14日の日経平均 19円05銭高い20118円86銭で終了

東証大引け 小幅続伸、米株高と円安を好感 売買代金2兆円割れ 2017年7月14日 日経夕刊
 14日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら続伸し、前日比19円05銭(0.09%)高の2万0118円86銭で終えた。13日の米ダウ工業株30種平均が連日で過去最高値を更新し、時価総額の大きい自動車や電気機器株に好感した買いが入った。ただ連休前で積極的な売買は少なく、日経平均の高値と安値の差である日中値幅は62円にとどまった。
 外国為替市場で円相場が下落したことも追い風となった。東京時間に入り、1ドル=113円台半ばまで円安・ドル高に振れ、鉄鋼や機械などには輸出採算の改善を期待した買いが入った。ただ6月の米消費者物価指数や米小売売上高などの主要経済指標の発表を現地時間14日に控え、投資家の様子見姿勢は強く、株式相場の上昇に勢いはなかった。
 2016年9月~17年5月期決算を発表したファストリの大幅安も重荷となった。採用銘柄の中でも寄与度の高いファストリの下落により、日経平均を60円ほど押し下げる影響が出た。寄り付きで算出された株価指数オプション7月物の特別清算指数(SQ)の値はQUICK試算で2万0151円83銭だった。SQ値としては2015年8月以来1年11カ月ぶりに2万円を上回った。
 JPX日経インデックス400は3日ぶり反発した。終値は前日比54.58ポイント(0.38%)高の1万4472.36だった。東証株価指数(TOPIX)も3日ぶりに反発し、6.37ポイント(0.39%)高の1625.48で終えた。
 東証1部の売買代金は概算で1兆9863億円と、3日連続で活況の目安となる2兆円を下回った。3営業日連続の2兆円割れは3月15日以来4カ月ぶり。売買高は20億4329万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1241と、全体の6割を超えた。値下がりは635、変わらずは147銘柄だった。
 円安基調が追い風となり、ホンダやデンソー、ブリヂストンなどの自動車関連株が上昇した。ファナックやコマツ、三菱重が上げた。旭化成や日立は年初来高値を更新した。一方、東芝は大幅に続落した。武田やアステラス、花王なども軟調だった。
 東証2部株価指数は小幅に続落した。シャープとアジア航が下げ、SFPとノダは上げた。

新興株14日 ジャスダック小反落、マザーズは3日続落  2017年7月14日 日経夕刊 
 14日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は8営業日ぶりに小幅に反落した。終値は前日比1円43銭(0.04%)安の3295円49銭だった。利益確定の売りが出た。
 ジャスダック市場の売買代金は概算で738億円、売買高は1億5447万株だった。ガーラや岡本硝子が下げた。時価総額の大きいマクドナルドは上昇し15年11カ月ぶりの高値を付けた。ラクオリアやハーモニックなども高い。
 東証マザーズ指数は3日続落した。終値は4.78ポイント(0.41%)安い1172.84だった。アンジェスやインフォテリが下げた。12日上場のソウルドには買いが集中した。

ファストリ純利益69%増 9~5月、中国など夏物伸びる 2017年7月14日 日経
 ファーストリテイリングが13日に発表した2016年9月~17年5月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比69%増の1201億円だった。中国や東南アジアで夏物衣料品が伸び、国内は値引き販売を抑えた効果が出た。17年6~8月期に減損損失の計上などを見込んでおり、8月期通期の業績予想(純利益は前期比2倍の1000億円)を変えなかった。
 16年9月~17年5月期の売上収益(売上高に相当)は前年同期比3%増の1兆4779億円だった。海外店舗がもっとも多い中国でTシャツなど夏物商品が伸び、既存店売上高が増えた。北米は前期に不採算店を閉鎖した影響でコストが減り、赤字が縮小した。
 国内ユニクロ事業の既存店売上高は3~5月期に2.7%増えた。軽くて伸縮性のある「感動パンツ」、ワイヤを使わずに胸の形をきれいに保つ「ワイヤレスブラ」などのテレビCMを積極的に流して需要を喚起し、客数の増加につなげた。
 9カ月累計の純利益は通期予想を上回った。通期の売上高は4%増の1兆8500億円の見通し。


 14日の日経平均ですが、13日の米国主要3株式市場は0.1~0.21%の小幅続伸で終了する中、前日終値(20099円81銭で終了)よりも58円11銭高い20157円92銭でスタート。
 午前は20101円71銭~20163円67銭までの62円弱の小幅なプラス圏のレンジで推移して、前場は前日比45円01銭高い20144円82銭で終了。
 午後は20130円~20150円程のより狭いレンジで様子見となり、寄り付きにかけて調整したことから、終値ベースでは前日比19円05銭高い20118円86銭で終了しました。
 3連休を前に大きくは動きにくかったのでしょうね。

 エー・ディー・ワークス(19.05%高)と安永(13.01%高)の2銘柄で10%以上の上昇。DMG森精機の3.79%高も目に付いたでしょうか。
 一方の下落組は、エスサイエンス(15.08%安)とエンシュウ(11.76%安)の2銘柄で10%以上の下落となった他、ファストリテイリングが4.56%の大幅安。

 監理銘柄の東芝は前日終値(242.4円)よりも2.4円安い240円スタート&直後に241.6円も10時30分に232.7円まで下落した後は235円近辺まで戻して前場は6.1円安の236.3円も、午後も14時47分に230.6円まで売り込まれ終値ベースでは10.8円安の231.6円で終了(4.46%安)。
 整理銘柄のタカタは9時32分に153円も10時41分に76円まで急調整。23円安の82円で21.9%安で終了しています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 13日の米国主... 14日の米国株... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。