イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

北陸実業団駅伝3チーム参加、2チーム全日本

2017-11-13 20:50:23 | 陸上競技・ランニング
 19日に中部・北陸実業団駅伝が行われます。
 レースとしては一緒で、順位は中部と北陸で別。

 北陸からは3チーム参加。YKK、セキノ興産、高田自衛隊。
 重川材木店は出場しません。HPのメンバー紹介では4選手。駅伝は組めません。
 ニューイヤー駅伝出場枠を2つ持っているので、2/3の確率です。もちろん、数学でいう、同様に確からしいという部分がないので、例えばYKKのニューイヤー出場確率は、かなり100に近いのではないかと思います。

 新潟県内の実業団チームが活況を呈してきたと思っていたのに、ちょっと下火になってきた?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「御館様はおなごを好まんのか、そなたを好まんのか」

2017-11-13 20:41:30 | TV・映画
 日曜のお昼、BSプレミアムで放送している大河ドラマ「風林火山」

 昨日の放送で、直江実綱(西岡德馬)が娘の浪(占部房子)に、
 「御館様はおなごを好まんのか、それともそなたを好まんのか…」と。
 景虎の侍女となり、夜も一緒に過ごしてもらうはずなのに…。
 「浪、そなた見るたびに色香が抜け落ちておるぞよ」とまぁ、父親が娘に言うか?という発言ですが、実綱としては、そのために送り込んだのでしょうから。

 これ、上杉謙信の核心に迫る部分でもあります。GACKT謙信ではなく、史実上での謙信。なぜ生涯独身だったのか。おなごを好まないという説もあるでしょうし、不犯を守ったというのもあるでしょうし。いろいろと。

 勘助を解放するにあたっては、
 「この景虎を知りたければ、いつでも自ら訪ねてまいれ。この景虎に隠すものは何もない」
 最近の政治家に聞いてもらいたい一言です。
 敵の大将にそう伝えよというのですから。もちろん、勘助は晴信のことをおくびにも出しませんが、見抜かれています。

 一昨日の「諸説あり!」で、川中島の第4次合戦、一騎打ちがあったと言われるあの合戦。どっちが勝ったのか?
 伊東潤さんが「謙信と信玄では、戦に対する価値観が全く違っているから、それぞれが勝ったと思っている」と。

 信玄が亡くなる前に、勝頼に「もし困ったことが起きたら、謙信を頼れ」と言ったとか。
 価値観が違っているだけで、信玄も謙信を信頼できる武人と思っていたのでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬体を併せに行く

2017-11-13 20:25:09 | その他のスポーツ
 Number 939にキタサンブラックの記事がありました。片山良三さんが担当。

 天皇賞・秋のレースについて。
 とても印象的なレースで、よく覚えているのですが、一つ一つの局面の解説が詳しく書いてありました。
 直線に入って、外へ外へと流れたように見えたけれど、
 『後方から忍び寄ってくる蹄音をサトノクラウンのそれと聞き分け、馬体を併せに行く。デムーロもその意図を察知して、進路をインに切り換えてキタサンブラックの勝負根性を引き出させないための精一杯の工夫を見せた』

 内外がクロスしたように見えたのは、そういう思いがあったのか!!と。

 並ばれた時の心理というのは、人間でもありますが、馬体を併せたときに、強さを発揮するという馬いますね。それが基本? でも、内・外に大きく離れて大接戦ということもあるし、その辺は本当に駆け引きなのでしょう。

 残り2戦、ジャパンカップと有馬記念のレース結果によって、天皇賞・秋の印象度が違ってくるかもしれませんが、記事中にもある「屈指の傑作」に数えられるのは間違いないと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お風呂はお休み

2017-11-13 20:15:49 | 雑感
 今日から浴室のリフォーム工事が始まりました。
 
 バスタブを切る音が、けっこうすごかったです。
 浴室から運び出すための作業。

 運び入れるときは、当然そのままですから、ちょっと大変かも。でも、下見をした時にメジャーで通路幅を測っていたから、大丈夫なんだと思います。

 給湯器の取り替えがあって、ちょっと水道が使えない時間帯あったけれど、夕方までに給湯器の使用も可能になって、お風呂以外は普通の生活。
 
 お湯が出るならシャワーだけでもいいんだけど…と思っていたんですが、浴室内は地面が出ていて、お湯を出したら一大事。
 
 妻は、スーパー銭湯へ行きましたが、私はパス。頭痛もあったし、見えにくさもあるので、風呂なしの日を選択しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパーレディス駅伝FINAL

