25日の日経平均は269円51銭高い19057円50銭で終了

東証大引け、3日ぶり反発 1万9000円台を回復、景況改善で 2017年1月25日 日経夕刊
 25日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発した。終値は前日比269円51銭(1.43%)高の1万9057円50銭で、3営業日ぶりに1万9000円台を回復した。世界的な景況感の改善で投資家心理が上向いた。日経平均の上げ幅は300円を超える場面があった。
 24日発表の1月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が上昇し、世界的な景気改善への期待が高まった。24日の米株式相場が上昇し、日本株に対しても投資家が運用リスクを積極的に取る姿勢が強まった。
 午後の日経平均は上値が重かった。目先の利益を確定する売りが出た。「主力企業の2016年4~12月期決算を見極めたいという投資家が多い」(コモンズ投信の糸島孝俊運用部長)との指摘があった。
 JPX日経インデックス400は3営業日ぶりに反発し、140.00ポイント(1.04%)高の1万3635.86だった。東証株価指数(TOPIX)も3営業日ぶりに反発し、終値は15.25ポイント(1.01%)高の1521.58だった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆2344億円、売買高は19億3434万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1529、値下がりは385、変わらずは88だった。
 米国のインフラ投資拡大への期待で新日鉄住金やトクヤマが高い。TDKやアルプス、日東電など電子部品株の上昇も目立った。半面、24日に17年3月期の業績見通しを上方修正した日電産は売りに押された。24日に格付け会社のS&Pグローバルが長期会社格付けを引き下げた東芝も安い。
 東証2部株価指数は反発した。フュトレック、シャープ、フライトHDが上昇し、ASTIや安川情報が下げた。

新興株25日、ジャスダックが連日の昨年来高値 マザーズは続伸  2017年1月25日 日経夕刊
 25日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は6日続伸した。終値は前日比29円47銭(1.05%)高い2845円93銭で、連日で昨年来高値を更新した。2015年7月以来、約1年半ぶりの高値となる。決算発表シーズンを迎え、業績上振れ期待の強い中小型株に買いが集まった。日経平均株価が大幅に反発し、個人心理の改善を映した買いが新興市場銘柄に波及した面もあり、取引終了にかけて一段高となった。
 ジャスダック市場の売買代金は概算で548億円、売買高は1億4112万株だった。日本ライトンや平田機工、テリロジーが上昇した。半面、フォーサイドやイマジニア、SJIは下落した。
 東証マザーズ指数は4日続伸した。終値は前日比13.98ポイント(1.43%)高い993.03だった。Gunosyが売買を伴って上場来高値を更新。マイネットやグレイスが上昇した。リミックスやサイステップ、リファインVが下落した。


東芝病院、売却を検討 債務超過回避狙い 2017年1月25日 朝日夕刊
http://www.asahi.com/articles/ASK1T42KLK1TULFA00C.html?iref=comtop_8_04
 米国の原発事業で巨額損失を計上する見通しとなった東芝が、保有する東芝病院(東京都品川区)を売却する方針を固めた。巨額損失による債務超過を回避するために事業や資産の売却を急いでおり、病院の売却もその一環。
 東芝病院は1945年に開院した企業立の総合病院で、現在は一般の人も利用する。病院のホームページによると、内科、外科など約20の診療科があり、病床数は約300。CT(コンピューター断層撮影装置)や、MRI(磁気共鳴画像装置)など、キヤノンに売却した医療機器子会社の製品を多く備えている。
 損失は7千億円規模にのぼる可能性があり、東芝は3月末までの資金捻出を急いでいる。中核の半導体事業を分社化して株式の一部売却をするほか、上場するグループ会社の株式の一部売却なども検討している。

(参考)日立工機が大幅続落、HKホールディングが実質1株1450円でTOBを発表 2017年01月16日
日立工機が大幅続落している、米投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)傘下のHKホールディングスが13日、同社の完全子会社化を目指してTOBを実施すると発表したが、TOB価格が実質1450円(TOB価格870円に、TOBが成立すれば応募した株主に1株580円の特別配当金を支払うため)と前週末株価1508円を下回ることなどが売り材料視されている。
 買付予定数は1億142万9921株(下限6763万2900株、上限設定なし)で、買付期間は1月30日から3月22日まで。なお、親会社である日立製作は、保有する日立工機全株式5188万5353株(間接保有分を含む)を応募するとしており、TOB成立後、日立工機は日立グループから外れることになる。また、日立工機は上場廃止となる見通しで、これを受けて東京証券取引所は13日付で、日立工機株を監理銘柄(確認中)に指定している。


 25日の日経平均ですが、24日の米国株式市場は反発(ダウ0.57%高、ナスダック0.86%高、S&P500種0.66%高)して終了する中、前日終値(18787円99銭)よりも303円24銭高い19091円23銭でスタート&直後に19133円18銭をつけてからはなだらかな調整傾向で推移して午前は前日比206円34銭高い18994円33銭で終了。
 午後は今度はじり高傾向で推移して終値ベースでは前日比269円51銭高い19057円50銭で終了しました。

 23日に247円弱+24日に103円と2日間で350円近く調整していただけに、その分も買い戻しが入った形でしょうか。
 ブレインパッド(18.66%高)、タカタ(80円高の519円=18.22%高)、安永(275円高の1801円=18.02%高)の3銘柄が急騰したほか、アルプス電気が6.49%高、安川電機が5.22%高、ジャパンディスプレイが5.19%高となるなど5%以上の上昇が34銘柄。
 タカタは『法的整理を前提に進められるような誤解を招きかねない報道で混乱をきたしたことは「誠に遺憾」とし、「かかる法的手段による再建を選択することは当社として想定していない」』という、要は法的整理を匂わせる報道に不快感を示すニュースリリースを24日にHPに発表したことが材料視されたようですが、値動きは投機銘柄化していて新規物色は正直かなりの賭けになるかと…。
 東芝は5.4円安の254.4円で2.08%安でしたが、東芝が筆頭株主になっている子会社3社は東芝機械が6.13%高、芝浦メカトロニクスが5.71%高、東芝テックが1.74%高。

 一方の下落組は日立工機が実に534円も安い868円で38.09%安。こちらは一瞬何が起こったのかわかりませんでしたが、投資ファンドのKKRに全株売却と13日の通常取引終了後に発表し、TOBが成立すれば応募した株主に1株580円の特別配当金を支払うという実にややこしい仕組みをとったことから発生した模様
 特殊要因のあった日立工機の下落率が目に付き感覚がマヒしそうになりますが、オルトプラスも8.73%安と何気に下落がきつくなっています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 中国式「グロ... 「いいタイミ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。