イタグレと暮らす戌年男のブログ

 イタリアングレーハウンド(イタグレ)と過ごす中で、家族、趣味、出来事についての感想などを書きたいです。
 

歯科医の診療報酬不正請求

2017-06-22 20:46:15 | Weblog
 NHK新潟のニュースで歯科医が診療報酬不正請求で処分を受けたと伝えていました。

 名前も出ていました。
 最初、音声で「ふじさき」と聞いたときには「藤崎」を連想しました。
 しかし、画面を見たら「不二崎」でした。

 もしかしたら、地元紙の投書欄に常連さんとして登場している方でしょうか。
 名前は不二崎正徑となっていて、そんなだったかな? 新聞だと正径の漢字かもしれません。

 「経済的な理由で不正に請求した」ということですが、もし、投書欄に載っている方だとしたら、相応の謝礼が出るようですから、それも経済面を支えるものだったのでしょうか? さすがにそんなにたくさんの謝礼が出るはずはないか…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

約2分の差が1つの画面に

2017-06-22 20:29:44 | 陸上競技・ランニング
 妻が関川マラソンの時に写してくれたカットで、誰を写したのかわからないのもあったんだけれど、実は自分が写っていてビックリというのがありました。

 関川マラソンの公式ブログにはまだ結果が載っていないんだけれど、オールスポーツの写真でゴールタイム(撮影時刻)を見たら、同じカットに写っている一番前の方と2分差。

 400m~600m程度でしょうか。私にはまったく見えない距離です。

 撮影データを見るとIXY610Fのレンズで33mm。35mmカメラに換算すると184mm相当になります。IXY610Fの最大望遠は43mm。240mm相当です。


 ずいぶん遠くまで写っています


 私は3人の集団で頑張っていました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールシーンに15枚の写真

2017-06-22 20:14:57 | 陸上競技・ランニング
 オールスポーツのHPに関川マラソンの写真がアップされました。

 ゴールシーンのところに15枚写っていて、前後の間隔を開けたのがラッキーだった…。

 前のかたがゴールしたのを確認して、テープを張ったところでゴールというタイミングだったんだけれど、テープを握り損ねて張られませんでした。

 そんな場面が連続写真としてしっかり残っていました。

 一眼レフの高級機だと連写は1秒間に10コマを越えるモデルも存在します。
 15枚だと、1~2秒の撮影になるのでしょうが、写してもらってありがたいことです。
 
 全体で何千枚も写すのでしょうが、フィルム時代には絶対できなかったことで、この点でデジタルカメラのありがたさを感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横から見るレンジローバーイヴォーグ

2017-06-22 18:40:10 | 自動車
 近くのアパートの駐車場にレンジローバーイヴォーグがとまってます。

 案外コンパクトに見えて、走っているのを見るのとは印象が違います。

 サイズを調べてみたら、4355×1900×1635mm。
なるほど、全幅が大きいですね。
 走っているのを見ると、そちらが目立って、駐車場にとまっているのは、横から見ることになるから、コンパクトと思ってしまうのでしょう。

 かっこいいです。
 お値段は500万円以上。レクサスRXなどの価格帯。
 眺めるだけで満足です、というゾーンです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日の出は遅くなり始めた

2017-06-22 18:26:49 | 雑感
 昨日が夏至。
 昼間の長さは、これから徐々に短くなります。
 日の出は、すでに遅くなり始めていて、日の入りはもうちょっとだけ伸びます。

 暑さはこれからだんだん本格的になりますが、太陽が出ている時間は徐々に短くなるわけで、その点ではうまくできていると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関西1部リーグ6位のバンディオンセ加古川

2017-06-22 10:24:00 | その他のスポーツ
 昨日の天皇杯2回戦。

 アルビはバンディオンセ加古川と戦い、延長戦に持ち込まれ2:1で勝ちました。

 どういうチームなのかHPを調べてみたら、今季の成績は、
 関西1部リーグで6位。
 関西1部リーグがどういう位置にあるのかわかりませんが、でも、少なくても同じリーグの上位に5チームがいるという実力。

 バスケットボールは点が入るスポーツで、だから番狂わせは起きにくいと言われます。
 点が入りにくいスポーツだと、番狂わせが起きやすい。野球もピッチャーが好投すると、本命チームが早々敗退というのがあります。
 サッカーも0:0の試合がけっこうあるわけで、そういう点で格上だとか、戦っている場が違うという見方は、試合の行方とは別なのかもしれません。

 にしても、さすがにやっぱり暗雲晴れずで、リーグ戦で上昇を目指すのは何かよっぽどの対策を講じないと難しそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリント・イーストウッドが山田康雄

2017-06-22 09:16:41 | TV・映画
 昨日BSジャパンで放送していた映画、
 「ピンク・キャデラック」

 タイトルが何とも魅力的。
 日本でもピンクのクラウンが発売されました。
 4月の定期通院の帰り道、ピンクのクラウンを見ました。
 どんな人が乗っているのかまではわかりませんでしたが、目立ちます!

