手紙。

2017年06月19日 18時05分09秒 | 徒然日記






先々週になりますが先日お引渡しをさせていただいたお客様から

お手紙をいただきました。

なんとなんと12ページにもわたる長文です

「まさかお叱りのお手紙か

と一瞬アタマをよぎりましたが、いやそんなはずはないとおもいつつ

恐る恐る読んでみると...

ありがたいことにお褒めの言葉でほとんどでございました

家を建てようと思いつかれたときから今に至るまでの御心境を詳細に綴っておられ

読み進めていくうちにだんだん目頭が熱くなってきました...

家創りでお話しをさせていただき始めた当初からあちこち一緒に勉強して回ったこと

いろいろ打ち合わせをさせていただいたことも思い出され、本当に楽しく家創りを

させていただいたなと思います。

理想とする家創りのひとつの形であったように思います。

ありがたいことにこのお手紙を公開してもよいとのことで、さっそくホームページで

公開させていただいております。

個人や会社名等が特定されるカ所は修正させていただいてはおりますが。

また弊社の家創りがどのようなものかもお分かりいただけると思います。

是非ご一読くださいませ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HT-I for the Bath

2017年06月01日 22時59分06秒 | リフォーム
HT-I for the Bath




ついに完成!
HT-BATH(^^)
システムバス(ユニットバス)全盛のこのご時世にあえてのタイル風呂。
もちろん断熱は並のシステムバス以上の施工がしてあります!
壁は全面モザイクタイルにところどころちりばめられたアクセント。
洗面台はステンレス張りになぜか下部はブルーライト。
脱衣室との境が全面ガラス張りなら外部の窓もまさかのクリアガラス(^^;(さすがにブラインド有)
シャワースタンドには真横に吹き出る吐水口が3つ...
鏡面仕上げにモザイクタイルが映り込んでまるでミラーボール(笑)
こんな風呂に誰がした!?(笑)
いや、実はこれ俺の設計ではないですけん(^^;
知る人ぞ知る住宅会社のHT(ヘンタイ)設計士、HT-I氏の作品なのでした。(HT=ヘンタイとは「かっこいい!」とか「いかす!(古)」を差す隠語(ほんとか!?)』』・s。
「浴室の改修がしたい」との依頼にダメ元で思いっきりぶっ飛んだ提案をしたらまさかのご採用!(笑)
「いいがん!」
って。
さすがのあだっつぁんも「もうタイルはこらえてごしぇ~」とホエホエするほどの力作でございます。
初めて全貌を見たわたくしめもただただ、
「ダラだね~(^^)」というしかなく(もちろんほめ言葉)
こんな遊び心の提案に「いいがん!」ってノッてくれるお施主様。そして気の遠くなるような作業にしっかり応えてくれた職人「あだっつぁん!」
いやぁ設計士冥利に尽きますねぃ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

B1昇格おめでとう!

2017年05月19日 22時46分57秒 | スサノオマジック
こんばんわ

久しぶりにバスケットボールの話題でも

先週の日曜日に山陰中央テレビでも中継されてましたが

ご覧になられましたか

地元プロバスケチームの島根スサノオマジックVS広島ドラゴンフライズ

とのプレイオフセミカンファレンス第2戦


谷山はもちろん現地観戦いっておりました!

もういても経ってもいられず13:00開始にも関わらず朝8時前には松江市総合体育館に並んでました(笑)

4200人の大観衆の中!

試合は予想以上の大接戦!

残念ながら第2戦は敗戦、放送時間内に収まらず第3戦での決着となりました。

結果は見事勝利



いやぁほんっとよかった

勝利の瞬間は大声で叫び人目もはばからず号泣しておりました(笑)

おかげで月曜火曜はほぼ声が出ず...

おまけに事情通の協力業者さん(笑)から

「谷山さん!おめでとうございます!」

って複数

これで島根スサノオマジックは念願叶って来季からのB1昇格が決定しました!

もしかしたら来シーズンは松江であの!田臥勇太が観れるかもしれない!

そして明日はB2リーグチャンピオンシップ!

今シーズンのラストマッチが東京は代々木第2体育館で行われます。

西宮ストークスとの一発勝負!

これに勝てばB2優勝

絶対勝ちます

というわけで...






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ完成見学会!

