カナダ中銀、7年ぶり利上げ 住宅価格高騰で

カナダ中銀、7年ぶり利上げ 住宅価格高騰で 2017年7月13日 日経
 カナダ銀行(中央銀行)は12日の金融政策決定会合で、約7年ぶりの利上げを決めた。政策金利である翌日物金利の誘導目標を0.25%引き上げ、年0.75%とした。バンクーバーなどの都市部で住宅価格が高騰しており、金融引き締めの必要性が高まっていた。米連邦準備理事会(FRB)に続き、金融危機後の超低金利政策からの脱却を目指す。
 カナダ銀の利上げは2010年9月以来、6年10カ月ぶり。15年12月に利上げに転じた米国以外にも、欧州中央銀行(ECB)や英イングランド銀行(中銀)が利上げを模索しており、景気回復で金融政策の正常化が進もうとしている。
 12日の声明でカナダ銀は「最近の経済指標で、潜在成長力を上回る成長が続くとの自信が強まった」と説明した。「原油安への適応がほぼ完了し、製造業、サービス産業ともに拡大している。雇用と賃金の増加に支えられ、家計の消費は今後数カ月堅調だろう」と先行きにも自信を示した。
 カナダでは14年後半からの原油価格の下落で主力のエネルギー産業が大打撃を受け、景気が悪化した。カナダ銀は15年に2回利下げに踏み切り、景気浮揚を狙った。以降、政策金利は0.50%に据え置かれてきた。
 原油安が和らいだことやトルドー首相の経済政策の効果などで、17年1~3月期にカナダの成長率は年率換算で3.7%に達し、4~6月期も3%成長が見込まれる。加えて、移民の増加や中国からの投資マネーの流入で都市部の地価が高騰しているため、中銀幹部は6月に入って早期の利上げを示唆していた。
 利上げ発表を受け、12日午前のニューヨーク外国為替市場でカナダドルが上昇した。1米ドル=1.29カナダドル台前半だった前日夕から1.2815カナダドル前後まで上昇し、約10カ月ぶりのカナダドル高・米ドル安水準となった。


 利上げへの警戒というと米国やEU、英国ばかりに関心が向きがちですが、カナダ中銀が7年ぶりの利上げを行ったようですね。
 日本は景気対策と称して未だに金融緩和を続けていますが、不動産価格の高騰やバブル封じ以外にも、景気が悪化するときに備えて利下げできるのり代を作っておく意味でも適正な金融調節機能は意識しておきたい所なのですが、今の日銀総裁はそういった観点からの意見具申はガン無視。
 子供の金銭教育的にも、あまりゼロ金利が長期間続くことは好ましくないと思うのですが、気が付いたら世界中が適正金利になっていて、日本だけがゼロ金利のまま取り残されてしまい、実質的な貨幣価値が目減りしていたということにならないことだけをただただ願いたいものだと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 12日のNYダウ... 13日の日経平... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。