19日の日経平均は13円61銭高の18432円20銭で終了

東証大引け 3日続伸、国内機関投資家が押し目買い 2017年4月19日 日経夕刊
 19日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。終値は前日比13円61銭(0.07%)高の1万8432円20銭だった。指標面で割安感が強まっていたことで、直近で下げが続いていた銘柄を中心に国内機関投資家の買いが入り、指数を下支えした。
 JPX日経インデックス400は反落し、前日比13.17ポイント(0.10%)安の1万3174.08だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、0.11ポイント(0.01%)安の1471.42だった。
 18日から開催されている麻生太郎副総理・財務相とペンス米副大統領による経済対話では、貿易・投資ルールなど3分野で具体的な成果を目指す方針で合意した。市場が事前に懸念していた米国側の強硬な主張は目立たなかったものの、先行きの政策の懸念が残る。自動車といった通商政策の影響が大きい主力銘柄への買いは手控えられる一方、外部環境の変化や為替の動向にに左右されにくい銘柄への買いは優勢だった。
 英国のメイ首相が18日、下院を解散して6月に総選挙を実施することを明らかにした。フランスの大統領選も控える。欧州の政治リスクが改めて意識され、運用リスクを取る動きがやや後退した。外国為替市場で円がやや強含んだことも重なり、朝方は輸出関連銘柄を中心に売りが先行した。日経平均の下げ幅は一時90円程度まで広がった。
 東証1部の売買代金は概算で2兆3172億円と3営業日ぶりに活況の目安の2兆円を超えた。売買高は19億5291万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1043と全体の52%を占めた。値下がりは820、変わらずは152銘柄だった。
 中国で機械需要が伸びるとの期待が強まったファナックや三菱電が買われた。東エレクや信越化など半導体関連銘柄の一角は上昇。1000人規模の人員削減の検討が伝わった東芝も高い。英ポンド上昇で輸出採算の改善期待が強まった富士通も買われた。リクルートHDも堅調だった。
 一方、前期利益見通しを下方修正したヤマトHDが下落した。ホンダやトヨタなど自動車株の一角も軟調だった。米長期金利の低下で、MS&ADなど保険株も売られた。非鉄金属価格の上昇一服で、住友鉱や三菱商など資源関連銘柄も下げた。
 東証2部株価指数は3日続伸した。シャープや朝日インテクが上げた。一方、ADプラズマやJトラストが下げた

新興株19日 ジャスダックとマザーズが続伸 旅工房が初値  2017年4月19日 日経夕刊
 19日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前日比13円89銭(0.48%)高い2909円43銭だった。前週末にかけて大きく下落した反動で、半導体関連のフェローテクやトリケミカルなど好業績銘柄を中心に買いが優勢だった。
 ジャスダック市場の売買代金は概算で358億円、売買高は6788万株だった。アエリアやセリアが上昇した。半面、ブロッコリーやFVC、平田機工は下落した。
 東証マザーズ指数は続伸した。終値は前日比6.58ポイント(0.66%)高い1009.54だった。ソレイジアやアカツキ、ファイズが上昇した。ジーエヌアイやサイステップ、アライドアキが下落した。
 18日にマザーズ市場に新規上場した旅工房(6548)は、上場2日目のきょう初めて取引が成立した。午前に公募・売り出し価格(公開価格、1370円)の2.7倍となる3750円で初値を付けた。終値は4140円と初値を390円(10.4%)上回った。


東芝、主要事業分社へ インフラやエネルギー 受注制限回避  2017年4月19日 産経
http://www.sankei.com/economy/news/170418/ecn1704180033-n1.html
 経営再建中の東芝が社会インフラやエネルギーなどの主要事業を分社化する方向で最終調整に入ったことが18日、分かった。米原子力事業の損失に伴う財務の悪化で、発電やビル設備など大規模工事に必要な「特定建設業」の許可を更新する見通しが立たないため、事業主体を替えて受注制限を回避する。東芝本体には管理部門や研究所などを残し、大半の社員を新会社に転籍させる方針。
 近く開催する取締役会で分社の方針を決める。対象は、社会インフラ▽エネルギー▽半導体メモリーを除く電子デバイス▽情報システム-の主要4部門。東芝本体は持ち株会社制への移行も検討する。
 建設業法では、4千万円以上の下請け契約を必要とする大規模工事を手がけるには、特定建設業の許可が必要と定められ、自己資本額が4千万円以上といった財務的な条件が課される。東芝の財務は債務超過状態にあり、条件を満たしていない。
 許可が出ずに受注制限を受けた場合、東芝は1兆円規模の売り上げを失う恐れがあるほか、東京電力福島第1原子力発電所で手がける廃炉事業への影響も懸念される。
 東芝の従業員は半導体メモリー事業の分社化で2万人強に減っているもようだ。同事業の売却で債務超過を解消する計画だが、特定建設業の許可更新期の12月には間に合わない見通し。このため、受注制限を受けそうな事業分野から優先的に分社化する。

