17日の米国主要3市場は1.78%安~2.57%安の急落

米国株、ダウ急落し372ドル安 米政治混乱で、8カ月ぶり下げ幅 2017年5月18日 日経
 17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は急落した。前日比372ドル82セント(1.8%)安の2万0606ドル93セントで終え、4月21日以来およそ1カ月ぶりの安値を付けた。米政治の混乱で景気刺激策の実施が遅れるとの警戒感が株式売りを誘い、この日の下げ幅は昨年9月9日以来、約8カ月ぶりの大きさとなった。
 米紙ニューヨーク・タイムズなどは16日夕、トランプ米大統領がコミー前米連邦捜査局(FBI)長官に対し、ロシアとの不透明な関係が疑われたフリン前大統領補佐官に関する捜査を終えるよう求めていたと伝えた。
 トランプ大統領は9日に大統領選に対するロシアの干渉疑惑を捜査していたコミー氏を電撃解任し、15日には機密情報をロシア側に漏洩した疑惑が浮上したばかり。FBIの捜査に圧力をかけたと受け取れる行動で米議会からの批判が強まり「米国の成長促進策が遅れる可能性がさらに高まった」(スタイフェル・ニコラスのリンゼイ・ピエグザ氏)との見方が米株式の売りにつながった。
 投資家が運用リスクを回避する姿勢を強め、相対的に価格変動が小さく安全資産とされる米国債に資金が流入。米長期金利は一時2.21%まで急低下し、景気改善や金利上昇が業績の追い風となりやすいゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなど金融株が集中的に売られて相場を下押しした。
 市場心理の冷え込みを受け、ナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに急反落。前日比158.634ポイント(2.6%)安の6011.236で終え、下げ幅は2016年6月24日以来の大きさとなった。前日まで過去最高値を更新していた反動もあってアップルのほか、フェイスブックやアマゾン・ドット・コムなど相場の上げを主導してきた主力株に利益確定の売りがかさんだことも相場全体を押し下げた。
 業種別S&P500種株価指数は全11業種のうち9業種が下げた。「金融」のほか「IT(情報技術)」「素材」などが大きく下落。一方で「不動産」「電気通信サービス」が上昇した。
 半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)が約12%下落した。前日公表した長期経営計画が市場の失望を誘い売りが加速した。特許料の支払いを拒否したとしてアップル製品の製造会社を起訴したクアルコムも下落。ダウ平均を構成する30銘柄では化学のデュポンやマイクロソフトの下げが目立った。
 一方で、ディスカウントストアのターゲットが高い。17日発表した2017年2~4月期決算が増益で売上高も市場予想を上回ったのを好感した買いが優勢だった。最高経営責任者(CEO)が身売りの可能性を示唆したと伝わった日用品大手のコルゲート・パルモリーブが上昇。ダウ平均では医療保険のユナイテッドヘルス・グループやトラベラーズが買われた。

NY商品、原油が反発 在庫減少で買い戻し、金は6日続伸 2017年5月18日 日経
 17日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は反発した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で、期近の6月物は前日比0.41ドル高の1バレル49.07ドルで取引を終えた。
 米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間の石油在庫統計を受けて、原油需給の緩和観測がやや後退し買いが優勢になった。
 石油在庫統計では原油在庫が前週から減った。減少幅は市場予想より小さかったが、前日夕発表の米石油協会(API)のデータほど需給緩和を示さなかったと受け止められた。EIAの統計で原油を精製して作られるガソリンやヒーティングオイルの在庫が減少していたことも、原油の買い戻しにつながった。
 25日の石油輸出国機構(OPEC)総会で、非加盟国のロシアなどを含む有力産油国の協調減産の継続が正式に決まるとの観測も相場を支えた。
 もっとも、相場の上値は重かった。米国内のシェール増産などを背景に原油在庫は長い間高止まりするとの観測が根強く、積極的な買いは限られたという。
 ガソリンは6営業日ぶりに小反落した。在庫統計を受けて買いが先行したが、次第に利益確定目的の売りに押された。ヒーティングオイルは6日続伸した。
 ニューヨーク金先物相場は6日続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である6月物は前日比22.3ドル高の1トロイオンス1258.7ドルで終えた。トランプ米政権のロシア関与疑惑が深刻化するとの警戒感から米株式相場が急落した。投資家が運用リスク避けて、逃避資金の受け皿となりやすい金を買う動きが広がった。
 外国為替市場でドルが対円やユーロなどで大きく下げたことも、ドルの代替投資先とされる金の買いを促した。
 銀は6日続伸し、プラチナは3日続伸した。


 17日の米国株式市場は米国の政治混乱を嫌い主要3市場は1.78%安~2.57%安の急落。
 NYダウは、前日比372ドル82セント安い20606ドル93セントで終了(1.78%安)。
 ナスダックは、前日比158.63ポイント安い6011.24ポイントで終了(2.57%安)。
 S&P500種は、前日比43.64ポイント安い2357.03ポイントで終了(1.82%安)しました。
 トランプ政権の政治混乱は今に始まったことではありませんが当事者達もこのままでは危ないと危惧を感じ始めたのか、ここにきての急落には吃驚させられましたねぇ。

 ダウ構成30銘柄では25銘柄で下落となり、ゴールドマンが5.27%安、JPモルガンが3.81%安、アップルが3.36%安、デュポンが3.21%安、マイクロソフトが2.78%安、シェブロンが2.38%安、アメックスとGEが2.25%安、インテルが2.18%安、ボーイングとキャタピラーが2.15%安など。
 アドバンスト・マイクロ・デバイスも約12%下落したようですね。

 NY原油は、前日比0.41ドル高い1バレル49.07ドルで終了。
 NY金は、前日比22.3ドル高い1トロイオンス1258.7ドルで終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 17日の日経平... 18日の日経平... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。