イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

やっぱり目立つ、GACKTの謙信

2017-11-05 18:44:55 | TV・映画
 日曜のお昼にBSプレミアムで放送している大河ドラマ「風林火山」

 今日は最初に景虎登場。
 鉄砲を使う場面。
 やっぱりきれいです。誰がGACKTを謙信にキャスティングしたのか。

 そして、他にもきれいな人が。女優さんです。葉月という真田の素破。
 演じているのは真瀬樹里さん。野際陽子さんのお嬢さん。そう言われてみれば似ている…。父親千葉真一って、共演だったんだ! 

 2007年の作品だから、10年前。
 すべての出演者に言えることですが、10年分若いんですね。

 謙信公祭にGACKTを呼ぶのは、本来の姿ではないというような意見もあって、ここ2年は、GACKT呼ばず。やっぱりもったいないかも。あの謙信を大河ドラマだけで終わらせるのは惜しい。
 GACKTが謙信公祭に呼ばれたのは、大河の2007年が最初で、8年、10年11年、13年~15年の計7回。それでもう十分?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投了図以下の詰み手順が難しい

2017-11-05 18:27:01 | 将棋
 今日のNHK杯テレビ将棋トーナメントは、佐藤和俊六段と宮田敦史六段の対戦でした。

 終盤、後手番の桂馬が3枚斜めに並んできれいでした。解説の松尾歩八段も聞き手の藤田綾女流も、珍しい盤面と。
 
 ただ、終始先手の佐藤和俊六段が優位に進めていたように感じました。
 昨年、準優勝というのがちょっと風格みたいな、それくらいの感じがしました。

 最終盤、解説の松尾八段が「私はまだ詰み手順を読み切ってないんですが」という場面もあって、結局、宮田六段が投了して、投了図以下の解説でも、詰みまではやりませんでした。

 きっと対局者の頭の中では、詰みまでの手順が見えているんだろうなぁと。
 それは棋士の実力差ではなく、集中力の違いだと思います。解説者はいろんなことを考えていて、特に話をしなければいけないし、対戦棋士は全く自分の世界に入り込んで、ひたすら読みに集中できるから。
 どの対戦であっても、解説者より対局者の読みの方が深いと感じます。
 ただし、それだけに自分の世界に入りすぎて、好手を見逃すということもあり。
 端で見ている方がいろいろ見えますよ、という、人生いろんな場面であり得ることです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベイスターズ、神奈川大、次はフロンターレか…?

2017-11-05 18:16:23 | 陸上競技・ランニング
 全日本大学駅伝。
 スポーツナビの速報を見ていて、アンカー勝負になった時点で、やられたなぁと。
 
 神奈川大学のアンカーが鈴木健吾選手。箱根駅伝で活躍したあと、故障があったような記憶がありますが、アンカー起用となれば完調でしょうし、そうなったら絶対本命だろうと。

 東海大がトップでスタートするも、19.7kmの距離を考えたら、ほとんど差がないと言っていい程度の差でした。

 考えてみれば、日本シリーズでベイスターズが活躍。それって連鎖というか、過去にありました。

 1998年の箱根駅伝で神奈川大が優勝。1998年のセ・リーグ優勝はベイスターズ。この時は西武に勝って日本一。そして、年が変わった1999年元日。サッカー天皇杯で横浜フリューゲルスが優勝。

 年と年度で、どちらとも言い切れないけど、1年間というので見ると横浜が活躍した1年。

 今回でいうと、J1でフロンターレが現在2位。川崎ですから、横浜とは違うよというのはあるけれど、こういう流れが、優勝を呼び込むかも…。
 今日はアントラーズが一足お先に32節の試合を終えて、レッズに1:0の勝利。勝ち点70、フロンターレは63。残り3戦全勝でも勝ち点72だから、さすがにアントラーズが相当有利か…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国立大、繰り上げスタート

2017-11-05 11:28:19 | 陸上競技・ランニング
 全日本大学駅伝。

 2区で新潟大は25位。最下位。
 第3中継点では、北海道大とともに繰り上げスタート。

 さらに第4中継点では東北大も含め、国立大3校が繰り上げスタート。ただ、ここでは京都産業大と広島経済大も繰り上げスタート。
 京都産業大は1区で25位と出遅れているので、何かアクシデントがあったのかもしれません。

 国立大云々よりも、5区を終わって14位までが関東地区の大学。関東に選手が集中していることが、はっきりわかるのが、全日本大学駅伝です。
 (そうではなかった時代もあるんだけど)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーチ契約より現役続行の松坂大輔