 「ピンク・キャデラック」はかなり古い型でした。
 映画は1989年の作品ですが、キャデラックは60年代くらい?
 
 そして山田康雄さんの声が聞こえました。
 主役のクリント・イーストウッドの吹き替え。
 
 ルパンは栗田貫一さんが後継者となっていて、ちょっとどっちかわからなかったりしますが、こちらは正真正銘、元祖ルパン三世の声です。クリント・イーストウッドふうになってるけど…。

 まだ途中までしか見てないので、あとでじっくり続きを見ようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事件から始まって、結婚観や生き方の話に

2017-06-22 09:05:56 | 
 週刊朝日の連載小説「傲慢と善良」(辻村深月)。

 婚約者が行方不明になるという、大きな事件が起きてスリリングな話だと思ったら、ゆったりというのも辺ですが、婚活の話になったり、母と娘の共依存のような話になったり。

 見つけなくていいの、急がないと命に関わるんじゃないの、という最初の雰囲気は消えてしまったみたいで。

 もちろん、手がかりを探すために、婚活がどんなだったのか、そこから怪しい人物が浮かぶのではないかという、そういう話ですし、連載が始まってからはすでに4か月くらい経つけれど、小説内ではまだ事件から1日とか2日とかそれくらいしか経っていないかもしれません。

 従来の見合いというのがいつ頃のことをいうのか。80年代だと見合いというか、縁談を持ってくるという、そういうのは普通にあったと思います。
 「婿に欲しい」という次男向けの縁談、ありました。

 これだけ時間をかけて書いているんだから、「真実さん」は無事で、自分から姿を隠したという展開なんでしょうか…。 
 でも、それだと最初の頃の恐怖感を持たせていたスリリングはなんだったんだろう、となるから、やっぱりまたテンポアップされて、事件に戻るのかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

非公式戦の話題を出すなら敗戦も

2017-06-22 08:54:45 | 将棋
 藤井聡太四段が28連勝を達成したニュースで、非公式戦ながら羽生善治三冠にも勝っているというのは、あちこちで伝えられます。
 でも、非公式戦のことを話題に入れるなら、敗戦のことも伝えないとフェアでないような気がします。

 羽生善治三冠とも戦った「炎の七番勝負」では、永瀬拓矢六段に負けています。
 28連勝とは無関係ですが、羽生三冠に勝ったことがそれだけ強さを強調するためだとしたら、永瀬拓矢六段はもっと強い?

 さて、次の対局で増田康宏四段とぶつかりますが、炎の七番勝負で対戦しています。
 公式戦としては初手合いとしても、向かい合ったときの感触は増田四段も経験済み。
 逆に言えば、藤井四段も経験済み。
 1局だけでは手の内がわかるという段階になってないでしょうが、全くの初手合いとは違うと思います。

 竜王戦予選でいえば、5組優勝の増田四段と6組優勝の藤井四段の対戦。5組の意地というのがあるかも…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モカチョウサンで牝馬

2017-06-21 20:39:03 | その他のスポーツ
 オルフェーヴル産駒が今週末デビューという記事があって、名前がモカチョウサン。
 牡馬だと思ったら、牝馬でした。

 チョウサンが牡馬で、有馬記念に出たときだったと思いますが、加藤茶さんがNSTの競馬番組に出て、「チョウサンを買わないわけにはいかないでしょう」と言ってました。
 馬主が長山尚義さん。チョウサン。
 いかりや長介さんが長さん。
 
 だから、モカチョウサンも牡馬かと思いました。
 馬主からの命名だから、牡馬も牝馬も関係なし。
 
 最近では、オジュウチョウサンが障害レースで大活躍。
 重賞6連勝中。石神深一騎手とのコンビもバッチリ。

 ということで、チョウサンがつくというところに注目しちゃいますが、あくまでオルフェーヴルの産駒がデビューだぞという点で、週末のレースに注目したいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加