋選手の所属が「アスレチックRC」ではなく、「アスレックRC」という訂正記事が出ていました。

 主催者が訂正したと出ているのですが、そうなのかなぁ…。

 主催者は新潟陸上競技協会と新発田市。
 主管が新発田市陸上競技協会。

 新潟陸協のHPにも、新発田陸協のHPにも、大会結果がPDFファイルで載っていて、田中千洋選手の所属はアスレックRCになっています。

 今どきですから、大会結果の報告はそのファイルを使うのではないかと思うけど。つまり、主催者がアスレチックRCと伝えるとは考えにくい…。

 誤植とも違うし、新聞社側のミスではないんですよ、ということなのでしょうが、どうもちょっとあやしいよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男女二人の間柄

2017-11-16 11:25:35 | 雑感
 昨日、聖籠町のざぶーんに行って、フロントにロッカーの鍵を返す時、手前にあった山菜おこわがおいしそうで二つ買いました。

 フロントの方に「一緒の袋でいいですか?」と聞かれて、「はい」と答えました。

 帰り道、妻にその時のことを聞いたら、なんとも思わなかったというのですが、「別々にしてください」という答えだったら「この二人はどういう関係なんだろう?」と思われるんじゃないかと。

 仮にその場で「どう見たって夫婦でしょ」と言ったとしたら、係の人は「顔が似てなかったもので」と答える? そんなバカな…、兄弟や親子じゃあるまいし…。

 真面目に考えてみると、例えば地元の方が(聖籠町の方はいつも半額のようです)、近所の人たちで誘いあって温泉に行くというのがあって、車は相乗り。帰りにおこわを買っていく。だから、袋は別々に、そういうケースがあるのかなぁと。
 
 不倫カップルと思われた可能性は? ありません。その場合は、ちょっとは着飾っているでしょう…。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スイフト3度目のRJCカーオブザイヤー

2017-11-16 11:15:47 | 自動車
 スイフトがRJCカーオブザイヤーに選ばれました。
 これがスイフトとしては3度目。

 2006年次、2011年次、そして今回2018年次。
 5年、7年と間隔が広がってますが、デビューを調べてみたら、
 2代目 2004年11月
 3代目 2010年8月
 4代目 2016年12月

 この点では、6年間隔で同じです。

 スイフトスポーツが受賞理由かと思ったら、ハイブリッドへの評価もあったようです。安価に購入できるとか。

 今までRJCカーオブザイヤーにはあまり関心がなかったのですが、ソリオに乗り換えたこともあり、スイフトの受賞がことのほか嬉しく感じられました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大相撲力士とプロ野球選手の違い

2017-11-16 10:57:02 | その他のスポーツ
 日馬富士の休場に関連する報道は、横綱ゆえということもあるのでしょうが、とても大きなこととなっていて、昨日のニュース7では菅官房長官までコメントしてました。

 思えば、山口俊投手が、予告先発の日に突然先発変更となり事件が報道されて、衝撃度はもっと大きかったように思います。
 特に、外部の方に対しての暴力行為であり、器物破損というのもありました。

 巨人が隠したということでもないし、処分は厳しすぎるのではないかという選手会からの意見も正式に出されました。

 日馬富士の場合は、力士同志であり、事件が起きてからの経過というのも、不可解な部分があります。

 「品格」という言葉は、力士に求められるというのではなく、横綱に求められるのでしょうが、その点でも球界の盟主を自認し、「常に紳士たれ」と選手に言っている巨人のFA移籍投手ですから、立場的には共通する部分があると思います。
 
 もちろん、今シーズンの登板がなくなるという、厳しい処分を受けたわけで、山口投手にとって甘いものは何もないんだけれど、報道としては、今回の日馬富士に関することに比べたらかなり小さい扱いだったように思います。

 やっぱり大相撲は特別なのか…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

備前福岡と黒田如水

2017-11-16 09:34:23 | 
 週刊朝日の連載小説「涅槃」(垣根涼介)。

 福岡という地名は最初から出てきていたんだけれど、福岡市とは違っていて、備前福岡とも書かれていて、岡山県なんだろうと思いながら、岡山に福岡があるの?という思いで読んでいました。

 今週号で、その成り立ちが書かれていました。
 黒田如水と備前福岡につながりがあり、関ヶ原の合戦後筑前国五十二万石となり、その時に福岡と改名。それが福岡県、あるいは福岡市につながっていると。
 だから、もとは備前福岡と考えていいようですが、現在は?

 長船町福岡という大字名となっているようです。「おさふねちょう」。
 
 歴史の面白さを教えてもらえるいいエピソードでした。
 小説内でも、『が、ひとまずそれは措く』と、本題に戻っていくのですが、そういう挿入、とても好きです。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「春一番」「君よ抱かれて熱くなれ」

2017-11-16 09:25:09 | TV・映画
 BS12で放送しているドラマ「明日がござる」

 昨日の放送で、パチンコ店のBGMに、「春一番」(キャンディーズ)と「君よ抱かれて熱くなれ」(西城秀樹)。
 何だか、ぐっと現在に近づいた感じもしましたが、紛れもなく41年前のヒット曲です。

 「春一番」は1976年3月1日発売。「君よ抱かれて熱くなれ」は同年2月25日発売。

 その他にも、パチンコ店が映る時には、だいたいBGMが流れているんだけれど、わからないなぁという曲もあります。
 
 昨日の2曲に関しては、キャンディーズ=全員集合、西城秀樹=寺内貫太郎一家というTBSつながりを連想させるものでもありました。
 3月の終わり頃というドラマの設定で、ドンピシャ新曲であり、またパチンコ店のBGMとしても、何か出玉がざくざくという雰囲気作りにもいいと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミッツ・マングローブさんの外交観察

2017-11-16 09:13:52 | 
 週刊朝日の連載「アイドルを性せ!」(ミッツ・マングローブ)。
 「性せ」は「さがせ」というふりがなです。

 いつもはアイドルに関することを話題にしているのですが、今週号はトランプ大統領来日に関することでした。

 これがまたすごい観察力。そして文才も素晴らしいです。
 
 『安倍さんもうメロメロ』なんて表現、うますぎます。
何にメロメロか? トランプ大統領の『ジゴロ加減に』です。

 『得てして外交なんてものは、まさに色恋のかけひき』というのも、なるほどです。

 中国はトランプ大統領にとって『身持ちの堅い本命』、日本は『都合のよい二号さん』
 
 安倍総理への期待は『最後は遺産をいちばん分捕っていく愛人』になれるよう頑張って頂きたいと。

 全文、隙なし。傑作の1頁だと思いました。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加