2017-11-05 11:20:32 | 野球
 松坂大輔投手が、ソフトバンクを退団。
 戦力外ということですが、コーチ契約で現役復帰を目指すという球団側の打診を断ったと、ニッカンスポーツコムに出ていました。
 斉藤和巳投手がコーチ契約で現役復帰を目指す形をとりましたが、それよりも現役続行。

 これまでの松坂投手を考えれば、納得できる選択だと思うけれど、果たしてどこでプレーできるのか?
 ソフトバンクは巨大戦力で入り込む余地なし、というのはあるでしょうが、他球団でも現状の松坂を獲得しようという球団あるのかどうか。

 今後の見通しに関する内容は書かれていないので、今のところ特にないんだろうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定員4000人→5000人

2017-11-05 11:13:36 | 陸上競技・ランニング
 新潟ハーフマラソンは、来春3月18日第2回が開催されるようです。

 定員が5000人。今年は4000人だったように思います。

 さらに増えますか…。

 人混みは苦手ですし、転倒等のアクシデントを考えると、参加を見合わせるべきかと思ったり。

 コースが同じかどうかはまだわからないし、それらが発表されてから、また考えようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北窓から反射光

2017-11-05 11:08:41 | 雑感
 11時前、朝刊を見ていたら、いつもより読みやすい。
 なぜか?
 明るいからです。

 北側の窓だと採光面で不利があり、特に秋から冬にかけては、暗い部屋となりがち。

 今日の明るさは、裏手にあるアパートの反射光。
 こんなに明るくなるのか…と。

 晴れていなければ、建物がある分暗いことになるのですが、晴れていることと、太陽の位置がちょうどいい角度になっているのだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海大のオーダーは下級生から上級生へ

2017-11-05 09:50:02 | 陸上競技・ランニング
 昨日まで体調悪くて、全日本大学駅伝のことも全くチェックできず。

 もうスタートしてますが、あらためてオーダーを見たら、東海大は2年生が思ったより少ないです。
 学年で見ると、2,1,2,2,3,4,3,4
 2年生が強力メンバーと言われる中、後半に上級生を配置するという所に強さがあるのか、細工は流々仕上げをご覧じろ、かな。

 鬼塚→塩澤→館澤→關→湊谷→國行→三上→川端というオーダーです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴリラやチンパンジーは男性、女性、数え方は何人…

2017-11-05 09:39:59 | 雑感
 今朝のラジオ第二「こころをよむ」

 ゴリラやチンパンジー、オランウータンの話でした。
 シリーズのタイトルは「心の進化をさぐる~はじめての霊長類学」

 話の中味も充実なんだけれど、驚いたのは「男性、女性」という言い方。
 通常、動物だったら「オス、メス」だと思います。
 同じく数え方も「何人」でした。人だから何人であって、動物は何匹とか何頭となるのが普通だと思っていました。

 もっとも、ペットの世界ではとっくの昔にそういう言い方だという面があると思います。
 例えばわが家でもイタグレ3頭いますが、散歩で「全部男の子ですか?」というような質問されると、「これが男であとの二つは女の子」みたいな。何とも、動物と人間とごちゃ混ぜになったような会話をします。
 「この子は」という表現はかなり普通に。

 となれば、もっとはるかに知能の高い類人猿ともなれば、男性、女性、何人という言い方が当たり前なのかもしれません。

 今日のテーマは「子どもを育てる」
 オランウータンの出産間隔が7年。その間母子のペアで成長。男性関わらず。
 母子だけというのも驚きですが、出産間隔7年は長い。ゴリラ5年、チンパンジー4年と言ったような。
 
 ゴリラもマウンテンゴリラとローランドゴリラで違いがあるみたいだし、霊長類の話は興味深いです。

 話していたのは、京都大学高等研究院特別教授、霊長類学者…松沢哲郎氏でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟県高校駅伝女子の動画

2017-11-05 09:25:03 | 陸上競技・ランニング
 新潟産業大学附属高校陸上部のFacebookに、県高校駅伝の動画が載っていました。

 スタート、ゴール、中継点がほぼ同じなので、そこでの撮影。
 昨年、現地で応援した時も、その場所でした。
 状況がわかるようなわからないような…そんな場所です。昨年は、他校の部員がLINEで刻々とレース展開を伝えていて、それを一緒に教えてもらいました。

 Facebookにアップされた動画は、おそらく産附の保護者または関係者が撮影したものだと思いますが、昨年よりはレース展開に余裕があるように感じられました。

 先頭に立ったのは、4区のラスト100mくらいのようですが、そこまでにライバルチームとの差を考えながら、後ろの区間を見通せて、これなら行けるだろうと、そんな雰囲気を感じました。もちろん、結果がわかっていて動画を見ているんだから、そう感じるだけかもしれません。

 5分弱の動画でしたが、レース展開がほぼつかめてよかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加