2017-11-13 19:01:14 | 陸上競技・ランニング
 昨日の深夜、NSTで「FUKUIスーパーレディス駅伝」が放送されました。

 毎年、東日本女子駅伝と同日開催で、選手の配分が大変というチームがありそうに感じていましたが、何と今年はFINALと出ていて、来年はない!!

 同じ所属で複数チーム出場というのが認められているから、そちらのメリットはもっと伸ばせるようにも思うけれど、確かに今年の顔ぶれを見ると、集まらないのかなぁ…という感じはしました。

 1区は日立のドリカ選手が、トラック周回から独走。でも、終盤失速気味で、後ろから岐阜県選抜の高校生に追い上げられているという実況だったけれど、ドリカ選手の記録が19分18秒で、飛び出しを考えればペースダウンかもしれないけれど、いい記録です。

 追い上げた高校生が速い!! 加藤優果選手。土岐商3年。19分21秒。

 それなら、高校駅伝でも活躍しているだろうと思って岐阜県大会を調べたら、1区19分27秒で区間賞。でも、チームは総合2位。4区で13分台というのがさすがに厳しい…。
 でも、昨年は全国大会走っていました。1区8位。19分42秒。

 スケールの大きな走りで、都大路で見られなくても、年明けの都道府県対抗女子駅伝には出場するのでしょう。

 大阪学院大Aが優勝。33回目の大会にして、最後の優勝チームとなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

押してもだめなら、ひねってみな

2017-11-13 18:41:44 | その他のスポーツ
 遠藤が魁聖に勝ちました。
 まわしを引いて、寄り立てても大きな魁聖が残すと、勝ちきれません。
 差し手争いがあったり、遠藤の左おっつけがあったり、見応え十分ではあるけれど、相撲が長引けば、それだけ体の大きな魁聖が有利かと思った瞬間、見事な下手ひねり。
 魁聖が転がされてしまいました。

 この一番だけでも技能賞ものと思いました。
 押してもだめなら引いてみな、と言われるし、それは万事のことに通じるようで、相撲の取り組みでも、ついつい引いてしまう力士は多いんだけれど、引き技は自滅につながることも多いし、勝っても褒めてもらえません。

 ひねってみればいいんだ。それが難しいから、引いちゃうんでしょうね。

 遠藤は、これまでに敢闘賞1回、技能賞1回。幕内での二ケタ勝利は7場所あって、それで三賞2回だけというのはちょっと厳しすぎません? 11勝でも敢闘賞さえもらえないというのは、遠藤に求められているのが高いレベルだから? 相撲内容を考えたら、技能賞が増えていいと思うので、今場所に期待します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

転倒しても優勝試技

2017-11-13 11:43:41 | 陸上競技・ランニング
 昨日の深夜(日付は13日)、BSフジで陸上競技のU18、U20日本選手権の放送がありました。

 U20の男子円盤投げで阿部敏明選手(長岡商)が優勝したのは知ってましたが、その投てきを見てビックリ。

 振り切ったあと、転倒。
 雨でサークルが滑る状態。だから、転ぶのはやむを得ないとして、振り切るまでのバランスに崩れがなかったことがすごいと思いました。

 野球のバッティングで、体勢を崩しながらもライト前に持っていったというのは、あるけれど、たまに見る「体勢を崩しながら、スタンドまで運びました!!!」というような、フォロースルーは大事だけれど、それがすべてじゃないという、そんな一投だったのでしょうか。

 武井壮さんが、転倒した瞬間、驚いたような声を出したと思うんですが、解説はなかったです。武井壮さんは十種競技をやっていたんだから、円盤投げの解説もできると思うんだけど。
 山崎一彦さんは、「砲丸投げと円盤投げの相関関係はあるけれど、どちらに絞るのか決めて欲しい」と。
 アナウンサーは「インターハイは砲丸投げ、国体では円盤投げで優勝。変則三冠」と。

 中越大会ではハンマー投げで54m57で優勝している阿部敏明選手。県総体で記録なしをやっちゃったんですが、投てき三種目をどう絞り込むかという、それはどこに進学するかとも関わるでしょうが、来年度の楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドリフト走行事故、主催者の責任なの?