日証協会長、東芝に「市場の信頼取り戻してほしい」  2017年4月19日 日経夕刊
 日本証券業協会の稲野和利会長は19日の定例記者会見で、東芝(6502)が監査法人の意見不表明のまま2016年4~12月期決算を発表したことについて「一定の情報開示があったことは否定的に評価すべきでない」とした上で「監査法人の意見が表明されないことは極めて異例だ。投資家にとって投資対象としての評価が難しい局面になっている」と述べた。東芝に対しては「正確な本決算を発表した上で一刻も早くガバナンスを回復させ市場の信頼を取り戻してほしい」と求めた。

東芝、原子力事業の監視組織を廃止 WHの破産法申請で 2017年4月19日 日経夕刊
 東芝(6502)は19日、2月に設置した原子力事業監視強化委員会を廃止すると発表した。同委員会は米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)の事業管理を目的としていたが、WHが米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したため役割を終えた。

シャープが東芝半導体に出資検討、鴻海陣営に参加 2017年4月19日 産経
 シャープ首脳は19日、東芝が分社化した半導体新会社「東芝メモリ」(東京)への出資を検討していると明らかにした。シャープ親会社で、新会社の買収を目指している台湾の鴻海精密工業の陣営へ参加する方向。政府は競争力のある半導体技術の海外流出を警戒しているため、鴻海とシャープが組むことで容認を引き出す狙いとみられる。
 鴻海は米アップルのiPhone(アイフォーン)製造を請け負っており、アイフォーンにはシャープの液晶パネルも使われている。東芝メモリはスマートフォンの記憶媒体に使われる「フラッシュメモリー」を手掛けるため、買収すれば部品の調達がしやすくなる効果が期待できる。
 シャープ首脳は記者団に東芝メモリについて「波があるが、これからIoT(モノのインターネット)時代になるから大切。やっぱり良い投資だ。資金を銀行に置いていても利益にはならない」と述べた。
 鴻海は東芝が3月に実施した入札に参加し、3兆円近い金額を提示したとされる。鴻海は5月の2次入札に向けソフトバンクグループにも協力を要請したことが判明しており、米アップルにも協力を呼び掛けている。
 ただ、政府内では中国や台湾勢が東芝メモリを買収した場合、外為法に基づく中止勧告も検討している。鴻海傘下のシャープが参画しても認められるかは見通せない。

イソライト工業、年間6円に増配 17年3月期 2017年4月19日 日経
 耐火性断熱材大手のイソライト工業は18日、2017年3月期の年間配当を6円と前の期から1円増やすと発表した。従来予想は5円だった。鉄鋼メーカー向けなどの耐火性断熱材で高機能製品の販売が伸び、利益が従来予想を上回ったため、配当を積み増す。
 同日、17年3月期の連結純利益が前の期比46%増の13億8000万円になったと発表した。従来予想は13億円。売上高は3%増の148億円で従来予想を6億2000万円上回る。作業員の安全に配慮した環境規制に対応したセラミック製品などが好調だった。


 19日の日経平均ですが、18日の米国株は下落(ナスダック0.12%安、S&P500種0.29%安も、ダウはゴールドマンサックスとジョンソン&ジョンソンの大幅下落が下押し材料となり0.55%安)する中、前日終値(18418円59銭)よりも91円26銭安い18327円33銭でスタート(午前安値)も9時40分頃に18451円54銭(午前高値)まで買い戻されてからは10時50分頃に18380円を割り込む場面も見られるもその後戻して前場は前日比1円05銭安い18417円54銭で終了。
 午後は開始程なく18400円を割り込む場面も見られたものの、じり高傾向で推移して14時20分頃に18467円73銭まで上昇。終値ベースでは前日比13円61銭高い18432円20銭で終了しました。
 東証1部の上昇組では、イソライト工業(12.08%高)とスミダ(10.14%高)の2銘柄で10%以上の上昇となった他サッポロHDが6.28%高など。

 東芝は前日終値(199.1円)よりも3.9円高い203円スタート&直後に203.1円をつけるも9時06分に200.4円まで上げ幅を縮小した後は201-202円70銭弱のレンジを模索して、前場は3.1円高の202.2円で終了しましたが、午後に入ると14時頃までは204円近辺で推移もその後上昇に転じて14時53分に210円ちょうどまで上昇して終値ベースでは前日比9.7円高い208.8円で終了(4.87%高)して上昇率ランキング22位。

 一方の下落組では、ローツェが5.66%安となった他、ヤマトHDが3.49%安、日本郵船が3.11%安、JR西日本が3.07%安などとなっています。

 東証2部ではシャープが7.44%高。東芝の半導体事業出資に関して鴻海陣営に参加 報道が素直に評価されたようですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 18日のNYダウ... 19日のNYダウ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。