2017年04月10日 09時25分54秒 | お知らせ



今週末15日(土)16日(日)、お施主様のご厚意により完成見学会を開催させていただきます

土曜日は午後8時まで開催。

お仕事という方もお仕事帰り、お疲れでしょうがフラッと寄ってみてください

キーワードは「秘密基地」

さ、なんだや

って思われた方、思う壺です(笑)

是非お越しくださいな

場所はこちら...



会場には駐車場がありませんのでお近くの常福寺様の第2駐車場をお借りしています。

そこから弊社スタッフがご案内させていただきます。

皆様のお越し、こころよりお待ちしておりますけん




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒートショック死確定フラグ立ちました(笑)

2017年03月28日 23時19分25秒 | 徒然日記

「ヒートショック死」

 いきなり物騒なタイトルですがどうやら自分の死因が確定したかもしれません

先般「おんどとり」なる機器を購入しまして。

こぎゃんやつです



デジタル温度計&湿度計です。

が、このさんやつがお利口なのは設定した時間ごとに温度と湿度を自動的に記録してくれるところ。

例えば今回実施した実験では1時間に設定。

そうするとこのさんやつは健気にも1時間ごとに律儀に温度湿度を記録してごします。

さらにWiFi環境であればパソコン上でほぼリアルタイムに確認できます。

「ふーん...そうでどげして?」

なかなか鋭い疑問です

写真の通りこのさんやつは全部で5台あります。

これを家の中や外において外気温と室内の温度との差を確定、また室内各所の温度差を

測定して快適な家創りに具体的なデータをもって役立てようという汲み取りなのでございます

もとい、取り組みなのでございます

記念すべきこの取り組みに一番最初にご協力いただいたのはちょうど今年で10年目を迎えるスーパーウォールの

家。




2月の寒さの厳しい時のデータです。

この日の外の平均気温がなんと0.2℃!

そして室内はご覧のような状況でした。

室内平均温度の最低と最高の温度さがおよそ5℃ですね。

玄関が一番低いですが居室部分との境を建具で仕切っておられたせいと考えられます。

他は各部屋の温度差は2℃以内

ちなみに暖房は蓄熱暖房機の6kw1台のみ。補助暖房もなしです。

もひとつちなみのQ値2.03、C値0.77です。

ひとつ安心したのが床下の気温の推移。

基礎断熱ですが断熱材の厚さが3センチ。

今ではちょっと物足りない厚さではあります。

にもかかわらず12℃~14℃をキープしているので安堵いたしました

グラフもそれぞれほぼ横ばいをキープしておりますね

そしてこっからが本題!?



先ほどのグラフと比較してずいぶんにぎやかになっております

実はこれ恥ずかしながら我が家でございます

築40年は建ってるか...

息子が生まれたときに一部増築、その際にあろうことか断熱材は一切いれず。

真冬のある晩、ファンヒーターを20℃設定で稼働、就寝時に切って翌朝の室温が

6℃!

ほぼほぼ外だがん

なんてことを俺はしたんだ

と、この体験がわが社を高性能住宅へと大きくシフトさせるきっかけとなったのでした。

それから10年経ち、件の無断熱部分を断熱リフォーム。

それがこのグラフのリビング部分です。

蓄熱暖房器を設置しているため比較的室温はある程度一定を保っています。

また、2階の子供室。

息子がエアコンをつけっぱなしにしている間は当然ながら室温は維持していますが

注目すべきは午前0時から1時の間の急速な室温の低下!!!

10℃以上わずか1時間で下がってしまっている!

これが何を意味するか...

さらにさらに

リビングとトイレ、洗濯脱衣室との温度差

17℃はある

ヒートショックが起こるといわれている温度差10℃を大きく超えてしまっている

トイレ、洗濯脱衣室はほぼ建築当初のまま。

断熱材は一応グラスウールは入ってはいるがおそらく壁の中でずり落ちてしまっているでしょう。

オマケに「換気のため」と称して窓は開けているからほぼ外と同じ



今はまだ若い?からなんとか持ちこたえているけどだんだん歳を重ねていくと...

正直不安です。

日頃住宅の断熱性能と健康について勉強はしているのでなおさら

ヒートショック死確定フラグ立ちました(笑)

このあまりにも対照的なグラフ。

この差の意味するものとは

それは4月15日(土)16日(日)に開催させていただく完成見学会にて
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加