2017-11-13 11:30:37 | Weblog
 昨日のニュース7で、ドリフト走行のイベントで、複数の観客が事故に巻き込まれ負傷。重体となっている方もいると伝えていました。

 主催した自動車整備会社の社長が、謝罪しているのが映りました。
 モータースポーツ関連では、事故が起きること自体は想定しているはずで、主催者が謝罪というのは、立場上ということなのか、それとも計画に無理があったとか、安全対策を怠ったとか、そのあたりがわかりませんでした。

 S☆1のあとのニュースでも、同じように主催者の社長の謝罪が映りました。

 毎日新聞のwebに、
 『コンクリートブロックでできた花壇が走行スペースとの境界になっていた。事故当時は8台がコースを走り、このうち1台が何らかの理由で制御不能になって花壇に乗り上げる形で観客に突っ込んだ』

 境界部に安全対策が必要ということなのかな?
 走行中に制御不能というのは、ドリフト走行するんだから、想定内のように思うのですが。
 
 もうちょっと詳しい説明が欲しいんだけれど、今日は新聞はお休みですし、1日が過ぎれば、また新しいニュースが出てきて、これ以上の報道はないのかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アドバンテージなし、5戦マッチでCSを

2017-11-13 11:18:12 | 野球
 Number 939のBefore the Gameで、鷲田康氏がクライマックスシリーズのことを書いています。

 プロ野球のポストシーズンは、ペナントレースと切り離して考えて楽しんでもいいんじゃないかと。
 日本シリーズというカップ戦があって、そこへの出場権は各リーグの上位3チームに可能性があるという。
 だから、アドバンテージなしで、最低でも3戦先勝の5試合マッチでやるべきと。

 クライマックスシリーズにアドバンテージがあるのは、意味がないというか、位置づけがあいまいになってしまうもとだと感じています。
 優勝チームが有利になるルールだとしたら、CSそのものがいらないという意見を支持することにもなるから。

 3位と2位が5試合マッチをやって、それを待ち受ける優勝チーム。 
 トーナメント表的には優勝チームがシード。
 でも、現実、それが有利なことかというと、試合間隔があきすぎて不利という面かなり出てくるでしょう。
 また5試合マッチを2カード計画するということになると、日程確保がかなり大変。現状の編成では無理でしょう。

 そうやって現実を考えたら、優勝チーム同士の日本シリーズでいいと思うんだけれど、『3位までに出場権を与えることで、消化試合を解消してシーズンを最後まで盛り上げられる』という文を読んでしまうと、今年はまさにそうでしたから、クライマックスシリーズ不要とも言い切れない気持ちです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟は17位発進、12位でゴール

2017-11-13 09:51:57 | 陸上競技・ランニング
 昨日の東日本女子駅伝。
 2区終了時で千葉がトップという予想は的中して、その後の長野との争いも予想通りだったんだけれど、8区の中学生区間で千葉が決定打。アンカーは悠々逃げきりと見えました。

 新潟は17位発進で、それだけ考えると出遅れ。でも、花野桃子選手の記録は20分29秒なので、悪くはないです。今年の都道府県対抗女子駅伝、新潟の1区は森川千明選手で20分23秒。コースが違うので単純比較はできないけれど、花野選手がブレーキというのではないはず。

 しかし、先手必勝が基本の駅伝で、離れた位置からの追い上げは難しく、区間一ケタは中学生区間8区の7位だけ。アンカー高山琴海選手の追い上げも区間11位では、総合12位でのゴールが精一杯だったのでしょう。ゴールは映りませんでした。
 群馬の選手がゴールに向かうあたりで、エンディングシーン。群馬が10位でしたから、順位にして2つ、時間にして40秒あれば、新潟がゴールに向かうシーンは映ったのか…。

 新潟の記録は2時間25分34秒。今年の都道府県対抗女子駅伝は2時間22分33秒。
 チーム力としては、維持しているように思うのですが、年明けの女子駅伝にはあらたな期待をしたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加